エリアで探す 木津川エリア

エリアで探す(木津川エリア)

概要

京都府最南端に位置し南は奈良県奈良市に接する、人口は約7万人。

奈良時代に恭仁京も置かれた歴史を持ち、古くより木材を中心とした木津川の水運と京都~奈良間の陸路が交わる交通の要地として栄えた地域。

現在は関西文化学術研究都市の一部となっており、ニュータウン開発などにより全国でも有数の人口増加率を誇る。

市名の由来は市の中央を東西に流れる木津川から。
西側(木津町・山城町西部)は木津川に沿って形成された平野部とその縁をなだらかな丘陵が囲む
北側(山城町東部)・南東側(加茂町)は山地

中心はJR木津駅付近で、JR奈良線、学研都市線、関西本線が同駅で合流し西部には近鉄京都線も通過
市を縦断する形で国道24号、横断する形で国道163号が通り木津駅の北あたりで交差合流する
加えて京都市および大阪市から30~40km、奈良市から約8kmに位置するため、各都市のベッドタウンに

山城町(北西部、JR棚倉駅)
田園地帯で筍やお茶が特産
町の西側は木津川沿いの平地で東側は山岳地帯
蟹満寺

加茂町(東部、JR加茂駅)
奈良時代の一時期、恭仁京が置かれていた歴史を持つ
寺社仏閣も多く多数の史跡・文化財がある
山城国分寺跡(恭仁京跡)、海山住寺、浄瑠璃寺、岩船寺、当尾の石仏(当尾磨崖仏文化財環境保全地区)

木津町(南西部、JR木津駅)
名前はかつて木津川の木材陸揚げ港として栄えていたことに由来
古くより木津川の水運と京都~奈良間の陸路が交わる交通の要地として栄える
奈良時代は平城京の外港として木津へと外国の文物も運ばれた
現在でもJR関西本線・奈良線・片町線と近鉄京都線、国道24号・163号などが通り交通の要衝

主なスポット

■主なスポット
【寺社】 
【その他】 
【ショッピング】 

アクセス

  •  

観光スポット

  • JR木津駅
    JR木津駅

    鉄道・駅 JR奈良線・関西本線(大和路線) JR片町線(学研都市線)

    JR関西本線(大和路線)・奈良線・片町線(学研都市線)の駅で橋上駅舎を有する島式ホーム2面4線の地上駅。 木津川市の代表駅で大阪京橋・京都・奈良・亀山の4方面につながる交通の要衝。 2007年完成の新駅舎は木津川の流れをイメージした流線型で、随所に見られる木目調は木材の流通で栄えた町の歴史を表す

  • JR加茂駅
    JR加茂駅

    鉄道・駅 JR関西本線(大和路線)

    奈良経由で大阪と名古屋を結ぶJR関西本線(大和路線)の駅で橋上駅舎を有する島式ホーム2面3線の地上駅。 山城町、木津町とともに木津川市を構成する加茂町の代表駅。 当尾地区にある岩船寺、浄瑠璃寺などの古刹や当尾の石仏めぐり、五重塔で有名な海住山寺や恭仁宮跡などの観光名所へのアクセスにも便利

  • 岩船寺
    岩船寺

    寺社 紅葉 新緑 山茱萸 三椏 睡蓮 紫陽花 健康長寿 関西花の寺二十五 仏塔古寺十八 神仏霊場会 三重塔 除夜の鐘

    真言律宗寺院。奈良との県境木津川市加茂町当尾の里にひっそりと建つ古寺。 奈良時代聖武天皇の勅願で行基が開基、重文の本尊阿弥陀如来や三重塔、門前の石風呂など石造の文化財も多く残る。 あじさい寺と呼ばれる名所で桜、睡蓮、紅葉など四季折々の草花も豊か、関西花の寺二十五ヵ所霊場十五番札所

  • 浄瑠璃寺(九体寺)
    浄瑠璃寺(九体寺)

    寺社 国宝建築・彫刻 史跡 特別名勝 紅葉 南天 馬酔木 杜若 西国薬師四十九 関西花の寺二十五 仏塔古寺十八 神仏霊場会 三重塔 除夜の鐘

    1047年創建の当尾の真言律宗寺院。国宝の九体阿弥陀如来像を所蔵し九体寺の通称。 池を挟み日の沈む西に三重塔(阿弥陀如来の極楽浄土)、日が昇る東に本堂(薬師如来の浄瑠璃世界)の仏教世界観を表現した浄土式庭園は京都で唯一現存する貴重な遺構。 幸福の女神・吉祥天女立像や馬酔木など四季の草花も見所

  • 海住山寺
    海住山寺

    寺社 国宝建築 紅葉 名木 仏塔古寺十八 五重塔 除夜の鐘

    真言宗智山派。奈良の都を一望できる標高473mの三上山中腹に位置。 735年大仏造立を祈願し平城京の鬼門守護のため聖武天皇勅願で創建。 厄除けと国宝五重塔で知られ毎年10月内部の四天王像を公開。重文の文殊堂、本尊十一面観音菩薩など寺宝も多い。 やる気地蔵やなすのこしかけ、ヤマモモの巨木も見所

  • 安福寺
    安福寺

    寺社

    西山浄土宗寺院。父の命で南都東大寺・興福寺を焼き討ちにした咎で1185年木津川で斬首となった平清盛の五男・平重衡最期の地にある。 最後に拝んだ引導仏・阿弥陀如来坐像が本尊、本堂は哀堂(あわれんどう)、埋葬地に十三重石塔も建つほか不成の柿や首洗池なども残る。 春には山門前の桜のライトアップも

  • 蟹満寺
    蟹満寺

    寺社 国宝彫刻 足腰の病気 放生会

    真言宗智山派。680年前後の創建で1711年智積院の僧亮範が入寺し再興。 創建当時から不動と判明した高さ約2.4mの巨大な金剛仏は国宝。 今昔物語集の蟹の恩返しの伝承で知られ4/18の蟹供養放生会では全国のカニ料理店や旅館関係者が参列しサワガニを放流。 境内の至る所に蟹モチーフの紋様や蟹グッズも

  • 恭仁宮跡(山城国分寺跡)
    恭仁宮跡(山城国分寺跡)

    宮殿・離宮跡・寺院・神社跡 史跡 秋桜

    加茂町の木津川北岸、美しい田園風景が広がり秋にはコスモスが咲く瓶原に奈良の大仏を建立した聖武天皇の代、740~44年の3年余り置かれた恭仁京の跡地。 その後山城国分寺として再利用され大極殿は金堂に転用、現在は礎石と七重塔礎石が残るのみだが近くの山城郷土資料館で出土物や復元模型を観覧可能

  • 当尾の石仏巡り(当尾磨崖仏文化財環境保全地区)
    当尾の石仏巡り(当尾磨崖仏文化財環境保全地区)

    山里

    木津川市東南、当尾にある府指定文化財環境保全地区。 平安後期奈良仏教の世俗化を嫌った僧の隠棲地で、浄瑠璃寺と岩船寺を結ぶ1.5kmの山道にはわらい仏など鎌倉後期から室町期に造られた磨崖仏や芸術性の高い石仏が今も数多く残る。 道中には野菜や漬物を吊した露店もあり懐かしい山村風景に出会える

  • 山城町森林公園(レストヴィレッジ山城)
    山城町森林公園(レストヴィレッジ山城)

    公園 森林 アウトドア

    府南端、標高473mの三上山中腹にある公園。渓流沿いでの水遊びから森林内での昆虫採集、キャンプやバーベキューなど都会の子供たちも身近に自然体験ができる施設として人気。 バンガローや宿泊施設、売店や喫茶コーナーも完備。登山道も整備され山頂からは木津川や対岸のけいはんな学研都市も一望

  • けいはんな記念公園
    けいはんな記念公園

    公園 庭園 紅葉 蛍(ホタル)

    精華町西木津地区、1995年京都大阪奈良にまたがる関西文化学術研究都市のシンボルとして開園。 自然との調和の基本理念のもと芝生広場と谷あいの無料地区と日本庭園水景園と芽ぶきの森の有料地区の4ゾーンで構成。 月をイメージシンボルとし観月橋で観月の夕べ、ホタル鑑賞会や秋の風物詩せいか祭りも

体験施設

ショッピング

グルメ

ホテル・旅館

ホテル


TOPへ