日向大神宮 京都観光

日向大神宮

日向大神宮

 

 

日向大神宮とは?(基本データ)

名前
日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)
エリア
岡崎・吉田・鹿ケ谷
ジャンル

寺社 東山連峰 紅葉 射干 方除 初詣 節分祭 神楽・湯立神楽

建立・設立
伝・5世紀末(487年頃)、第23代・顕宗天皇の治世の時に筑紫・日向の高千穂の峰の神蹟を移したのがはじまり
祭神
[内宮(ないく)] 天照大御神(あまてらすおおみかみ)・多紀理毘賣命・市寸島比賣命・多岐都比賣命
[外宮(げく)] 天津彦火瓊々杵尊(あまつひこほににぎのみこと)・天之御中主神
[天の岩戸] 手力男命(たじからおのみこと)
[福土神社] 大国主命(おおくにぬしのみこと)
[恵美須神社] 事代主神(ことしろぬしのかみ)
ご利益
開運、厄除、縁結び
交通安全祈願
例祭
10/16(外宮大祭)・10/17(内宮大祭)
他に若水祭(1/1)などが知られる
神紋・社紋
 
アクセス
  • 京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅下車 1番出口を東へ、一の鳥居から徒歩約15分
  • 京阪バス「蹴上」(17・19系統)下車 徒歩約20分
  • 名神高速道路「京都東IC」より約10分(6km)
駐車場
5台(無料)
拝観料
境内拝観自由・無料
※ご祈祷は要事前問合せ
お休み
無休
拝観時間
9:00~17:00
住所
〒607-8491
京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町29
電話
075-761-6639
FAX
075-762-5283
公式サイト
日向大神宮

日向大神宮の地図

日向大神宮のみどころ (Point in Check)

京都市山科区、地下鉄東西線蹴上駅にほど近い三条通沿いの東山ドライブウェイ入口すぐを左へ入った神明山にある神社。
伊勢神宮と同じく「天照大御神」が祀られており、古くから「京都のお伊勢さん」と呼ばれて親しまれています。

中世の兵火によって古記録は社殿ともども焼失してしまったといい、創建の詳細は不明も、社伝によれば古墳時代の5世紀末、第23代・顕宗天皇(けんぞうてんのう)の勅願により筑紫日向の高千穂の峰の神蹟より天照大神の神霊を移して創建と伝わっています。
そして飛鳥時代に第38代・天智天皇が神田を寄進するとともに神域の山を日ノ御山(ひのみやま)と名付けたともいわれています。

更に平安前期、第56代・清和天皇(在位858-76)の貞観年間(859-877)に勅願によって「日向宮」の勅額を賜り、天照大神を粟田山に勧請したことにはじまるとも、また勅により菅原船津によって社殿の改築が行われたとも、また同じ清和天皇の代に都で疫病が流行した際、「この宮地に湧きいづる清水の水をくんで万民に与えよ」との神告に基づき清和天皇の勅願により菅原船津が水を振る舞うと疫病が治まったといい、これ以後この泉は「朝日泉」と名付けられ、京名泉の一つに数えられたとも伝わっています。

第60代・醍醐天皇(在位897-930)の延喜式の制度下では官幣社に列し、南北朝時代の建武の戦乱中には、新田義貞が戦勝を祈願して太刀一身を奉納しています。

その後「応仁の乱(1467-77)」の兵火で社殿ならびに古記録を焼失し、わずかに古井が残り旧社地の跡を伝えるのみでしたが、江戸初期の1614年(慶長19年)に松坂村の農・松井藤左衛門の篤志によって旧社地に仮宮が造営され再建。
更に徳川家康の崇敬も厚く失った社領も戻され、社殿の改造も行われたほか、同じ頃に後陽成天皇(在位1586-1611)より、内宮および外宮の御宸筆の額を賜っています。

江戸時代には「京のお伊勢さん」と呼ばれるように伊勢神宮への代参、また神社の一の鳥居が京の七口の一つ「粟田口」に面していることから東海道を往来する旅人たちの道中の安全祈願の参拝で賑わうようになり、現在も方除け、開運、縁結びの神として知られています。

社殿は伊勢神宮を模した神社建築の初期の様式である「神明造(しんめいづくり)」で建造されており、鳥居を潜って手前に外宮(下ノ本宮)、階段を登った奥、一段高い所に内宮(上ノ本宮)の2つの本殿があります。

そして内宮には天照大神・多紀理毘賣命・市寸島比賣命・多岐都比賣命、外宮には天津彦火瓊々杵尊・天之御中主神が祀られています。

その他にも境内にはたくさんの社があるほか、内宮の更に奥にある「天の岩戸」は「胎内くぐり」と呼ばれるくぐり抜けのできる洞窟のような穴が開いており、内部には開運厄除の戸隠神社が祀られていて、隠れたパワースポットとして近年人気を集めています。

行事としてはまず1月1日の深夜に朝日泉の若水を汲んで神饌を献供し、正月三が日の間参詣者に若水を授与する「若水祭」のほか、1年の厄払いのために、天の岩戸をくぐる「ぬけ参り」が知られている2月3日の「節分祭」、更には御神楽、人長の舞などが奉納される10月16・17日の「例大祭(外宮例祭・内宮例祭・神嘗祭)」などが知られています。

また神域には桧、杉の老樹が繁茂し、桜、つつじなどの四季の草花が楽しめますが、とりわけ秋の紅葉は隠れた名所として人気を集めています。

日向大神宮の施設案内

境内

  • NO IMAGE
    一の鳥居

     

  • NO IMAGE
    参道

     

  • NO IMAGE
    参拝者駐車場

     

  • NO IMAGE
    神田稲荷神社

    倉稲魂神(ウガノミタマノカミ)・保食神(ウケモチノカミ)

  • NO IMAGE
    手水舎

     

  • NO IMAGE
    石段

     

  • NO IMAGE
    二の鳥居

     

  • NO IMAGE
    参道

     

  • NO IMAGE
    社務所

     

  • NO IMAGE
    神饌所

     

  • NO IMAGE
    拝殿

     

  • NO IMAGE
    猿田彦神社

    猿田彦命(サルタヒコノミコト)

  • NO IMAGE
    花祭神社(カサイ)

    木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)

  • NO IMAGE
    外宮(げく)(下ノ本宮)

    天津彦火瓊々杵尊(アマツヒコホニニギノミコト)
    天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)

  • NO IMAGE
    勾玉池

     

  • NO IMAGE

     

  • NO IMAGE
    石段

     

  • NO IMAGE
    天鈿女神社(アメノウズメ)

    天鈿女命(アメノウズメノミコト)
    大山祇神(オオヤマツミノカミ)

  • NO IMAGE
    恵比須神社

    事代主神(コトシロヌシノカミ)

  • NO IMAGE
    朝日泉

     

  • NO IMAGE
    御井神社(ミイ)

    水波能売神(ミズハノメノカミ)

  • NO IMAGE
    三の鳥居

     

  • NO IMAGE
    内宮(ないく)(上ノ本宮)

    天照大御神(日向皇大神)
    多紀理毘売命(タギリヒメノミコト)
    市寸島比売命(イチキシマヒメノミコト)
    多岐都比売命(タギツヒメノミコト)

  • NO IMAGE
    荒祭宮(アラマツリグウ)

     

  • NO IMAGE
    影向石

     

  • NO IMAGE
    参道

     

  • NO IMAGE
    天岩戸

     

  • NO IMAGE
    戸隠神社(トガクシ)

    天手力男命(アメノタヂカラオノミコト)

  • NO IMAGE
    南禅寺・大文字への参道

     

  • NO IMAGE
    神馬

     

  • NO IMAGE
    多賀神社

     

  • NO IMAGE
    春日神社

     

  • NO IMAGE
    菅公胞衣所

     

  • NO IMAGE
    天龍・地龍

     

  • NO IMAGE
    福土神社

     

  • NO IMAGE
    朝日天満宮

    菅原道真公 少彦名命(スクナヒコナノミコト)

  • NO IMAGE
    厳嶋神社

    弁財天

  • NO IMAGE
    伊勢大神宮遥拝所

     

周辺

日向大神宮の主な年間行事・カレンダー

年中行事

1/1
若水祭

朝日泉の若水を汲み、神饌を献供
若水は正月3が日の間参詣者に授与される

1月
初詣

 

2/3
節分祭(節分厄除大祭)

9:00~17:00 境内にある「天の岩戸」をくぐり抜けることで1年間の開運厄除になるとされる珍しいお参りの仕方があり、「ぬけ参り」の名でも親しまれている
16:00 諸祈願成就祈祷の献火神事のほか、護摩木や古札の焼納も

10/16・10/17
例大祭(外宮例祭・内宮例祭・神嘗祭)

御神楽、人長の舞奉納

花ごよみ

 
桜(サクラ)

 

 
射干(シャガ)

参道脇を中心に境内のいたる所で見られる

 
躑躅(ツツジ)

 

 
紅葉(こうよう)

 

日向大神宮のギャラリー

日向大神宮の口コミ


TOPへ

access-rank