菅公聖蹟二十五拝 目的で探す 京都の寺社 寺社めぐり

菅公聖蹟二十五拝

菅原道真と「天満宮」

「菅原道真(すがわらのみちざね)(845-903)」は、平安前期に活躍した政治家で、学者であり文人でもあった人物。
845年(承和12年)に代々学者の家柄であった菅原是善(これよし)の三男として生まれる。母は伴(とも)氏で幼名は「阿呼(あこ)」。

幼少より文才に優れわずか5歳で和歌、11歳で漢詩を読むなど神童と称された。
向学心も旺盛で862年(貞観4年)18歳で文章生(もんじょうしょう)となり、その後877年(元慶元年)には33歳の若さで学者としての最高位であった文章博士に任命される。

886年(仁和2年)には讃岐守(さぬきのかみ)に任命されると善政を行うが、その赴任中に宇多天皇と藤原基経との間に確執を生んだいわゆる阿衡事件(あこうじけん)が発生すると、道真は基経に書状を送ってその解決に尽力する。

890年(寛平2年)に国司の任期を終えて京に戻ると、藤原氏の専権を抑えて天皇中心の政治を実現しようとする宇多天皇の厚い信任を受け、政治の中心で活躍をはじめる。
藤原基経の没後蔵人頭(くろうどのとう)に抜擢されると、894年(寛平6年)には唐の衰退を理由に遣唐使を廃止し後の国風文化の開花に大きな影響を与えた。

897年宇多天皇が譲位した後も醍醐天皇により重用され、899年(昌泰2年)にはついに右大臣にまで昇進するが、901年(昌泰4年)の「昌泰の変」により左大臣・藤原時平をはじめとする敵対勢力の陰謀で福岡県の大宰府に左遷。
屋敷を去るときに詠んだ「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」の歌はよく知られている。

そしてそのまま京に戻ることはなく903年(延喜3年)2月25日に左遷の地で59歳で没するが、その没後京では藤原時平や醍醐天皇の皇子とその子が病死、更には落雷事件などの異変が相次ぐ。

道真の祟りを恐れた朝廷は罪を赦すとともに正一位左大臣、太政大臣を追贈。さらに947年(天暦元年)に京都の北野に道真を祭神とする北野天満宮を建立。
以後道真を天神様として信仰する「天神信仰」が全国に広まるとともに各地に道真を祭神とする天満宮が数多く創建されることとなった。

平安末期以降は怨霊として恐れられることは少くなり、道真が生前優れた学者・歌人であったことから「学問の神」として厚く信仰され今日に至る。

「菅公聖蹟二十五拝」とは

日本全国に菅原道真を祭神とする神社は北野天満宮と太宰府天満宮のほかにも全国に多数あり、これらは天満宮、あるいは天満神社、天神社などと呼ばれている。
「菅公聖蹟二十五拝(かんこうせいせきにじゅうごはい)」とは、これらの天満宮の中から特に由緒深い25社を選んで順拝する風習のこと。

京都から九州の太宰府まで西日本の各地に点在している(京都府6、大阪府6、兵庫県5、奈良県2、広島県2、福岡県2、山口県1、香川県1)。

参拝のしかた

現在のところ専用朱印帳やパンフレットなどはない模様。

京都の「菅公聖蹟二十五拝」一覧

寺社名 エリア ポイント
菅原院天満宮神社(烏丸の天神さん) 1 菅原院天満宮神社
(烏丸の天神さん)
京都御所
錦天満宮 2 錦天満宮 三条寺町・四条河原町
菅大臣神社 3 菅大臣神社 三条寺町・四条河原町
吉祥院天満宮 4 吉祥院天満宮 鳥羽・竹田・淀
長岡天満宮 5 長岡天満宮 西山
北野天満宮 25 北野天満宮 北野・西陣

関連書籍・DVD


  • 菅原道真 見果てぬ夢
    三田誠広著
    (河出書房新社)

  • 「その時歴史が動いた」
    天神・菅原道真
    政治改革にたおれる
    (NHKエンタープライズ)

TOPへ