法然院 京都観光

法然院

詳細地図

閉じる

法然院

法然上人ゆかりの鄙びた趣を持つ紅葉の隠れた名所

浄土宗の単立寺院。鎌倉期に宗祖法然が弟子たちと六時礼賛に勤めた草庵に由来し、江戸期に念仏道場として再興。 鄙びた趣を持つ茅葺の山門が周囲の楓と相まって見事な景観を醸し出す、紅葉・新緑の知る人ぞ知るスポット。 文学者谷崎潤一郎など著名人の墓も

法然院とは?(基本データ)

名前
法然院(ほうねんいん)
エリア
岡崎・吉田・鹿ケ谷
ジャンル

寺社 東山連峰 紅葉 新緑 椿 千両 名水 除夜の鐘

正式名
善気山法然院萬無教寺
建立・設立
鎌倉時代初期
1680年(延宝8年)中興
創始者
[開基] 法然
[中興] 万無(知恩院第38代門主)、忍澂
宗派
浄土宗単立
山号
善気山
本尊
阿弥陀如来
寺紋
 
アクセス
  • 三条京阪駅から京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅下車 哲学の道経由で北へ徒歩約30分
  • 京都市営バス「浄土寺」(5・17・32・203・204号系統)下車 徒歩約10分
  • 京都市営バス「南田町」(32号系統)下車 徒歩約5分
駐車場
自家用車2台分(無料)
拝観料
境内自由
■方丈庭園や方丈の襖絵、中庭の三銘椿等の拝観
└春秋(4月1日~7日、11月1日~7日)に特別公開(有料)
お休み
無休
拝観時間
6:00~16:00
住所
〒606-8422
京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30
電話
075-771-2420
FAX
075-752-1083
公式サイト
法然院

法然院の地図

法然院のみどころ (Point in Check)

京都市左京区鹿ヶ谷(ししがたに)御所ノ段(ごしょのだん)町にある浄土宗系の寺院。
元々は捨世(しゃせ)派という浄土宗の独立した本山の一つでしたが、1953年(昭和28年)に浄土宗より独立し、宗派の組織に属さない単立の宗教法人となっています。
寺名からも分かるように法然上人ゆかりの寺院であり、「法然上人二十五霊場」の第19番札所にも選定されています。

山号は善気山で、正式名は「善気山 法然院 万無寺(萬無教寺)(ぜんきざんまんむきょうじ)」ですが、現在は「本山獅子谷(ししがたに)法然院」の通称から「法然院」の名で知られています。本尊は阿弥陀如来。

鎌倉初期に浄土宗の宗祖・法然が鹿ヶ谷の地に草庵を結び、弟子の住蓮(じゅうれん)・安楽(あんらく)とともに念仏三昧の別行「専修念仏(せんじゅねんぶつ)」の行を修し、六時礼讃(らいさん)を唱えたのがはじまり。

もっともこのことがきっかけとなり1206年(建永元年)12月、後鳥羽上皇の熊野臨幸中に、後鳥羽院の女房・松虫・鈴虫が安楽・住蓮を慕って出家するという事件が発生。
上皇の怒りを買い、法然が四国の讃岐国へと流罪となる一方、安楽・住蓮の弟子2人は死罪となり、以後草庵は荒廃の一途を辿ることとなりました。

その後江戸時代に入った1680年(延宝8年)に知恩院第38世・万無(心阿万無)が、第4代将軍・徳川家綱(いえつな)に法然ゆかりの地に念仏道場を建てることを願い出て、弟子の第2世・忍澂(にんちょう)とともに再興。
翌1681年5月に現在地に堂が建立され、現在の伽藍の基礎が築かれるとともに、以降は専修念仏の修行道場として浄土宗寺院の中でも特色ある寺院として知られています。

一番の見どころは数奇屋造で建てられた茅葺きの屋根が特徴的な山門で、鄙びた趣きを持つ門から垣間見える竹林などの景色は実に風情があり印象的です。

本堂内に恵心僧都作の本尊「阿弥陀如来坐像」のほか、観音・勢至両菩薩像、自作の法然上人立像などを安置。
また方丈は後西(ごさい)天皇の皇女・誠子内親王の御座所(姫御殿)の遺構で、桃山御陵の遺物であり、堂内にある狩野光信の筆による「桐に竹図」「若松図」などの襖絵(ふすまえ)は重要文化財に指定されています。

そして「方丈庭園」は彼岸・此岸をイメージして作られたという浄土庭園で、第2世・忍澂が錫状により探り当てたという名水「善気水」が絶えることなく湧き出ています。

この他にもその閑寂な雰囲気は多くの文人や学者にも愛され、境内の墓地には谷崎潤一郎、河上肇(はじめ)をはじめ内藤湖南、九鬼周造、福田平八郎、稲垣足穂などの著名な学者や文人の墓が数多く存在していることでも知られています。

拝観については伽藍内部は通常非公開ですが、年に2回、毎年春と秋に特別公開。
期間は4月1日~7日、11月1日~7日
春は午前9時半から4時までで拝観料は500円で、秋は午前9時から午後4時までで拝観料800円となっています。

銀閣寺と南禅寺を結ぶ有名な哲学の道の近くということもあり、春秋の観光シーズンには多くの参拝者が訪れますが、とりわけ紅葉シーズンは茅葺き屋根の山門をや参道沿いを中心に美しい紅葉が楽しめることでも有名です。

また山門をくぐった先の参道の両脇に盛られた「白砂壇(びゃくさだん)」の砂上には、紅葉の絵が描かれ、時期によっては見上げると紅葉、奥に進めば池に浮かぶ散り紅葉を楽しむこともできます。

他にも椿や山茶花が美しいことでも有名で、春の公開時は椿、冬には山門付近で山茶花の花を楽しむことができます。

法然院の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    石段

     

  • NO IMAGE
    圓光大師御旧跡碑

     

  • NO IMAGE
    総門

     

  • NO IMAGE
    参道

     

  • NO IMAGE
    薮椿

     

  • NO IMAGE
    不許葷辛酒肉入山門

     

  • NO IMAGE
    裏坂

     

  • NO IMAGE
    山門(茅門)

     

  • NO IMAGE
    白砂壇

     

  • NO IMAGE
    白砂壇

     

  • NO IMAGE
    鐘楼

     

  • NO IMAGE
    講堂

     

  • NO IMAGE
    放生池

     

  • NO IMAGE
    手水鉢

     

  • NO IMAGE
    経蔵

     

  • NO IMAGE
    金毛院

     

  • NO IMAGE
    多層石塔

     

  • NO IMAGE
    本堂

     

  • NO IMAGE
    梶田信順句碑

     

  • NO IMAGE
    表玄関

     

  • NO IMAGE
    庫裏(寺務所)

     

  • NO IMAGE
    WC

     

  • NO IMAGE
    十萬霊塔

     

  • NO IMAGE
    鈴鹿野風呂句碑

     

  • NO IMAGE
    地蔵堂

     

  • NO IMAGE
    仏足石

     

  • NO IMAGE
    椿の庭(三銘椿)

     

  • NO IMAGE
    中庭

     

  • NO IMAGE
    大書院

     

  • NO IMAGE
    茶室如意庵

     

  • NO IMAGE
    北書院

     

  • NO IMAGE
    手水鉢

     

  • NO IMAGE
    中庭

     

  • NO IMAGE
    方丈

     

  • NO IMAGE
    方丈庭園

     

  • NO IMAGE
    蹲踞

     

  • NO IMAGE
    善気水

     

  • NO IMAGE
    鎮守社

     

  • NO IMAGE
    小泉苳三歌碑

     

  • NO IMAGE
    阿育王塔

     

  • NO IMAGE
    墓所

     

  • NO IMAGE
    内藤湖南・河上肇・谷崎潤一郎・九鬼周造の墓

     

  • NO IMAGE
    法然塔

     

周辺

法然院の主な年間行事・カレンダー

年中行事

2/15
涅槃会(ねはんえ)

 

2/15
善導大師忌

中国浄土教を大成し法然が師と仰いだ僧

4/1~4/7
春季伽藍内特別公開

9:30~16:00
文化財保存協力料500円
中庭の三銘椿ほか、境内の椿が見頃となる

4/8
灌佛会(花まつり)

 

6/12
八橋忌

銘菓「八ツ橋」の名前の由来にもなったとされ、「近世箏曲の祖」である江戸初期の箏曲家・八橋検校(やつはしけんぎょう)の命日にその遺徳を偲んで行われる法要
聖護院八ツ橋総本店を施主とし、筝曲や舞の奉納などが執り行われる
同日は井筒八ツ橋本舗の菩提寺である金戒光明寺塔頭・常光院(八はしでら)でも「八橋祭」が開催される

6/25
萬無和尚忌

中興第1世

7/25
放生会(ほうじょうえ)

 

7月下
善気山遊びの寺子屋~おてらでなんかやったはる~

 

8/24
地蔵盆

 

9/10
廣布薩(こうふさつ)

 

11/1~11/7
秋季伽藍内特別公開

9:00~16:00
文化財保存協力料800円

12/8
成道会(じょうどうえ)

 

12/31
除夜会(除夜の鐘)

一般参拝者参加自由で回数制限なし

年中行事

毎月26日
善気山念佛会

12月を除く

花ごよみ

 
椿(ツバキ)

椿の庭の「三銘椿」の花笠椿・貴椿(あてつばき)・五色散り椿で知られる

 
萩(ハギ)

白萩

 
紅葉(こうよう)

 

12月上~1月下
千両(センリョウ)

 

法然院のギャラリー

法然院の口コミ


TOPへ

access-rank