天寧寺 京都観光

天寧寺

天寧寺

 

 

天寧寺とは?(基本データ)

名前
天寧寺(てんねいじ)
エリア
京都御所
ジャンル

寺社 市天然記念物 百日紅 酔芙蓉 秋明菊 杜鵑草 釈迦三十二禅刹

建立・設立
1592年(文録元年)
創始者
傑堂能勝(楠木正成の末男)
宗派
曹洞宗
山号
萬松山(ばんしょうざん)
本尊
釈迦如来
寺紋
 
札所等
釈迦三十二禅刹 第5番
アクセス
  • 京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車 徒歩約5分
  • 京都市営バス「出雲路橋」(37号系統)下車 徒歩約5分
  • 京都バス「出雲路橋」(30・26急行系統)下車 徒歩約5分
駐車場
5台(無料)
拝観料
境内自由・無料
お休み
-
拝観時間
-
住所
〒603-8138
京都府京都市北区寺町通鞍馬口下る天寧寺門前町301
電話
075-231-5627
FAX
-
公式サイト
天寧寺 曹洞禅ナビ
萬松山 天寧寺 曹洞宗近畿管区教化センター

天寧寺の地図

天寧寺のみどころ (Point in Check)

京都市北区寺町通鞍馬口下る天寧寺門前町、京都御苑の北側、寺町通と鞍馬口通の交差点の南東に位置する曹洞宗の寺院。

元々は福島県の会津城下にあったといい、創建したのは鎌倉末期から南北朝時代にかけて活躍した河内の武将・楠木正成の孫にあたるとされ、越後や東北南部、関東北部の曹洞宗の発展に貢献した禅僧・傑堂能勝(けつどうのうしょう 1355-1427)で、境内にみられる正成の家紋・菊水の紋がそれを物語っています。

その後、天正年間(1573-92)に伊達政宗(だてまさむね 1567-1636)が会津に攻め入ったことから京都へと移されることとなり、1571年(元亀2年)の織田信長による比叡山焼き討ちにより廃寺となった天台宗松陰坊の跡とされる現在地へと移転しました。
その際には上杉家の重臣・直江兼続(なおえかねつぐ 1560-1620)や京都所司代の板倉勝重(いたくらかつしげ 1545-1624)らが復興に力を貸したと伝わっています。

1788年(天明8年)の「天明の大火」では堂宇を焼失していますが、江戸後期の1812年(文化9年)に本堂、1842年(天保14年)には書院を再建。
この本堂と書院はいずれも京都御所で女官が使っていた建物を移築したもので、宮中の建物が寺院の建物として使われているのは大変珍しいことから、京都市の文化財にも指定されています。

本堂には仏師春日作と伝わる本尊・釈迦如来像、観音堂には後水尾天皇の念持仏「聖観音像」および東福門院の念持仏「薬師如来像」を安置。

また境内墓地には江戸前期の有名な茶人で公家流茶道宗和流の初代・金森宗和(かなもりそうわ 1584-1657)とその母親や、剣道示現流の開祖といわれる善吉和尚(ぜんきつおしょう)らの墓があり、とりわけ金森宗和についてはこの他にも縁のあるものが多く残されており、宗和の像をはじめ、宗和が宇治のお茶の木で作ったと伝わる「千利休像」、また宗和の指導を受けた陶芸家の野々村仁清の「銹絵水仙図茶碗(さびえすいせんずちゃわん)」などを所蔵しているといいます。

そして境内の一番の見どころといえるのが「額縁門」と呼ばれる山門からの景色で、山門を通して眺める比叡山の眺望が、まるで額縁に入れた絵画を鑑賞しているかのように見えるところからこのように呼ばれています。

また花の寺としても知られており、しだれ桜や百日紅、椿、秋明菊、もみじなどを楽しむことができます。

天寧寺の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    山門

    比叡山を借景とした「額縁門」で有名

  • NO IMAGE
    本堂

    市文化財
    仏師春田作と伝える本尊釈迦如来像を安置

  • NO IMAGE
    書院

    市文化財

  • NO IMAGE
    表門

     

  • NO IMAGE
    観音堂

    後水尾天皇の念持仏聖観音像及び東福門院の念持仏薬師薬師如来像を安置

  • NO IMAGE
    庫裏

     

  • NO IMAGE
    鐘楼

     

  • NO IMAGE
    カヤの木

    高さ16mで京都市の天然記念物に指定
    落雷や1788年(天明8年)の「天明の大火」の焼け跡が残っている

  • NO IMAGE
    稲荷大神

    門を入ってすぐ

  • NO IMAGE
    わらべ地蔵

     

  • NO IMAGE
    五輪塔

     

  • NO IMAGE
    九重石塔

     

  • NO IMAGE
    蹲踞

     

  • NO IMAGE
    境内墓地

    江戸時代の茶人・金森宗和や剣道示現流の開祖・善吉和尚らの墓がある

周辺

天寧寺の主な年間行事・カレンダー

年中行事

3月春分の日
春彼岸施食会

 

9月秋分の日
秋彼岸施食会

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
桜(サクラ)

 

 
百日紅(サルスベリ)

 

8月下~9月下
酔芙蓉(スイフヨウ)

 

 
秋明菊(シュウメイギク)

 

10月下
杜鵑草(ホトトギス)

 

天寧寺のレポート・旅行記

    表示する記事はありません

もっと記事を見る

天寧寺の口コミ

平均:  
 (0 件のレビュー)
口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

口コミを投稿する

TOPへ

access-rank