圓光寺 京都観光

圓光寺

詳細地図

閉じる

圓光寺

家康が学問所として開設、国内最古の活字木版が現存

家康が伏見に開いた学問所が起源。明治以降臨済宗の尼寺として再建され現在は南禅寺の研修道場。 初期の活字印刷圓光寺版を出版し国内最古の木活字の仏典木版5万個が現存。運慶作千手観音像、円山応挙の竹林図屏風など国内有数の美術作品も所蔵。 洛北最古の栖龍池を中心に紅葉の名所で水琴窟も有名

圓光寺とは?(基本データ)

名前
圓光寺(えんこうじ)
エリア
一乗寺・修学院
ジャンル

寺社 紅葉 石楠花 梅擬 坐禅体験

建立・設立
1601年(慶長6年)、家康の文治政策の一環で伏見に学問所として創設
1667年(寛文7年)、現在地に移転
創始者
[開基] 徳川家康
[開山] 閑室元桔(三要)(足利学校9代庠主)
宗派
臨済宗南禅寺派
山号
瑞巌山(ずいがんさん)
本尊
千手観音
寺紋
三つ葉葵
札所等
京都洛北・森と水の会(修学院・一乗寺エリア)
アクセス
  • 叡山電鉄叡山本線「一乗寺」駅下車 曼殊院道を東へ徒歩約15分
  • 京都市営バス「一乗寺下り松町」(5・北8号系統)下車 東へ徒歩約10分
  • 京都バス「一乗寺下り松町」(18・56系統)下車 東へ徒歩約10分
駐車場
20台 無料
※11月(紅葉の時期)は使用不可
拝観料
大人 500円
中・高生 400円
小学生 300円
お休み
無休
拝観時間
9:00~17:00
住所
〒606-8147
京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
電話
075-781-8025
FAX
075-781-8035
公式サイト
京都 洛北 圓光寺
圓光寺 Facebook
圓光寺 京都洛北・森と水の会

圓光寺の地図

圓光寺のみどころ (Point in Check)

京都市左京区一乗寺小谷町にある臨済宗南禅寺派の寺院。

山号は瑞巌山(ずいがんさん)。
本尊は運慶作と伝わる千手観世音菩薩坐像

「関ヶ原の戦い」の直後の1601年(慶長6年)、徳川家康が国内教学の発展を図るための文治政策として、下野足利学校第9代学頭・閑室元佶(かんしつげんきつ)(三要)を招いて伏見城下に学問所を開いたのがはじまり。
学問所が開かれると僧俗を問わず入学が許されたといい、開かれた校風は多くの学僧や絵師、墨跡文人たちを育み、日本文化の発展において大きな役割を果たしました。

その後、京都御所の北側にある相国寺山内に移った後、1667年(寛文7年)に一乗寺小谷町の現在地に移転。

明治維新でいったんは荒廃しますが、その後尼僧専門の修行道場として再興され、女人救済の場としても知られるようになり、現在は南禅寺派の研修道場として「坐禅会」なども実施されています。

また徳川家康の命により、日本における初期の活字本の一つである「伏見版」の印刷事業が行われたことでも知られ、「孔子家語(こうしけご)」「貞観政要(じょうがんせいよう)」「三略」など儒学・兵法関連の多くの書籍を刊行。これらの書物は「伏見版」ないし「圓光寺版」と称されました。

そして家康から贈られこれらの書籍の出版に使用された日本最古の木活字約5万個は現存しており、日本の出版文化の歴史を知る上で貴重な資料であるとして国の重文にも指定されています。

この他にも寺宝として、狩野孝信作で重文の「絹本着色開山元佶禅師像」や●紙本墨画竹林図屏風六曲 雨竹風竹屏風図(円山応拳作)は重文●。

庭園は山門を上ると枯山水の「奔龍庭」、そして更に中門を抜けると本堂前に池泉回遊式庭園の「十牛之庭」があり、このうち十牛之庭は、禅において悟りにいたる修行の過程の10段階を、牛を追う童子の様で10枚の絵に表現した「十牛図(じゅうぎゅうず)」を題材にして造られており、庭には十牛にちなんで牛に似た10の岩石が配されてているのが大きな特徴です。

また洛北で最も古いと言われる「栖龍池(せいりゅうち)」と、本堂前には妙音を奏でる「水琴窟(すいきんくつ)」もあるほか、楓と苔が美しいことでも有名。

とりわけ秋は紅葉の名所として知られ、燃えるような真っ赤な紅葉で包まれる庭園を書院から眺めると、敷居と柱を額縁代わりにまるで絵画のような「額縁紅葉」が楽しめることで人気を集めています。
また見頃の終盤には、地面いっぱいに敷き詰められた美しい「敷き紅葉」を楽しむことができ、シーズンを通して国内外から多くの参拝者が訪れます。

この他にも春の新緑の季節や、夏の百日紅の花も見事です。

境内の奥、竹林の中から続く遊歩道を進み、鐘堂を過ぎて階段を上った山上には、開基でもある徳川家康を祀った東照宮があり、裏山からは京都市内が一望できるほか、上から見下ろす形で「十牛之庭」を眺めることができ、また墓地内にはNHKの大河ドラマの第1作である「花の生涯」のヒロインとして知られる村山たか女や、広島の原爆で亡くなったマレーシア留学生サイド・オマール氏などの墓があることでも知られています。

圓光寺の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    山門

     

  • NO IMAGE
    石標

     

  • NO IMAGE
    駐車場

     

  • NO IMAGE
    受付

     

  • NO IMAGE
    松並木

     

  • NO IMAGE
    生垣

     

  • NO IMAGE
    淡桜園

     

  • NO IMAGE
    南嶺枝垂桜

     

  • NO IMAGE
    供養塔

     

  • NO IMAGE
    奔龍庭

     

  • NO IMAGE
    庫裏

     

  • NO IMAGE
    玄関

     

  • NO IMAGE
    本堂

     

  • NO IMAGE
    中門

     

  • NO IMAGE
    書院

     

  • NO IMAGE
    十牛の庭

     

  • NO IMAGE
    額縁紅葉

     

  • NO IMAGE
    水琴窟

     

  • NO IMAGE
    庭園

     

  • NO IMAGE
    待月庵(茶室)

     

  • NO IMAGE
    東司(御手洗)

     

  • NO IMAGE
    蟠龍窟(坐禅堂)

     

  • NO IMAGE
    鐘楼

     

  • NO IMAGE
    居眠り小僧

     

  • NO IMAGE
    臥牛石

     

  • NO IMAGE
    栖龍池

     

  • NO IMAGE
    瑞雲閣(宝物殿)

     

  • NO IMAGE
    花頭窓

     

  • NO IMAGE
    木活字

     

  • NO IMAGE
    伊佐句碑

     

  • NO IMAGE
    わらべ地蔵

     

  • NO IMAGE
    応挙竹林

     

  • NO IMAGE
    望久太郎句碑

     

  • NO IMAGE
    案内板

     

  • NO IMAGE
    霊園

     

  • NO IMAGE
    サイド・オマール氏の墓

     

  • NO IMAGE
    村山たか女の墓

     

  • NO IMAGE
    東照宮

     

  • NO IMAGE
    展望台

     

周辺

圓光寺の主な年間行事・カレンダー

年中行事

9月第1日曜
サイド・オマール法要

 

月並行事

毎週日曜
日曜早朝坐禅会

早朝6:00~8:00
暁天坐禅・作務・法話・ 粥坐(朝食)

花ごよみ

3月下~4月下
桜(サクラ)

淡桜園の枝垂桜を中心に30本程度

 
石楠花(シャクナゲ)

枯山水の奔龍庭前、栖龍池の周辺、鐘楼前、禅堂の裏などで淡いピンクの花

 
紅葉(こうよう)

 

12月上~1月下
梅擬(ウメモドキ)

 

圓光寺のギャラリー

圓光寺の口コミ


TOPへ

access-rank