竹林(チクリン) 目的で探す 京都の自然 花ごよみ

竹林(チクリン)(Moso Bamboo)

竹林(チクリン)

竹林とは?

緑色の稈が静寂と幽玄の世界を演出、たけのこは日本の春の風物詩

DATA

たけのこ(筍)の名産地として知られる乙訓地域など、京都の竹林で見られるのは主に「孟宗竹(モウソウチク)」。
学名は「Phyllostachys Heterocycla f. pubescens」、英名は「Moso Bamboo」。別名「江南竹」。
イネ科マダケ(真竹)属の大型の竹の一種。
他の竹同様に木質化した長い稈(かん)(中空になっている茎)を持ち、若芽は「筍(タケノコ)」と呼ばれ食用とされる。
花は67年に1度咲くとされるが、これを証明する記録は非常に少ない。また開花すると群生する竹藪(竹林)全体が枯れてしまうという。
中国江南地方原産、アジアの他オーストラリアや中南米、アフリカなどの温暖で湿潤な地域に分布し日本では北海道函館以南に広く自生する。
高さは12~15mで大きいものでは高さ20m、直径20cmに達し日本にある竹の中では最も大きい。

名前の由来

「孟宗竹」の名前は、雪の降る寒い冬に病気の母のためにたけのこを探し掘り当てた、中国の二十四孝の一人で三国時代の呉の人物「孟宗(もうそう ?-271)」にちなむ。

歴史

日本固有の竹とは

竹の歴史は古く縄文後期の遺跡から竹かごが出土し、その後も生活の必需品として欠かせないものであった。ただし古くから日本にあったのは真竹(まだけ)や淡竹(はちく)などの品種である。

「孟宗竹」の日本への伝来

孟宗竹は中国江南地方原産で、日本への伝来については鎌倉時代京都説と江戸時代鹿児島説の2説がある。

京都説は1228年(安貞2年)に曹洞宗の開祖として知られる道元が、宋の杭州から持ち帰り長岡京市にある寂照院(じゃくしょういん)に植えたのを最初とし、「日本孟宗竹発祥之地」の石碑が建つ。現在も乙訓地域はたけのこの名産地としてよく知られている。

一方鹿児島説は江戸中期の1736年(天文元年)に薩摩藩主・島津吉貴が琉球王国経由で清から2株を輸入し現在の鹿児島市「仙巌園(磯庭園)」に移植したのがはじまりとする。

「竹林」から「竹藪」に

その後孟宗竹のタケノコが以前より日本に自生していたマダケやハチクのものに比べ美味なことから各地で栽培されるようになり、「竹林」として維持・管理されてきた。

しかし戦後の里山管理の衰退や竹材需要の減少、中国産の安価なタケノコの輸入の増加などに伴い国内の竹林は放置されて「竹藪」と化し、その結果生息域が拡大し他の植物の成長を阻害するなどの問題も起きているという。

利用・用途

観賞用

整備・管理された竹林は観光スポットとしても人気。

食用

主に筍(竹の子)を収穫するために栽培される。旬は3~4月頃。食用として栄養価が非常に高い。
マダケやハチクのものに比べて大型で肉厚、柔らかくえぐみも少ないため人気が高い。

その他

竹は成長スピードが早く入手が容易、削る曲げるなどの加工がしやすい、抗菌性や消臭性が高いなどの理由から、建築資材や日用品・工芸品・文具・武具(竹刀・竹槍・弓)・玩具(竹馬・竹とんぼ)など様々な用途に用いられる。

孟宗竹の皮には紫褐色(ビロード)の毛が密生しておりおにぎりなどの食物を包むのに用いられる。
また枝葉を切り落とした桿(さお)は籠やざる、簾などの竹細工に使用されるほか、近年は竹炭の原料としても注目されている。

よく似た植物

真竹(マダケ)

学名は「Phyllostachys Bambusoides」、英名は「Madake」「Giant Timber Bamboo」。
日本原産で河川の堤防などで普通に見られ、全国1位は大分県。真竹は節が2筋になっているのが孟宗竹との大きな違い。
120年に一度開花するといわれている。
孟宗竹に比べるとやや細く、高さは20mほどまで成長するが太さは直径14cmほど。
弾力性に優れ弓道の弓や竹細工、竹工芸などの素材としては孟宗竹を上回る繊細さを持ち竹の中で最も多く用いられている。
タケノコは「苦竹」の別名のとおりやや苦味があり、あく抜きが必要だが美味。収穫期は5~6月頃。皮に黒い斑点がある。

淡竹(ハチク)

学名は「Phyllostachys Nigra var. henonis」、英名は「Henon Bamboo」。
呉から渡来したとの由来から「呉竹(くれたけ)」の別名。日本または中国原産で奈良時代には日本にあったものと考えられている。
河川の堤防などで見られ、耐寒性に強いことから特に日本海側に多い。
120年に一度開花するといわれている。
高さ15mほどまで成長し直径は10cmと真竹よりさらに小さい。
名前の由来は稈(かん)に白い粉がつき全体的に白味を帯びて見える所から。
孟宗竹同様に筍は食用となり収穫期は4~5月頃、皮に黒い斑点がない。
細かく分岐する枝は竹ぼうきの材料に、桿(さお)が割りやすく茶筅や簾によく用いられる。
かぐや姫が登場する有名な昔話「竹取物語」の竹取の翁の歌には「くれたけ」とあり、物語で登場する竹の種類は淡竹ともいわれている。

笹(ササ)

イネ科タケ亜科の小型の植物、竹に非常によく似ており日常的には竹とあまり区別されないことも多い(大型のものが竹、小型のものが笹という程度の区別)。
主な品種にササ属の「隈笹(クマザサ・学名 Sasa Veitchii」)やメダケ属の「女竹(メダケ・学名 Pleioblastus Simonii)」がある、英名は「Bamboo Grass」。
竹との違いは、笹は茎を包む鞘(皮)が剥がれずに枯れるまで残るが、鞘から外れて竹は茎が裸になる。
日本を中心に朝鮮半島やサハリン、千島列島などに分布。
高さは多くは1~2m以下と竹より小型なのが特徴。
葉に防腐作用があり、鱒寿司やちまきなどの保存食を包むのによく用いられる。
また7/7の七夕の笹飾りやえびす神社の「十日戎(とおかえびす)」の「商売繁盛で笹持って来い」はよく知られている。

京都の竹林スポット

寺社名 エリア ポイント
高台寺 高台寺 祇園・東山 特別拝観時の夜間ライトアップでは静寂と幽玄の世界が周囲を包み込み幻想的
竹林の道 竹林の道 嵐山・嵯峨野 野宮神社から天龍寺の北側を通り大河内山荘前まで続く400mほどの散策路で、嵐山らしい風情が味わえる場所としてドラマやCMなどの撮影でも定番のスポット
空を覆うように成長した青竹の間から木漏れ日が差す中、夏はひんやりとした清涼感を満喫、冬は雪が降れば緑と白のコントラストが絶妙となる、また時々通過する人力車も趣に花を添える
12月の「嵐山花灯路」ではライトアップも楽しめる
祇王寺 祇王寺 嵐山・嵯峨野 境内は竹林と楓に包まれひっそりとした雰囲気
苔庭の竹林に囲まれた参道のほか竹林庭園「祇王の小径」もある
直指庵 直指庵 嵐山・嵯峨野 嵯峨野の最北に位置し、竹林と紅葉が美しいことで有名
秋は紅葉、初夏は青もみじとのコントラストが楽しめる
化野念仏寺 化野念仏寺 嵐山・嵯峨野 奥にある竹林の道はとても美しく風情があり、京都の観光ポスターやCMにもよく使用されている
階段を上がった所には「六面六体地蔵」
地蔵院(竹の寺) 地蔵院
(竹の寺)
松尾・桂・西京極 室町幕府管領・細川頼之が建立した細川家ゆかりの寺院で一休禅師も幼少期を過ごしたという
境内が広く孟宗竹の竹林で覆われ、その美しさから「竹の寺」の通称を持つ
要所にモミジが植えられ秋は紅葉と竹林の緑との対比が見事
NO IMAGE 竹の径 西山 向日市の特産品の筍を多く生産する西ノ岡丘陵に2000(平成12年)から整備が進め、総延長は約1.8km
道の両脇の竹垣は、竹の枝を約1.5mの高さで束ねた「竹穂垣」のほか「古墳垣」「寺戸垣」「物集女垣」「かぐや垣」「来迎寺垣」「深田垣」「海道垣」の計8種類で構成
日本ウォーキング協会「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選定
秋には洛西竹林公園と共催で「竹の径・かぐやの夕べ」を開催し「竹行灯」約4500本が竹林を幻想的に彩り、かぐや姫の登場やミニコンサートなども行われる
NO IMAGE 洛西竹林公園 西山 筍の産地として知られる大枝・大原野に位置、洛西ニュータウンの建設により多数の竹が伐採されたため残る竹林を保存しようとの呼びかけにより1981年(昭和56)に記念事業の一つとして開園
回廊式庭園としてきれいに整備された生態園の中に内外およそ110種の竹や笹が集められ、中央の池に架かる石橋は応仁の乱で東軍と西軍が対峙した百百橋(どぞうばし)を復元したもの
資料館ではエジソン電球の復元模型や竹の生態などを解説したパネルの展示のほか、研修室や茶室(竹風軒)も備え、テラスからは生態園も一望できる
京の伝統工芸品である竹製品の展示即売も行われている
松花堂(松花堂庭園・美術館) 松花堂
(松花堂庭園・美術館)
八幡 「松花堂庭園」の外園は池泉回遊式日本庭園で約400種類の竹があるという
中でも孟宗竹が突然変異して生まれた「金明孟宗竹」は宮崎県東臼杵郡と福岡県久留米市で発見されたもので、金色と緑の市松模様になっており非常に珍しい
愛染倉 愛染倉 北山・上賀茂 上賀茂にあるおよそ300年前の建造物(酒蔵)を利用して造られたイタリアンレストラン&結婚式場
3000坪の庭園の3分の1を占めるという竹林でのアットホームな和婚挙式「竹林人前式」が人気
宝泉院 宝泉院 大原・八瀬・比叡山 額縁庭園とも称される「宝泉院庭園」では樹齢700年を越える巨大な五葉松を中心に美しい竹林と梅もあり、松竹梅の景観を楽しめる

TOPへ