法金剛院 京都観光

法金剛院

詳細地図

閉じる

法金剛院

四季折々の花が楽しめる花園の「蓮の寺」

花園にある律宗の寺院。平安末期に鳥羽天皇の中宮・待賢門院が建立。 関西花の寺第13番霊場で庭一面に咲く蓮の花で有名な通称「蓮の寺」。 他に梅や桜、花菖蒲、紫陽花、紅葉と四季折々の草花も楽しめる。 特別名勝の庭園内の青女の滝は日本最古の人工滝

法金剛院とは?(基本データ)

名前
法金剛院(ほうこんごういん)
エリア
衣笠・御室・花園・太秦
ジャンル

寺社 特別名勝 紅葉 花菖蒲 紫陽花 沙羅双樹 嵯峨菊 千両 梅擬 関西花の寺二十五 十三佛

建立・設立
1130年(大治5年)
創始者
待賢門院璋子 (たいけんもんいんたまこ)
宗派
律宗
山号
五位山(ごいさん)
本尊
阿弥陀如来坐像(重文)
寺紋
 
札所等
関西花の寺二十五カ所 第13番
京都十三仏霊場 第10番
アクセス
  • 京都駅からJR嵯峨野線(山陰本線)「花園」駅下車 徒歩約5分
  • 四条大宮駅から京福電鉄(嵐電)北野線「御室仁和寺」駅下車 北へ徒歩約15分
  • 京都市営バス「花園扇野町」(91・93号系統)下車 徒歩約2分
  • 京都バス「花園駅前」(61・62・63・64・65系統)下車 徒歩約5分
駐車場
バス5台分(無料)
自家用車25台分(無料)
拝観料
大人 500円(団体400円・障害300円)
小中高 300円
※団体割引は30人以上
お休み
年中無休
拝観時間
9:00~16:00(蓮の時期は7:00~16:00)
住所
〒616-8044
京都府京都市右京区花園扇野町49
電話
075-461-9428
FAX
075-463-7057
公式サイト
第13番 法金剛院 関西花の寺二十五カ所
第十番 阿弥陀如来 法金剛院 京都十三佛霊場

法金剛院の地図

法金剛院のみどころ (Point in Check)

京都市右京区花園扇野町、JR花園駅前の向かい側やや西、古くから名勝の地として知られる双ヶ丘(ならびがおか)の東麓に位置する律宗の寺院。
開基は待賢門院、山号は五位山、本尊は阿弥陀如来。

平安初期の830年頃(天長年間)、右大臣・清原夏野(きよはらなつの 782-837)がこの地に築いた山荘をその没後に寺に改めたのがはじまり。
双ヶ丘の麓にあったことから「双丘寺(ならびがおかでら)」と呼ばれたといい、境内には当時から多様な花が植えられていたといわれていて「花園」の地名の由来にもなったといわれています。
それから約20年後の858年(天安2年)には文徳天皇の発願で大伽藍が建立され、定額寺に列せられるとともに「天安寺」と号しています。

その後は次第に衰退し事実上の廃寺となっていましたが、平安後期の1130年(大治5年)に鳥羽天皇の中宮・待賢門院(たいけんもんいん 1101-45)が再興。この時に現在の「法金剛院」の寺号に改められました。
待賢門院は藤原氏の出身で元の名は璋子(しょうし・たまこ)といい、鳥羽天皇の中宮であるとともに、崇徳天皇、後白河天皇の母にもあたる人物です。

寺は都の西方に極楽浄土を求めて設計され、西御堂と南御堂のほか、東に寝殿と壮麗な伽藍が建立されたほか、中央に池を掘り、極楽浄土を模した風雅な庭園が設けられたといいます。
そして待賢門院は晩年をこの地で過ごしたといい、その美貌に惹かれて西行はじめ多くの歌人が集って歌を詠むなど、さながら文化サロンのような様相を呈していたといいます。

鎌倉時代に入ると度重なる火災などで再び寺勢は衰退しますが、鎌倉後期に融通念仏で知られる円覚上人(1223~1311)が唐招提寺より入寺して復興。この時に現在の律宗に改められています。

更に室町時代にも「応仁の乱」の兵火で焼失しており、この時は江戸初期の1617年(元和3年)に泉涌寺の照珍上人により復興され、現在の本堂はこの時に再建されたものですが、旧状に復することはなく、更に明治時代になると山陰線の敷設により寺の土地の南半分が失われたといいます。

最盛期には九体阿弥陀堂、丈六阿弥陀堂、待賢門院の御所など、多くの堂宇が立ち並んでいたといいますが、上記のような度重なる兵火や災害などにより壮観だった創建当時の面影はありません。

しかし待賢門院が阿弥陀極楽浄土の世界をイメージして造園したとされ、荒廃し地中に埋もれていた平安末期の池泉回遊式の浄土式庭園の遺構の発掘調査が1968年に行われ、その後1970年に発掘・復元されており、当時の姿を今に伝える唯一の遺構にして日本最古の人工滝とされている庭園北側の「青女の滝(せいじょのたき)」とともに国の特別名勝に指定。

この大きな池を中心とした庭園を回遊しながら四季折々の美しい草花を鑑賞することができ、「関西花の寺二十五ヶ所」の第十三番札所にも選定されるなど、近年は「花の寺」として市民に親しまれています。

とりわけ春の桜や、夏の蓮、更には秋の紅葉が美しいことで有名ですが、その他にも香り高い菩提樹(ボダイジュ)や沙羅の木と呼ばれる夏椿(ナツツバキ)、そして花菖蒲(ハナショウブ)や紫陽花(アジサイ)などでも知られています。

中でも蓮(ハス)の名所として名高く、7月から8月上旬にかけて、特別名勝の池泉回遊式の庭園には約90品種もの蓮が次々と咲き揃い、まるで極楽浄土がこの世に現出したかのような美しい景色が一面に広がります。
観蓮会として早朝開門も行われていて、朝早くから美しい蓮を見ようと多くの参拝客が訪れます。

この他にも桜の名所としても有名で、染井吉野(ソメイヨシノ)や枝垂桜はもちろん、濃い紅色をした紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)で待賢門院ゆかりの「待賢門院桜」がひと際美しいことでも知られています。

仏像、美術品を数多く所蔵しており、中でも丈六阿弥陀堂の本尊と推定される本尊・阿弥陀如来坐像は定朝様で像高2.2mを超える立派な仏像で、蓮の彫刻が見事であり、平安後期の代表的な仏像として重文にも指定されているほか、京都十三佛霊場の一つにも数えられています。
その他にも荘厳で手が四手あるのが珍しい「十一面観世音菩薩」など、重文指定の仏像を多数収蔵しています。

法金剛院の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    表門

     

  • NO IMAGE
    石標

     

  • NO IMAGE
    鐘楼

     

  • NO IMAGE
    境内図

     

  • NO IMAGE

     

  • NO IMAGE
    中門

     

  • NO IMAGE
    庫裡

     

  • NO IMAGE
    茶室

     

  • NO IMAGE
    駐車場

     

  • NO IMAGE
    双丘保育園

     

  • NO IMAGE
    双丘児童公園

     

  • NO IMAGE
    拝観受付

     

  • NO IMAGE
    経蔵

     

  • NO IMAGE
    枝垂桜

     

  • NO IMAGE
    書院

     

  • NO IMAGE
    休憩所

     

  • NO IMAGE
    礼堂(本堂)

     

  • NO IMAGE
    釣殿

     

  • NO IMAGE
    仏殿(収蔵庫)

     

  • NO IMAGE
    待賢門院桜

     

  • NO IMAGE
    仏足石

     

  • NO IMAGE
    石仏・宝篋印塔

     

  • NO IMAGE
    青女の滝

     

  • NO IMAGE
    待賢門院歌碑

     

  • NO IMAGE
    苑池

     

  • NO IMAGE
    鶴島

     

  • NO IMAGE

     

  • NO IMAGE
    長老の墓

     

  • NO IMAGE
    五位山

     

  • NO IMAGE
    花園西陵(待賢門院御陵)

     

  • NO IMAGE
    花園東陵(上西門院御陵)

     

  • NO IMAGE
    地蔵院

     

周辺

法金剛院の主な年間行事・カレンダー

年中行事

1/1~1/3
修正会

 

3/15
涅槃会

 

3/21
春の彼岸会

 

7月上~8月上
観蓮会(かんれんえ)

 

月並行事

毎月15日
本尊供養

 

花ごよみ

4月上~
桜(サクラ)

シダレザクラ

6月上~6月中
花菖蒲(ハナショウブ)

「蓮の寺」として知られるが、平安時代のもので特別名勝にも指定されている池泉廻遊式の浄土庭園の池の周りでは紫陽花や花菖蒲も見事に咲く

6月中~7月上
紫陽花(アジサイ)

特別名勝の「池泉廻遊式浄土庭園」では色とりどりのアジサイに加えて花菖蒲も同時に楽しめ、蓮も咲き始めるなど色鮮やか

 
沙羅双樹(サラソウジュ)

中門のそばや庭園にも2本

7月上旬~8月上
蓮(ハス)

関西花の寺二十五カ所13番霊場で「ハスの寺」として有名
特別名勝の「池泉廻遊式浄土庭園」の庭一面に約90品種のハスが咲き誇る
青、黄、赤、白色の4色のハスは極楽浄土を再現するためインド・中国・ベトナム・アメリカなど世界中から集められたもの
見頃に合わせて観蓮会が開催され、朝が一番美しいといわれる蓮の花を早朝から見学できる

11月下~
紅葉(こうよう)

 

 
嵯峨菊(サガギク)

自然のまま仕立てられた嵯峨菊が展示される

12月上~
千両(センリョウ)

冬にはウメモドキのほか、千両・万両が楽しめる

 
梅擬(ウメモドキ)

 

法金剛院のギャラリー

法金剛院の口コミ


TOPへ

access-rank