桂林寺 京都観光

桂林寺

桂林寺

西舞鶴・愛宕山の麓に位置し丹後有数の歴史を誇る禅寺

曹洞宗中本山。西舞鶴市街地の西、愛宕山の麓に位置。 関ヶ原の戦い前哨戦の田辺城籠城戦で細川幽斎を支援し絹本著色仏涅槃図や梵鐘の寄進を受けた歴史を持つ。 中国文化の影響が色濃い境内には市内最大の山門に唐風の鐘楼門、下層を通路とした珍しい竜宮門形式の鐘楼堂や八角形の石灯籠、仏足石も見所

桂林寺とは?(基本データ)

名前
桂林寺(けいりんじ)
エリア
舞鶴
ジャンル

寺社 紅葉

建立・設立
565年(欽明天皇26年)、勅願により「薬師寺」として開かれたのがはじまりという古い歴史(のち「洞林寺」に改称)
1401年(応永8年)、竺翁雄仙(ちくおうゆうせん)が曹洞宗に改宗
1451年(宝徳3年)、当時の佐武ケ嶽城主・坂根修理亮が父親である桂林院の菩提を弔うために堂宇を増築、寺領30石を寄進し寺号を「桂林寺」に改称(実質的な開創)
1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いの際6世住持の大渓は弟子十数人を率いて田辺城に籠城した細川幽斎を支援し、その功績に対し細川家より阿弥陀像と絹本著色仏涅槃図、梵鐘が寄進される
江戸時代、歴代藩主である京極家や牧野家から庇護され寺運が隆盛、末寺30余寺を擁する曹洞宗中本山として大きな影響力を持つように
創始者
[開基] 竺翁雄仙(ちくおうゆうせん)
宗派
曹洞宗
山号
天香山
本尊
阿弥陀如来
寺紋
輪違い紋
アクセス
  • JR舞鶴線「西舞鶴」駅下車 徒歩約10分
  • 丹鉄宮舞線「西舞鶴」駅下車 徒歩約10分
  • 京都交通バス「西舞鶴駅前」下車 徒歩約10分
  • 舞鶴観光周遊ループバス(まちなかループ)「JR西舞鶴駅前」下車 徒歩約10分(4月~11月の土日祝)
  • 舞鶴若狭自動車道「舞鶴西IC」より約10分
駐車場
山門手前に複数あり
拝観料
無料
お休み
無休
拝観時間
境内自由
住所
〒624-0936
京都府舞鶴市紺谷69
電話
0773-75-0168
FAX
-
公式サイト
天香山 桂林寺 曹洞宗近畿管区教化センター
桂林寺 曹洞禅ナビ
桂林寺 数珠巡礼 オフィシャルサイト

桂林寺の地図

桂林寺のみどころ (Point in Check)

京都府舞鶴市紺屋、舞鶴市の中央部、西舞鶴市街地の西にある愛宕山の東麓にある禅宗寺院で曹洞宗の中本山。
末寺は34か寺(36ともするが今は30とも)を数え、丹後有数の歴史を誇り壮大な伽藍を有する寺院です。

山号はこの裏山の愛宕山を古代にはそう呼んだという天香山(あめのかぐやま)で、本尊は阿弥陀如来、薬師如来。

創建は不詳ですが、寺伝によれば565年(欽明天皇26年)に勅願により開かれ、麻呂子親王作の薬師如来を本尊とする「薬師寺」を前身とするといわれています。
これは貞和4年正月13日付の惟宗保音山林畠等寄進状案に「薬師寺分是者八幡宮の分」「慈音寺為薬師寺領之内」などと見え、八幡宮は桂林寺の鎮守で、慈音寺は塔頭となる寺であり、その関係が伺えるためです。

その後、1401年(応永8年)に丹波国村雲部(現在の兵庫県篠山市)の洞光寺第4世・竺翁雄山(ちくおうゆうせん)により曹洞宗に改められ、この時の寺号は「洞林寺(とうりんじ)」といい、最初は七日市の付近にあったといいます。

洞林寺から桂林寺への寺号の変更や現在地への移転の時期については明確ではないといいますが、1451年(宝徳3年)、当時の佐武ケ嶽城主・坂根修理亮が、父親である桂林院の菩提を弔うために堂宇を増築し、寺領30石を寄進するとともに寺号を「桂林寺」に改称したとする説もあるといわれています。

そして戦国時代には、田辺城を築いてこの地を治めた戦国武将・細川藤孝(幽斎)の保護を受けたことで知られ、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」に際しては6世住持の大渓(たいけい)が弟子十数人を率いて城入りし田辺城に籠城した幽斎を支援しています。
この点、衆徒の働きは大きかったといわれており、その功績に対して細川家から仏涅槃図や梵鐘が寄進されています。

江戸時代に入ると歴代藩主である京極家や牧野家から庇護されて寺運は隆盛し、曹洞宗中本山として大きな影響力を持つようになり、「丹後国加佐郡旧語集」によると、桂林寺は寺領30石、境内1,700坪、末寺は34か寺を数え、寺観は、客殿・方丈・庫裡・衆寮・禅室・鐘楼・山門・経蔵・総門の諸堂宇を有したといいます。

現在においても本堂以下の伽藍を完備していますが、中でも中国風の総門が印象的です。

また寺の鎮守である「八幡社」の社頭に立つ八角形の石燈籠は、鎌倉後期の作で、全体的に重みがあり、丹後地方の石燈籠の特徴を示す代表的作例として国の重要美術品に認定されています。

この他にも前述の田辺城主・細川忠興による寄進の室町期作の絹本着色「仏涅槃図」および梵鐘が市文化財に指定。
また本堂を改修し本尊の阿弥陀如来像の隣に安置された十一面観音菩薩立像「大観音」は、京都市西京区の仏師・松本明慶が2010年(平成22年)春から4年以上かけて制作し、2014年(平成26年)10月に開眼された高さ約5mに及ぶ木造の観音像です。

桂林寺の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    八幡通り

    大手八幡の方から境内へ通じる参道

  • NO IMAGE
    八幡橋

    高野川に架かる橋

  • NO IMAGE
    駐車場

    山門手前に複数ある

  • NO IMAGE
    山門

    薬医門

  • NO IMAGE
    石段

     

  • NO IMAGE
    紅枝垂桜

    山門前

  • NO IMAGE
    仁王門

    背後に回廊付

  • NO IMAGE
    石段

     

  • NO IMAGE
    鐘楼門

    下層を通路とした竜宮門形式

  • NO IMAGE
    本堂

     

  • NO IMAGE
    手水舎

     

  • NO IMAGE
    玄関

    本堂右手

  • NO IMAGE
    庫裏

    本堂右手

  • NO IMAGE
    座禅堂

    本堂左手

  • NO IMAGE
    八幡神社

    境内南側にある鎮守、手前に鳥居

  • NO IMAGE
    石燈籠

    八幡神社境内

  • NO IMAGE
    天香観世音菩薩座像

     

  • NO IMAGE
    愛宕山

     

周辺

桂林寺の主な年間行事・カレンダー

年中行事

1/8
大般若会

 

2/3
節分祭

八幡神社の祭典
8:00より19:30まで節分祈祷のほか、甘酒接待

4/29
開山忌

10:00より開山忌法要のほか、11:00から講演会、ライブ、コンサートなども

11/5
達磨忌

 

12/31
除夜の鐘・年越まいり

23:30より鐘楼門に掛かる市指定文化財の梵鐘を撞くことができる
境内のライトアップや年越しそばの接待も

月並行事

毎月8日
坐禅会

5:30~7:00
一般参加可(無料)、坐禅、読経、朝粥

毎月第2・第4水曜
梅花講

14:00~16:00

年4回
法話の会

 

花ごよみ

 
桜(サクラ)

 

 
蓮(ハス)

本堂前に鉢植え

 
紅葉(こうよう)

 

桂林寺のレポート・旅行記

    表示する記事はありません

もっと記事を見る

桂林寺の口コミ

平均:  
 (0 件のレビュー)
口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

口コミを投稿する

TOPへ

access-rank