秋明菊(シュウメイギク) 目的で探す 京都の自然 花ごよみ

秋明菊(シュウメイギク)(Japanese Anemone)

秋明菊(シュウメイギク)

秋明菊とは?

秋に菊に似た花を咲かせ、貴船に多く自生し「貴船菊」の別名を持つ

DATA

学名は「Anemone Hupehensis」、英名は「Japanese Anemone」。「貴船菊(キセンギク・キブネギク)」の別名あり。
キンポウゲ(金鳳花)科イチリンソウ属(アネモネ属)の多年草植物。
9月~10月にかけ、風になびく細長く伸びた茎の先に菊の花に似た3~5cmの可憐な花を咲かせる(ただし花びらのように見えるのは萼(がく))、花の色は白やピンク、淡紅紫色。
中国原産、日本にも自生するが古い時代に中国から渡来し、耐寒性が強く日陰でも育つことから野生化したという説が有力で本州や四国、九州に分布。
高さは50cm~1m、交配種の中には1.5mほどになるものも。

名前の由来

和名の「秋明菊」は秋に菊に似た花を咲かせるというところからきているが、学名・英名にあるように菊の仲間ではなくアネモネの仲間、中国では「秋牡丹」。
別名の「貴船菊」は京都市北部の貴船山に多く見られることから。
「Anemone」はギリシャ語で風を意味する「anemos」からきている言葉らしい。

歴史

江戸前期の園芸家・水野元勝が著した日本最初の園芸書「花壇綱目(かだんこうもく)」に「秋明菊」の名前で記載があるほか、1709年(宝永7年)に儒学者で本草学者としても知られる貝原益軒が編纂した「大和本草(やまとほんそう)」には中国名の「秋牡丹」で記載がある。

それ以外にも「貴船菊」や「しめ菊」「紫衣菊」「加賀菊」「越前菊」「唐菊」「高麗菊」「秋芍薬」など様々な別名を持ち文献等にも記載が見られるため、日本へ渡来した明確な時期は分かっていない。

ただ室町中期1444年(文安元年)の国語辞書「下学集(かがくしゅう)」では、中国へ渡航した修行僧が持ち帰り日本にはない「黄泉の国の秋に咲く菊」として「秋冥菊」と名付けたとあり、鎌倉後期~室町初期には日本に渡来していたものと考えられている。

利用・用途

観賞用として栽培されるほか、各地の山野や里山に自生。切り花をはじめ花壇や鉢植えに広く利用されている。

よく似た植物

19世紀中頃にネパール原産のアネモネ・ビティフォリアと掛け合わせて海外で作られた園芸品種「アネモネ・ヒブリダ」が逆輸入されて広く普及しており、それ以外の交配種も含めて総称的に「シュウメイギク」と呼ばれることが多い。

京都の秋明菊スポット

寺社名 エリア ポイント
天寧寺 天寧寺 京都御所 鞍馬口、比叡山を借景とした額縁門で有名
善峯寺(善峰寺) 善峯寺
(善峰寺)
西山 9月中~10月中旬、多宝塔や本坊前参道、幸福地蔵堂前など、境内全域に約5000本の秋明菊が自生し、京都有数の名所として知られる
一番の見所は本坊庭園で10月には特別公開も、花の色は白色と薄いピンクの一重と、濃いピンクの八重
金蔵寺 金蔵寺 西山 紅葉の隠れた名所として知られる
本堂へ向かう途中の石段の両側やその手前の広場に赤い花々
三室戸寺 三室戸寺 宇治 10~11月頃、白と赤の八重シュウメイギク
NO IMAGE 宗蓮寺
(貴船菊の寺)
紫野・鷹ヶ峯 北区中川北山町 高雄から国道162号(周山街道)を更に北へ進んだ位置 薄紅色と白の花
詩仙堂 詩仙堂 一乗寺・修学院 10月中旬、石川丈山作の庭園では四季折々の草花が楽しめる
貴船神社 貴船神社 鞍馬・貴船 9月下~10月下旬、貴船で多く見られることから「貴船菊」の別名を持つが、野生のものは激減しているという
それでも境内には白やピンク色の花をあちらこちらで見ることができる
実光院 実光院 大原・八瀬・比叡山 外庭
NO IMAGE ガーデンミュージアム比叡 大原・八瀬・比叡山 秋は藤の丘がコスモスに植え替えられ、あちらこちらにシュウメイギクも咲き始める

TOPへ