大善寺(伏見地蔵) 京都観光

大善寺(伏見地蔵)

大善寺(伏見地蔵)

 

 

大善寺(伏見地蔵)とは?(基本データ)

名前
大善寺(伏見地蔵)(だいぜんじ(ふしみじぞう))
エリア
伏見・桃山
ジャンル

寺社 六地蔵めぐり 十三佛

建立・設立
伝・705年(慶雲2年)
創始者
[開山] 定恵(じょうえ)
宗派
浄土宗
山号
法雲山
本尊
阿弥陀如来
寺紋
 
札所等
六地蔵めぐり(奈良街道・伏見地蔵)
京都十三仏霊場 第5番
アクセス
  • JR奈良線「六地蔵」駅下車 徒歩約10分
  • 京阪宇治線「六地蔵」駅下車 徒歩約10分
  • 京都市営地下鉄東西線「六地蔵」駅下車 徒歩約10分
  • 京阪バス「東町」(3・6・87・88系統ほか)下車 徒歩すぐ
  • 名神高速道路「京都南IC」より約10分
  • 名神高速道路「京都東IC」より約20分
駐車場
約10台(無料)
拝観料
境内自由・無料
お休み
無休
拝観時間
9:00~16:00
住所
〒612-8013
京都府京都市伏見区桃山町西町24
電話
075-611-4966
FAX
075-604-4497
公式サイト
第五番 地蔵菩薩 大善寺 京都十三佛霊場

大善寺(伏見地蔵)の地図

大善寺(伏見地蔵)のみどころ (Point in Check)

京都市伏見区桃山町西町、京都市伏見区と宇治市の境界近くの「六地蔵」より京都府道7号(京都外環状線)を西へと進んだ先にある浄土宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。

「六地蔵」ないし「伏見地蔵」という通称で有名で、毎年8月の地蔵盆にの時期に開催される「京都六地蔵めぐり」の1つ、「奈良街道」沿いに置かれていた地蔵が祀られていることで知られています。

ちなみに「六地蔵」は行政地域としては宇治市に属しますが、JR奈良線、京阪宇治線、地下鉄東西線の各六地蔵駅が隣接する京都南部の玄関口であり、現在は各駅周辺には大型スーパー等が立ち、交通量も多く、あまり京都らしさは感じられない地域ですが、古くから都と山科、宇治、奈良を結ぶ分岐点として多くの旅人が往来した場所でした。

奈良時代よりも前の705年(慶雲2年)に、藤原鎌足の子・定恵(じょうえ)が大和国多武峰から来住し創建とも伝えられており、平安後期に三井寺(園城寺)を開いた智証大師円珍(一説には慈覚大師円仁)が、地蔵菩薩を安置し天台密教寺院として再興しました。

その後「応仁の乱」の後に一度は衰退しますが、1561年(永禄4年)に浄土宗寺院として再興し「大善寺」と改め現在に至っています。

山門正面の左奥にある地蔵堂(六角堂)に安置された極彩色が美しい地蔵菩薩立像(重文)は、平安初期の852年(仁寿2年)に、朝廷に勤める役人で歌人としても知られる小野篁(おののたかむら)が一度息絶えて冥土に行き、そこで生身の地蔵菩薩を拝して甦った後、一木から刻んだと伝わる六体の地蔵菩薩像の一つといわれ、創建に関しても開基を小野篁とする説が「六地蔵」の名前の由来と共によく知られています。

伝説では
849年(嘉祥2年)、小野篁が48歳の時、熱病を患い意識を失っている間に地獄の風景を見た。
地獄に落ちて苦しんでいる人々の中に、一人の僧がこれらの人々を救っている場に出会う。
その僧は自分は地蔵菩薩であると名乗り、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の「六道」の迷いの世界を巡って縁ある人々を救っているが、縁の無い人を救うことはできないのが残念である。
お前はこの地獄の様子と地蔵菩薩のことを人々に知らしめて欲しいと語ったという。

その途端、小野篁は目覚めてこの世に甦ったといい、すぐに木幡山から一本の桜の木を切り出すと、6体の地蔵菩薩を刻んでこの地に祀ったといい、その由緒によりこの地は「六地蔵」と呼ばれるようになったといいます。

その後、6体の地蔵菩薩像は、1157年(保元2年)に後白河天皇の勅命により、平清盛が西光法師に命じ、京都に疫病が侵入しないよう京都周辺の街道の6か所の入口に、六角堂を建て地蔵を一体ずつ安置させて街道の守り神とされ、更には地蔵信仰が盛んになると毎年8月の地蔵盆に6か所の地蔵を参詣する「京都六地蔵めぐり」が盛んとなりました。

この中で大善寺は6体の地蔵菩薩像が最初に祀られていた場所であり、現在も「京都六地蔵めぐり」の1つとして、8月22・23日の両日には多くの参拝客で賑わいます。

境内には新しい建物が多い中で、鐘楼は1665年(寛文5年)に江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の娘・東福門院が安産祈願成就のお礼として寄進し、水野石見守が普請奉行となって建造されたもので、鐘は直径3尺=90cm、高さ4尺3寸=約130cm、重さ250貫=1tあるといい、また天井には極彩色の絵模様が描かれています。

この他にも地蔵堂の左の厨子内には小野篁像が祀られているほか、「京都十三仏霊場」の第5番札所としても信仰を集めています。

大善寺(伏見地蔵)の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    東門

    京都外環状線沿い

  • NO IMAGE
    道標

     

  • NO IMAGE
    「平安時代 重要文化財 小野篁作 六地蔵尊」の看板

     

  • NO IMAGE
    説明板

     

  • NO IMAGE
    参道

     

  • NO IMAGE
    百日紅

     

  • NO IMAGE
    庫裏(寺務所)

     

  • NO IMAGE
    お手洗い

     

  • NO IMAGE
    臥龍の松

     

  • NO IMAGE
    臥龍の松の石碑

     

  • NO IMAGE
    鐘楼

     

  • NO IMAGE
    手水(藤棚)

     

  • NO IMAGE
    本堂(浄妙殿)

    本尊阿弥陀如来坐像

  • NO IMAGE
    観音堂

    千手観音菩薩

  • NO IMAGE
    地蔵堂(六角堂)

    地蔵菩薩(伏見地蔵)

  • NO IMAGE
    駒札

     

  • NO IMAGE
    納経所(授与所)

     

  • NO IMAGE
    三界萬霊塔

     

  • NO IMAGE
    山門(南門)

     

  • NO IMAGE
    「鎮護道場」の石碑

     

  • NO IMAGE
    「根本 六地蔵寺 大善寺」の石碑

     

  • NO IMAGE

     

周辺

  • NO IMAGE
    桃山東文化ホール

     

  • NO IMAGE
    六地蔵交差点

     

  • NO IMAGE
    京都外環状線

     

  • NO IMAGE
    JR奈良線の高架

     

  • NO IMAGE
    東町バス停

     

  • NO IMAGE
    イズミヤ六地蔵店

     

  • NO IMAGE
    山科川

     

  • NO IMAGE
    六地蔵奈良町

     

  • NO IMAGE
    地下鉄六地蔵駅

     

  • NO IMAGE
    JR六地蔵駅

     

  • NO IMAGE
    京阪六地蔵駅

     

関連

大善寺(伏見地蔵)の主な年間行事・カレンダー

年中行事

8/22・8/23
六地蔵めぐり

22日は夜通し、23日は20時頃閉門
22日19:30に地蔵盆落語会

花ごよみ

 
紫陽花(アジサイ)

南側参道の両脇

 
百日紅(サルスベリ)

東門入ってすぐ左手

大善寺(伏見地蔵)のギャラリー

大善寺(伏見地蔵)の口コミ


TOPへ

access-rank