京都国立博物館 京都観光

京都国立博物館

京都国立博物館

平安~江戸期の京都の文化を中心とした文化財を展示

1897年5月に開館。レンガ造りの特別展示館や正門などは創建当時のもので重要文化財に指定。 本館前には噴水とロダン作「考える人」の像がある。 主に寺社からの寄託品や平安~江戸時代の京都を中心とした文化財を展示・保存・研究し、年に数回特別展も開催

京都国立博物館とは?(基本データ)

名前
京都国立博物館(きょうとこくりつはくぶつかん)
エリア
東山七条
ジャンル

博物館・美術館・資料館 国宝絵画 近代建築 躑躅 百日紅

建立・設立
1897年(明治30年)5月、「帝国京都博物館」として開館
1952年(昭和27年)4月、「京都国立博物館」に改称
創始者
[設計] 片山東熊
アクセス
  • 京阪本線「七条」駅下車 徒歩約7分
  • JR「京都」駅下車 徒歩約22分
  • 京都市営地下鉄烏丸線「京都」駅下車 徒歩約22分
  • 近鉄京都線「京都」駅下車 徒歩約22分
  • 京都市営バス「博物館三十三間堂前」(急100・206・208・臨号系統)下車すぐ
  • 京都バス「東山七条」(18系統)下車 徒歩約3分
駐車場
三井のリパーク 京都国立博物館前
├9:00~21:00 20分200円
└21:00~9:00 60分100円
※特別展開催期間中は20分300円(最大3000円)
拝観料
■平常展
├一般 500円(団体400円)
├大学生・高校生 250円(団体200円)
└中学生以下 無料
※障害者と付添者および70歳以上は無料
※団体割引は20名以上
■特別展
└展覧会によって異なる
お休み
毎週月曜日(祝日の場合開館し翌火曜日が休み)
年末年始
臨時休館有り
拝観時間
■通常
└9:30~17:00
■特別展期間中(年3~4回春と秋を中心に開催)
├金曜以外 9:30~18:00
└金曜日 9:30~20:00
※入館は閉館の30分前まで
住所
〒605-0931
京都府京都市東山区茶屋町527
電話
075-525-2473
FAX
075-531-0263
公式サイト
京都国立博物館
京都国立博物館 Twitter
京都国立博物館ミュージアムショップ
京都国立博物館公式キャラクター トラりん
京都国立博物館 トラりん Twitter
京都国立博物館 トラりん Facebook

京都国立博物館の地図

京都国立博物館のみどころ (Point in Check)

京都市東山区茶屋町、東山七条の北西角にある国立の博物館。
独立行政法人「国立文化財機構」が運営し、「京博」の愛称で親しまれています。

1889年(明治22年)の図書寮附属博物館(ずしょりょう)の廃止に伴い、新たに東京に帝国博物館、そして文化財がとりわけ多い京都と奈良についても「帝国京都博物館」「帝国奈良博物館」がそれぞれ設置されることになります。
そして「帝国京都博物館」は赤坂離宮のなどの建築で知られる片山東熊(とうくま)の設計により、1892年より工事が始まり1895年に竣工(しゅんこう)、諸準備を経て1897年(明治30年)5月1日に開館しました。

1900年(明治33年)の官制改革により「京都帝室博物館」と改称するとともに宮内省の所管となり、更に1924年(大正13年)の皇太子(後の昭和天皇)の成婚に際して京都市に下賜され、「恩賜京都博物館」と改称するとともに京都市の経営となります。
そして第二次世界大戦後の1952年(昭和27年)に再び国に移管されて文化庁の前身である文部省文化財保護委員会の所管に移り、現在の「京都国立博物館」に改められ、1968年(昭和43年)の文化庁の発足と同時にその付属機関となりました。

更に2001年(平成13年)4月の中央省庁改編に伴い、文化庁所管の独立行政法人に移行し独立行政法人国立博物館、2007年(平成19年)4月からは独立行政法人「国立文化財機構」の中の組織の一つとなっています。

1897年(明治30年)の開館の際に建てられた「本館(陳列館・明治古都館)」は現在も現役で、フランスの17世紀のバロック様式を取り入れたレンガ造りの見事な外観が特徴的です。
表門や同札売場および袖塀(そでべい)とともに明治期の洋風建築を代表する建築物として「旧帝国京都博物館」の登録名で1969年(昭和44年)に重要文化財にも指定されています。

またその本館の西側にある「新館」は森田慶一(1895-1983)の設計による建物が1965年(昭和40年)に完成、1966年10月より開館した後、2009年(平成21年)に建て替えが始まり、世界的建築家・谷口吉生(よしお)の設計による建物が2013年(平成25年)8月に完成。
翌2014年(平成26年)9月より開館し「平成知新館」と命名されました。

この点、新たな新館である「平成知新館」は地上3階、地下1階の建物で、シャープでモダンなデザインが特徴的なほか、延べ面積は1万7997平方メートルあり、現在は平常展示館として使用されています。
一方「本館(明治古都館)」の方では、年数回の特別展覧会が開催されています。

これらの展示館の正面には関口太郎(えいたろう 1896-1981)の設計による庭園がありますが、庭園内には噴水のある円形の池のほか、池の東側にはロダンの彫刻「考える人」の像が置かれており、博物館のシンボル的存在にもなっています。
そして正門側からレンガ造りの本館と噴水をバックにこのロダンの像を写す構図は実に趣があり、博物館の紹介写真としてよく使用されています。

また敷地内にはこの他に、「文化財保存修理所」や「技術資料参考館」、茶室「堪庵(たんあん)」などの施設があります。

彫刻・絵画・書・染織・陶磁器・工芸品などの古美術品や、考古美術資料を数多く所蔵し、これら文化財の収集・保管・展示を行うとともに、文化財に関する研究や教育・普及活動なども行っています。

この点、展示は平常展示のほか、特別展も1年に2~4回行われていますが、この他に1969年(昭和44年)と1976年(昭和51年)の2度の「日本国宝展」を開催しており、2017年(平成29年)には博物館創立120年を記念して41年ぶりに3度目となる「国宝展」も開催されました。

一方、所蔵品については日本をはじめ中国など東洋の名品もありますが、京都にあるという地域特性上、とりわけ京都に都が置かれていた平安から江戸期にかけての京都の文化を中心とした文化財が多く、また京都の社寺からの仏像や襖絵、屏風絵などの寄託品も多いのが特徴です。
有名なものとしては「十二天画像」「餓鬼草紙」、雪舟「天橋立図」、そして俵屋宗達「蓮池水禽図」などの国宝をはじめ、約1万点を収蔵しているといいます。

休館日は毎週月曜と年末年始で、マスコットキャラクターには尾方光琳の描いた虎をモチーフに作られた「トラりん」がおり、土日を中心に館内に出没し人気を集めています。

京都国立博物館の施設案内

 

館内

  • NO IMAGE
    南門

     

  • NO IMAGE
    駐車場

     

  • NO IMAGE
    駐輪場

     

  • NO IMAGE
    博物館入口

     

  • NO IMAGE
    案内図

     

  • NO IMAGE
    チケット売り場

     

  • NO IMAGE
    化粧室

     

  • NO IMAGE
    カフェ前田珈琲

     

  • NO IMAGE
    インフォメーション

     

  • NO IMAGE
    ショップ

     

  • NO IMAGE
    入口

     

  • NO IMAGE

     

  • NO IMAGE
    案内図

     

  • NO IMAGE
    明治古都館

    旧館

  • NO IMAGE
    庭園

     

  • NO IMAGE
    噴水

     

  • NO IMAGE
    考える人

     

  • NO IMAGE
    西の庭

     

  • NO IMAGE
    正門(団体入口)

     

  • NO IMAGE
    平成知新館

     

  • NO IMAGE
    方広寺の遺構

     

  • NO IMAGE
    正面入口

     

  • NO IMAGE
    ショップ

     

  • NO IMAGE
    レストラン

     

  • NO IMAGE
    講堂

     

  • NO IMAGE
    四季山水図屏風

    撮影可能

  • NO IMAGE
    韃靼人狩猟・打毬図屏風

    撮影可能

  • NO IMAGE
    西側入口

     

  • NO IMAGE
    文化財保存修理所

     

  • NO IMAGE
    技術資料参考館

     

  • NO IMAGE
    東の庭

     

  • NO IMAGE
    石仏群

    方広寺の石垣から出土した石仏・石塔

  • NO IMAGE
    李朝太祖健元陵 石造遺物

     

  • NO IMAGE
    藤棚

     

  • NO IMAGE
    茶室堪庵

     

  • NO IMAGE
    通用門

    北側東大路通沿い

周辺

京都国立博物館の主な年間行事・カレンダー

年中行事

1月上
京博のお正月

芸舞妓春の舞、書道パフォーマンス、トラりん登場など

4~5月頃
特別展・春

 

10~11月頃
特別展・秋

 

月並行事

土日祝
トラりん登場

10:00~10:20
11:20~11:40
13:20~13:40
15:00~15:20
16:00~16:20
当日の天候やイベントの関係により変更・中止の場合あり(公式サイトにて要確認)

不定期
京都・らくご博物館

日本の伝統芸能である落語の上演を「京都・らくご博物館」と題して定期的に実施

花ごよみ

 
桜(サクラ)

西の庭など

 
躑躅(ツツジ)

ロダンの「考える人」の像がある前庭付近に横一列に咲き誇る

 
百日紅(サルスベリ)

博物館西側の大和大路沿いに紅、白、ピンクと色とりどりの百日紅の並木道

京都国立博物館のギャラリー

京都国立博物館の口コミ


TOPへ

access-rank