元伊勢外宮 豊受大神社 京都観光

元伊勢外宮 豊受大神社

元伊勢外宮 豊受大神社

「元伊勢」の一つで、伊勢神宮外宮・豊受大神宮の元宮

伊勢神宮が三重に落ち着く前に遷座された元伊勢の一つ、大江の元伊勢三社の一角。 農業神・豊受大神を祀り伊勢神宮外宮・豊受大神宮の元宮との伝承から元伊勢外宮と称される。 KTR大江高校前駅北、前方後円墳状の船岡山に鎮座し神明造の本殿を中心に末社37社をコの字に配置。 全国2例の珍しい黒木鳥居も

元伊勢外宮 豊受大神社とは?(基本データ)

名前
元伊勢外宮 豊受大神社(もといせげくう とゆけだいじんじゃ)
エリア
福知山
ジャンル

寺社 初詣

建立・設立
天照大神は古くは宮中に祀られていたが、この状態を畏怖した天皇の命で紀元前92年(第10代崇神天皇6年)から鎮座地を求めて各地を点々とする
紀元前5年(垂仁天皇25年)に三重県の伊勢に落ち着くが(伊勢神宮)、それまでの間に訪れた一時遷座地は20ヵ所以上もあり「元伊勢」と呼ばれている
その内の一つが福知山市大江で、紀元前59年(崇神天皇39年)に大和から天照大神の神鏡・八咫鏡を移してより4年の間鎮座し、三重県の伊勢神宮よりも54年も前に祀られたといわれる由緒を持つ
大江には3つの社があり元伊勢内宮皇大神社、天岩戸神社および元伊勢外宮豊受大神社は総称して「元伊勢三社」と呼ばれる
これらの社は伊勢へ遷座後も「元伊勢」として厚く信仰され、特に江戸~明治時代には元伊勢参りが盛んで多くの旅館が立ち並ぶほどだった
現在も「福知山十景」に数えられる丹後丹波を代表するパワースポット
このうち豊受大神社は丹後へ下った農業の神様「豊受大神」を祀った神社で、創建年代不詳だが紀元前より鎮座する古社
478年(雄略天皇22年)に遷宮した伊勢神宮外宮・豊受大神宮の元宮との伝承を持つことから「元伊勢外宮」と称される
祭神
豊受大神(とようけのおおかみ)
[相殿]
日子番能邇邇芸尊(ひこほのににぎ)
天児屋根命(あめのこやね)
天太玉命(ふとだまのみこと)
ご利益
農業・漁業守護、五穀豊穣、産業振興、開運招福、厄除け
例祭
4/26(例祭)
他に元伊勢八朔祭(9/1)などが知られる
神紋・社紋
 
アクセス
  • 丹鉄宮福線「大江高校前」駅下車 徒歩約15分
  • 丹鉄宮福線「大江」駅より福知山市内自主運行バス(大江バス)で約5分「外宮」下車
  • 京都縦貫自動車道「舞鶴大江IC」より約15分
駐車場
無料駐車場あり
拝観料
 
お休み
 
拝観時間
拝観自由
住所
〒620-0325
京都府福知山市大江町天田内60 船岡山
電話
0773-56-1560
FAX
-
公式サイト
元伊勢三社 福知山市
京都の自然200選 元伊勢三社(皇大神社、豊受大神社、天岩戸神社) 京都府
福知山十景 福知山観光協会

元伊勢外宮 豊受大神社の地図

元伊勢外宮 豊受大神社のみどころ (Point in Check)

元伊勢外宮 豊受大神社の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
     

     

周辺

  • NO IMAGE
     

     

元伊勢外宮 豊受大神社の主な年間行事・カレンダー

年中行事

9月第1日曜
元伊勢八朔祭

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
 

 

元伊勢外宮 豊受大神社のギャラリー

元伊勢外宮 豊受大神社の口コミ


TOPへ

access-rank