能楽 目的で探す 京都のイベント・行事 伝統行事

能楽 京都の伝統行事

能に関するスポット

能は室町期に生まれ、能面と呼ばれる仮面を用いて行う歌舞劇のこと。

シテと呼ばれる歌舞に地謡や囃子などの伴奏を伴うのが特徴で元々は「猿楽」と呼ばれていたが、明治以降に「能」と呼ばれるように。

南北朝時代に奈良興福寺に奉公していたいわゆる大和猿楽四座(円満井座・結崎座・外山座・坂戸座)のうち、結崎座から出た観阿弥・世阿弥親子が室町時代に入り大成させ、これがのち観世座となる。

そのきっかけとなったのが室町3代将軍足利義満が新熊野神社で観阿弥・世阿弥親子の能を見たことで、以後支援を受け京都に進出。以後観世座を中心に大和猿楽四座が活躍することに。

江戸時代になると観世流の宗家は江戸に移り、京都においては服部宗巴・宗碩親子が観世流の諸用向きを取り仕切り、その門弟は京観世五軒家と称された(岩井・浅野・薗・林・井上)。

宗碩の没後は観世宗家と姻戚関係のある片山家が京都の観世流を取り仕切るようになっている。

また坂戸座を源流とする金剛座は他の宗家が東京に本拠を移す中、唯一京都に在住、拠点を置いている。

スポット名 エリア ポイント
西本願寺(本願寺) 西本願寺
(本願寺)
京都駅 北能舞台は現存する最古の能舞台で国宝、白書院の北
対面所にあるもう一つの能舞台は重文
平安神宮 平安神宮 岡崎・吉田・鹿ケ谷 6/1・6/2に京都薪能を上演、真夏の夜間に舞台の周囲にかがり火を焚く中で能が披露され、幽玄な雰囲気が特徴
NO IMAGE 大江能楽堂 東福寺・稲荷 1908年建築の京都にある最古の能楽堂
能楽観世流大江家5世又三郎(後の竹雪)による
NO IMAGE 京都観世会館 岡崎・吉田・鹿ケ谷 観世流の京都における拠点で定期公演も開催
金剛能楽堂 金剛能楽堂 京都御所 金剛流が所有

狂言に関するスポット

狂言は能と能の間に演じられる演劇で能の隆盛とともに発展。能が悲劇的な内容が多いのに対し笑いの要素が強いのが特徴。

大蔵・鷺・和泉の三流があり、このうち京都では和泉流が活躍してきた。

大蔵流のうち京都で活躍する茂山千五郎家は「お豆腐狂言」を家訓とし、庶民に愛される飽きのこない味わい深い作風を特徴としている。

また念仏の布教のために演じられるようになった「大念仏狂言」は独自の発展をし、このうち壬生寺の壬生狂言、千本ゑんま堂のゑんま堂狂言、清凉寺の嵯峨大念仏狂言は京都三大念仏狂言とされている。

このほか神泉苑を加えた4つの寺が融通念仏の中興者である円覺上人による大念仏能楽が伝わる寺とされている。

三大念仏狂言

イベント名 エリア 寺社名 ポイント HP
壬生寺 壬生狂言
(壬生大念仏狂言)
二条城 壬生寺 京都三大念仏狂言
春(GW)と秋(10月の3連休)
[HP]
清凉寺(嵯峨釈迦堂) 嵯峨大念仏狂言 嵐山・嵯峨野 清凉寺
(嵯峨釈迦堂)
京都三大念仏狂言
春(4月)と秋(10月下)に開催
[HP]
千本えんま堂(引接寺) ゑんま堂狂言 北野・西陣 千本えんま堂
(引接寺)
京都三大念仏狂言
5/1~4
[HP]
[HP]
神泉苑 神泉苑大念仏狂言 二条城 神泉苑 11月上旬 [HP]

その他念仏狂言が行われる行事・イベント

イベント名 エリア 寺社名 ポイント
上御霊神社(御霊神社) 上御霊神社 例大祭(御霊祭) 京都御所 上御霊神社
(御霊神社)
茂山千五郎社中狂言が奉納される
八坂神社 祇園祭 祇園・東山 八坂神社 7/25に茂山忠三郎社中による狂言奉納あり

TOPへ