二条城 京都観光

二条城

詳細地図

閉じる

二条城

大政奉還の舞台、家康が築城した江戸幕府ゆかりの城

世界遺産。1603年徳川家康が秀吉の聚楽第跡地に京都での拠点として建築。1626年に3代家光が伏見城の遺構を移築し現在の姿に。 大坂の陣の契機となった二条城会見や大政奉還など歴史の舞台にも。 鶯張りの廊下で有名な国宝二の丸御殿、特別名勝の二の丸庭園が見所。梅や桜など四季の植物も楽しめる

二条城とは?(基本データ)

名前
二条城(にじょうじょう)
エリア
二条城
ジャンル

城・城跡 庭園 茶室 世界遺産 国宝建築 史跡 特別名勝 椿 京の七夕 茶会・献茶祭 生け花展・献花祭

建立・設立
1603年(慶長8年)、江戸幕府の京都における拠点として建設(東側部分)
1611年(慶長16年)、徳川家康と豊臣秀頼の二条城会見が行われ、秀頼の見事な成長ぶりに家康が危機感を抱き大坂の陣のきっかけになったといわれる
1626年(寛永3年)、3代将軍徳川家光が伏見城の遺構を移すなどして増築(西側部分)し現在の規模に
1867年(慶応3年)、15代将軍徳川慶喜による大政奉還の舞台に
1871年(明治4年)、二の丸御殿が京都府庁舎として使用される
1884年(明治17年)、宮内省の所管となり「二条離宮」と改称
1939年(昭和14年)、宮内省より下賜され「元離宮二条城」という名称に
1994年(平成6年)、ユネスコの世界文化遺産に「古都京都の文化財」として登録
創始者
[東側部分] 徳川家康(とくがわいえやす)
[西側部分] 徳川家光(とくがわいえみつ)
アクセス
  • 京都市営地下鉄東西線「二条城前」駅下車すぐ
  • 京福電鉄(嵐電)嵐山本線「四条大宮」駅下車 北へ徒歩約12分
  • 阪急京都線「大宮」駅下車 北へ徒歩約12分
  • JR嵯峨野線(山陰本線)「二条」駅下車 東へ徒歩約12分
  • 京都市営バス「二条城前」(9・12・50・67・急101号系統)下車すぐ
  • 京都バス「堀川御池」(61・62・63・64・65系統)下車 北へ徒歩約3分
  • 名神高速道路「京都南IC」より約30分
  • 名神高速道路「京都東IC」より約30分
駐車場
二条城駐車場
├バス30台 2時間2,500円/16:00~8:00 2,500円
├普通車216台 2時間600円、以降1時間毎200円(18:00~8:00 2時間300円、以降1時間毎100円)
├普通車1日券(24時間) 1,800円
├自動二輪 1日1回300円
└自転車 1日1回200円
24時間営業
TEL:075-801-5564
拝観料
一般 600円(団体500円)
中学・高校生 350円
小学生 200円
小学未満 無料
※団体割引は30名以上
お休み
年末年始(12/26~1/4)
毎年12月・1月・7月・8月の毎週火曜日
※ただし当該日が休日の場合翌日が休城日
拝観時間
8:45~17:00(受付16:00まで)
■二の丸御殿観覧
└9:00~16:00
住所
〒604-8301
京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話
075-841-0096
FAX
075-802-6181
公式サイト
世界遺産・元離宮二条城
世界遺産・二条城 Facebook
二条城まつり 京都市観光協会
世界遺産・二条城一口城主募金

二条城のみどころ (Point in Check)

京都市中京区二条城町、市街地中心部に築かれた平城で、修学旅行生や外国人観光客にも人気の高い、京都を代表する観光スポットの一つとして知られています。

江戸幕府を開いた徳川家康が1603年(慶長8年)に京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として造営。
その時は二の丸御殿と天守部分だけでしたが、1624年(寛永元年)に3代将軍・徳川家光により「寛永の大改修」が行われ、拡張された城域の西側に本丸御殿および天守閣が整備されて現在の規模となりました。

その後も徳川幕府における京都の拠点の役割を担い、家康の将軍就任や大阪の陣のきっかけになった家康と豊臣秀頼との会見、さらには幕末の第15代将軍・徳川慶喜による「大政奉還」の舞台にもなり、江戸幕府の始まりと終焉を見届けた場所としても知られています。

二度の火災で天守閣や本丸御殿は焼失していますが、鶯張りの廊下で有名な二の丸御殿は現存し、桃山時代の武家風書院造の形態を伝える重要な遺構として国宝に指定。
天守閣は現在のところ再建されていませんが、本丸御殿は明治期に御所より移築され重要文化財に指定されてます。

城内全体が国の史跡に指定されており、明治期に作庭された芝庭風築山式の洋風庭園「本丸御殿庭園」、小堀遠州作庭の桃山様式の池泉回遊式庭園「二の丸御殿庭園」、さらに昭和期に作庭された和洋折衷の「清流園」の3つの庭園があり、このうち小堀遠州の二の丸庭園が国の特別名勝に指定されています。

現在は春にはしだれ桜の名所として有名なほか、早春の梅林、初夏のツツジ、サツキ、夏のしだれえんじゅ、秋には紅葉など四季折々の草花を楽しむことができます。
ちなみに京都地方気象台が観察する桜の標本木は城内北東角の緑の園内にあり、この木を基準に開花宣言が出されるほか、京都市内の紅葉の見ごろについても二条城のカエデが基準となっています。

イベントも多彩で春の桜のライトアップ、夏の京の七夕や秋の二条城まつり、各流派による大茶会などのほか、市主催のコンサートやイベントの会場として使用されたり、また近年では結婚式のほか、企業の会議や研修、展示会の会場などとして貸し出す事業も行われているようです。

1994年(平成6年)には「古都京都の文化財」の一つとしてユネスコの世界文化遺産にも登録されました。

江戸幕府の始まりと終焉の場所

徳川家康が京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として造営

二条城は1603年(慶長8年)、江戸幕府を開いた徳川家康により、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として造営されました。

造営当時は現在の東側半分、二の丸御殿と天守部分だけでしたが、当時この場所にあった平安京時代の天皇の禁苑・神泉苑の境内の北側の一部が接収され、神泉苑の豊かな水源が利用されて堀が作られたといいます。

その後1626年(寛永3年)の後水尾天皇行幸に備えて、1624年(寛永元年)より3代将軍・徳川家光による大規模な城の改修「寛永の大改修」が行われます。
この際に廃城となった伏見城の天守が移築されたほか、西側に拡張され城域に本丸御殿が建設され、現在の規模になりました。

二度の火災

しかし江戸中期の1750年(寛延3年)、伏見城の遺構を移築した5層の本丸天守は落雷により焼失。天守はその後は再建されることはなく、現在は天守台の石垣だけが残るのみとなっています。

また1788年(天明8年)に市中で発生した「天明の大火」の際には飛び火で御殿や櫓など本丸御殿すべてが焼失しており、現在の本丸御殿は明治期に御所より移築されたものです。

江戸幕府の始まりと終焉の場所

二条城は徳川幕府における京都の拠点の役割を担った城で、家康は完成間もない二条城において将軍就任の祝賀式を行い江戸幕府を開きました。

また1611年(慶長16年)の家康と豊臣秀頼との会見もここで行われており、秀頼の成長ぶりに驚いた家康が徳川氏の天下が覆されるかもしれないとの危機感を抱き、豊臣氏を滅ぼすことを決意し、大阪の陣のきっかけにもなったといわれています。

その後3代将軍・徳川家光が1634年(寛永11年)に上洛して二条城に入城して以来、幕末の1863年(文久3年)に第14代将軍・徳川家茂が入城するまで約230年間将軍の入城はなかったといいます。
ちなみに家茂は1865年に再度上洛し第二次長州征伐の指揮を執るため大坂城へ移りますが、そこで病に倒れ1866年(慶応2年)夏に死去しています。

そして家茂の没後、第15代将軍・徳川慶喜が1866年(慶応2年)に二条城で将軍職を継いだ後、翌1867(慶応3年)に二の丸御殿大広間において「大政奉還」を発表しており、皮肉にも江戸幕府の始まりと終焉の場所となりました。

明治以降は京都府の府庁、皇室の離宮、そして京都市に下賜

明治期に入るとまずは明治新政府の政庁として使用され、1871年(明治4年)に京都府庁が置かれました。

その後1884年(明治17年)には宮内省が管轄する皇室の離宮「二条離宮」となり、1893年(明治26年)には京都御所の今出川門脇の旧桂宮邸より本丸御殿が移築されるなど大改修が行われています。

また1915年(大正4年)、大正天皇即位の儀式である大典の饗宴場として二の丸が使用されており、それに伴い南門や二の丸御殿の附属建物が増築されました。

その後1939年(昭和14年)に宮内省より京都市に下賜され「元離宮二条城」という名称となり現在に至っています。

豪華絢爛な桃山時代の建築様式を今に伝える国宝「二の丸御殿」

二度の火災で天守や本丸御殿は焼亡していますが、二の丸御殿は災害を免れて現存しており、絢爛豪華な建築と内装は桃山時代の武家風書院造の形態を伝える重要な遺構として国宝に指定されています。

狩野派の画家による二の丸御殿の障壁画(1016面)が重文にしていされているほか、諸大名が将軍に謁見する場面を再現した人形、鶯張りの廊下も見どころです。

公家風の瀟洒な旧桂宮御殿を移築した「本丸御殿」

本丸御殿は二度の火災で焼失しており、現在の建物は明治時代に入った1893~94年(明治26-27年)に京都御所にあった旧桂宮御殿を移築したもので、国の重要文化財に指定されています。

「本丸御殿庭園」「二の丸御殿庭園」「清流園」の趣の異なる3つの庭園

二条城は城内全体が国の史跡に指定されていますが、その城内には1896年(明治29年)に完成した芝庭風築山式の洋風庭園「本丸御殿庭園」、小堀遠州が作庭した豪壮な石組みの桃山様式の池泉回遊式庭園「二の丸御殿庭園」、さらに1965年(昭和40年)に造られた和洋折衷の「清流園」と趣きを異にする3つの庭園が存在しています。

このうち小堀遠州が作庭したと伝わる二の丸庭園は国の特別名勝に指定されています。

京都地方気象台が観察する桜の標本木もある桜の名所

二条城は桜の名所としても知られており、その数は50品種約400本。桜の園、清流園、城内西側の3つのエリアを中心に時期や場所によって様々な桜が楽しめることから人気を集めています。

見頃の時期に合わせてライトアップも行われており、箏曲の演奏や茶席、京の名産品展の出店などもあり、城内は華やかな雰囲気に包まれます。

また京都地方気象台が観察する桜の標本木が城内南西角の緑の園内にあり、京都の桜の開花宣言は二条城の桜の木を基準に出されることでも有名です。

二条城の施設案内

西の本丸御殿と東の二の丸御殿

城域はかつて平安京の大内裏があった場所の南東端と、その南にあった禁苑(天皇の庭園)である「神泉苑」跡とにまたがる場所に位置し、東西約500m、南北約400mの長方形の形をしています。

大きく分けると二の丸御殿のある東側と本丸御殿のある西側に分かれますが、上空から見ると西側の城域は東側に比べて南北の幅がやや狭くなっていることが分かります。

この南北の幅が狭くなっている西側部分が3代家光の時代に行われた寛永の大改修によって拡張された部分で、家康による造営当時は現在の東側半分のみでした。

現在の二条城は西側の明治期に旧桂宮御殿を移した本丸御殿(重要文化財)と家康時代に建造された豪壮な二の丸御殿(国宝)で構成され、本丸御殿には本丸庭園、二の丸御殿には二の丸庭園がそれぞれあり、これに加えて北側には清流園と呼ばれる庭園があります。

一般的な拝観順路

拝観受付は堀川通に面した東側にあり、南東にある東大手門から入場すると、まずは城内の南側を通ってまず唐門から二の丸に入場するのが一般的な拝観ルートになります。

その後二の丸御殿内を見学してから、庭園入口となっている冠木門をくぐって二の丸庭園を見学し、内堀の東側にかかる東橋を渡って本丸へと入場していきます。

本丸では本丸御殿、本丸庭園、さらに天守閣跡を見学し、その後内堀の西側にある西橋を渡って城内の西側へ出ると、目の前に休憩所があり、道は左右に分岐します。

この分岐を右に曲がるのが一般的な拝観ルートで、城内の北側をぐるっと回って東大手門へと戻ることができ、途中北側にある清流園や緑の園を見物したり、東側にある展示・収蔵館や休憩所・売店に立ち寄ることができます。

一方左へ曲がると城内の南側をぐるっと回って東大手門へと戻ることができ、途中南側にある梅林や桜の園などを見物していくことができます。

ただ明確に順路が決められている訳ではないため、東大手門をくぐった後に二の丸御殿へ行かずに北の展示・収蔵館や清流園、南の桜の園や梅林などに向かうこともできるようになっています。

東大手門・二の丸御殿

  • 東南隅櫓
    東南隅櫓

     

  • NO IMAGE
    受付

     

  • NO IMAGE
    東大手門

     

  • NO IMAGE
    番所

     

  • NO IMAGE
    築地塀

     

  • NO IMAGE
    唐門

     

  • NO IMAGE
    二の丸御殿

     

  • NO IMAGE
    車寄

     

  • NO IMAGE
    遠侍

     

  • NO IMAGE
    式台

     

  • NO IMAGE
    大広間

     

  • NO IMAGE
    蘇鉄の間

     

  • NO IMAGE
    黒書院

     

  • NO IMAGE
    白書院

     

  • NO IMAGE
    釣鐘

     

  • NO IMAGE
    冠木門(庭園入口)

     

  • NO IMAGE
    二の丸庭園(八陣の庭)

     

  • NO IMAGE
    蓬莱島

     

  • NO IMAGE
    滝口

     

  • NO IMAGE
    蘇鉄

     

  • NO IMAGE
    二階廊下・溜蔵跡

     

  • NO IMAGE
    桃山門

     

  • NO IMAGE
    鳴子門

     

本丸御殿

  • NO IMAGE
    東橋

     

  • NO IMAGE
    内堀

     

  • NO IMAGE
    本丸楼門

     

  • NO IMAGE
    本丸御殿

     

  • NO IMAGE
    玄関

     

  • NO IMAGE
    書院

     

  • NO IMAGE
    台所

     

  • NO IMAGE
    雁之間

     

  • NO IMAGE
    御常御殿

     

  • NO IMAGE
    本丸庭園

     

  • NO IMAGE
    石段

     

  • NO IMAGE
    天守閣跡

     

  • NO IMAGE
    塀重門

     

  • NO IMAGE
    西虎口

     

  • NO IMAGE
    西橋

     

  • NO IMAGE
    休憩所

     

  • NO IMAGE
    旧二条城の石垣

     

  • NO IMAGE
    西南土蔵(米蔵)

     

  • NO IMAGE
    外苑

     

  • NO IMAGE
    梅林

     

  • NO IMAGE
    桜の園

     

  • NO IMAGE
    南中仕切門

     

苗園・清流園

  • NO IMAGE
    西北土蔵(米蔵)

     

  • NO IMAGE
    苗園

     

  • NO IMAGE
    北中仕切門

     

  • NO IMAGE
    和楽庵

     

  • NO IMAGE
    加茂七石

     

  • NO IMAGE
    香雲亭

     

  • NO IMAGE
    清流園

     

  • NO IMAGE
    清流園休憩所

     

緑の園・展示・収蔵館

  • NO IMAGE
    緑の園

     

  • NO IMAGE
    土蔵(米蔵)

     

  • NO IMAGE
    長屋門

     

  • NO IMAGE
    台所

     

  • NO IMAGE
    御清所

     

  • NO IMAGE
    収蔵庫

     

  • NO IMAGE
    展示・収蔵館

     

  • NO IMAGE
    休憩所・売店

     

  • NO IMAGE
    事務所

     

外堀

  • NO IMAGE
    外堀

     

  • NO IMAGE
    北大手門

     

  • NO IMAGE
    西門

     

  • NO IMAGE
    西南隅櫓

     

  • NO IMAGE
    二条城撮影所跡

     

  • NO IMAGE
    平安京跡 神泉苑 西端線

     

  • NO IMAGE
    平安京跡 神泉苑 東端線

     

  • NO IMAGE
    南門

     

関連

  • NO IMAGE
    旧二条城跡

     

  • NO IMAGE
    旧二条城の復元石垣

     

二条城の主な年間行事・カレンダー

イベントスケジュール

3月下~4月上
二条城ライトアップ

山桜や里桜、八重紅枝垂桜など約220本の桜や庭園などを600個を越えるライトにより華麗にライトアップするとともに、通路を足下灯で照らし幽玄の世界を創出する
箏曲の演奏や茶席、京の名産品展の出店もある
2016年は二の丸御殿台所(重文)の公開や唐門では初めてとなるプロジェクション・マッピングも開催された
18:00~21:30

4月上
観桜茶会(かんおうちゃかい)清流園

通常非公開の庭園「清流園」の桜の下にて表千家によるお茶会を開催
茶席三席と点心席、晴天の場合は野点席も 10:00~15:00、有料

5/3~5/5
市民煎茶の会(しみんせんちゃのかい)清流園

京都家元会の煎茶道六流派の協力の下、各流派が5月の連休3日間に1日2流派ずつ交代で茶席を設ける人気のお茶会
1955年(昭和30年)から毎年開催されている京都の春の風物詩
通常非公開の「清流園」にて新緑の美しい景色眺めながら煎茶を満喫できるほか、国宝の二の丸御殿、二の丸庭園も鑑賞できる
10:00~15:00(受付14:00まで、晴雨不問)、有料
煎茶道六流派とは皇風煎茶禮式流(こうふうせんちゃれいしきりゅう)・泰山流(たいざんりゅう)・小川流(おがわりゅう)・玉川遠州流(ぎょくせんえんしゅうりゅう)・賣茶本流(ばいさほんりゅう)・瑞芳菴流(ずいほうあんりゅう)

8月上~8月中
京の七夕(きょうのたなばた)

京都の夏の風物詩として旧暦の七夕にあたる8月に盛大に開催される一大イベントで、幻想的なライトアップや各種イベントが催される
堀川通を挟んで向かいの堀川会場はメイン会場の一つ
2016年は新たに二条城会場が独立して追加され、夜間特別公開・二之丸庭園ライトアップなどが行われた

10月下~12月上
二条城まつり(にじょうじょうまつり)

世界遺産・二条城の多彩な魅力を知ってもらう京都市主催のイベント
国宝・重要文化財建造物等の公開を通して文化財保護の大切さを広く伝えるほか、多彩なイベントが開催される
市民大茶会、京都を代表する老舗が一堂に集う「京の老舗名産品展」、パフォーマーや地元の高校生が登場するステージイベント、生け花や日本刀の展示、着物着付け体験など

10月下~11月上の3日間
市民大茶会(しみんだいちゃかい)清流園

裏千家・表千家・藪内家各流派による大茶会
通常非公開の「清流園」内の和楽庵・香雲亭にて紅葉に染まる美しい庭園を眺めながら各流派の本格的なお点前を満喫できるほか、国宝の二の丸御殿、二の丸庭園も鑑賞できる
9:30~15:00(晴雨不問)、有料、2016年で第62回目

年末年始
二条城庭園年末年始公開

琴の音色が響く城内で二の丸庭園・本丸庭園・清流園の3つの庭園の鑑賞や展示・収蔵館の公開など、「京都ならではの年末年始」を堪能できる(二の丸御殿内は公開なし)

花ごよみ

12~4月
椿(ツバキ)

1953年(昭和28年)頃より武田一乗寺農場・宝鏡寺・東京農業大学厚木農場などより譲り受けたものを植栽し繁殖
2007年(平成19年)3月の調査で90種400本が確認され、中でも北中仕切門~西北米蔵西側までの間に80品種約240本が集中する
12月頃より少しずつ咲き始め、3月下~4月中旬に集中して咲く

2~3月
梅(ウメ)

城内西側の本丸御殿の南西にある「梅林」は1954年(昭和29年)にかし林を伐採開墾し梅の木を植樹しその後拡張整備されたもので、梅林の中から内堀や天守台を望むこともできる
1本の木が紅白の花をつける珍しい「源平咲き分け(げんぺいさきわけ)」のほか枝垂れ梅・白梅・紅梅・桃色梅など約130本

3月下~4月下
桜(サクラ)

城内に50品種約400本
時期や場所によって様々な桜が楽しめる
里桜を中心に、山桜・染井吉野・紅しだれ桜など有名な桜はもちろん、緑色のめしべが珍しい普賢桜や大きい花とねじれた花弁が特徴的な福禄寿・手弱女の珍しい桜も
見頃の時期に合わせて「ライトアップ」も行われる

桜の園、清流園、城内西側の3つのエリアが中心

本丸庭園を抜けた最奥の「城内西側」は八重紅枝垂桜の並木道が続き美しく、本丸の石垣と桜のコラボも楽しめる
内堀南側の「桜の園」では里桜
拝観経路終盤の城内北東にある「清流園」では山桜、染井吉野を中心に八重紅枝垂桜も、また香雲亭のそばに里桜「仙台屋」

他に
東大手門より入場してすぐの所に早咲きの寒緋桜(カンヒザクラ)

二の丸入口の唐門(重文)横に「御所御車返し(ごしょみくるまがえし)」
元は京都御所にあった里桜の一種で、名前の由来は後水尾天皇がその美しさに御車を引き返したという逸話から
二の丸庭園内にも同じ御所御車返しの桜がある

緑の園の北大手門そばにある八重紅枝垂桜があり、記念撮影ポイントとして人気

また京都地方気象台が観察する桜の標本木は城内北東角の「緑の園」内にあり、この木を基準に開花宣言が出される

4月下~5月上
躑躅(ツツジ)

久留米躑躅(クルメツツジ)は城内西部、ヤエベニシダレの下に植えられており、桜が散る頃に咲き始める
その他大紫躑躅(オオムラサキツツジ)が本丸庭園や二の丸庭園や二の丸御殿の周囲など城内各所で見られる

5~6月
皐月(サツキ)

本丸庭園や清流園、城内西側の参道東側

5~6月
ピラカンサ(タチバナモドキ)●

外堀の生垣の東側南端と西側の南端

7~10月
百日紅(サルスベリ)

清流園に2本、本丸天守閣の東に1本

7月下~8月上
枝垂槐(シダレエンジュ)●

城内西側の参道沿いや城内北東の参道沿い
中国では古来より出世の樹木として中庭や玄関の両脇などに植える風習がある縁起の良い木だという

11~12月
紅葉(こうよう)

清流園が一番の見所
他にもモミジのほか、サクラやドウダンツツジなど、多くの落葉樹が城内の各所で紅葉する

11~12月
銀杏(イチョウ)

長屋門の横、城内西側の休憩所そば、清流園にイチョウの並木

二条城のギャラリー

二条城の口コミ


TOPへ

access-rank