放生院(橋寺) 京都観光

放生院(橋寺)

放生院(橋寺)

 

 

放生院(橋寺)とは?(基本データ)

名前
放生院(橋寺)(ほうじょういん(はしでら))
エリア
宇治
ジャンル

寺社 通称寺 ご供養さん

建立・設立
伝・604年(推古12年)
1286年(弘安9年)中興
創始者
[発願] 伝・聖徳太子
[開基] 秦河勝
[中興] 叡尊
宗派
真言律宗
山号
雨宝山
本尊
地蔵菩薩立像
ご利益
交通安全
安産、厄除け、縁結び
寺紋
 
札所等
真言律宗ぼさつの寺めぐり
通称寺の会(京の通称寺霊場)
アクセス
  • 京阪宇治線「宇治」駅下車 南へ徒歩約5分
  • JR奈良線「宇治」駅下車 東へ徒歩約15分
  • 京阪バス「宇治橋西詰」(21・22A・23・27・40・40A・41・41A・44・45A・180・182・184・240・240A・250・250A系統)下車 徒歩約5分
  • 京阪バス「京阪宇治駅」(21・22A・23・27・40・40A・41・41A・44・45A・103・180・182・184・240・240A・250・250A系統)下車 徒歩約5分
  • 京滋バイパス「宇治東IC」より約5分
駐車場
なし
拝観料
境内自由
├宇治橋断碑拝観のみ 200円
├本堂拝観 300円
└小学生以下 無料
※断碑の見学は要問い合わせ
お休み
無休
拝観時間
夏季(4/1~10/31) 9:00~17:00
冬季(11/1~3/31) 9:00~16:00
住所
〒611-0021
京都府宇治市宇治東内11
電話
0774-21-2662
FAX
-
公式サイト
橋寺(放生院) 通称寺の会

放生院(橋寺)の地図

放生院(橋寺)のみどころ (Point in Check)

京都府宇治市宇治東内、京阪宇治駅そばにある宇治橋東詰から南へ100mほどの所にある真言律宗の寺院。
正式名は「放生院常光寺」で、山号は雨宝山、寺号は常光寺、本尊は地蔵菩薩。

寺伝によると、604年(推古天皇12年)、聖徳太子の発願により側近で広隆寺を建立したことでも知られる秦河勝(はたのかわかつ)が建立と伝わります。

そして646年(大化2年)に境内のすぐそばに「宇治橋」が架けられて以来、その橋の管理を任されたことから「橋寺(はしでら)」の通称名で呼ばれるようになりました。
ちなみにこの架橋は宇治川のものでは最古と考えられ、「日本三古橋」にも数えられています。

その後、1286年(弘安9年)に宇治橋が再興された際、西大寺の僧・叡尊が浮島に十三重石塔を建立し大放生会(橋供養)が営んだことから「放生院」と名付けられ、一般にはこの時期に建立と考えられています。
また叡尊思円(1201-90)は鎌倉時代の律宗の僧で、奈良西大寺中興の祖でもあり、貧民の受戒、殺生禁断、架橋など社会事業に尽くした人物です。

室町時代の1479年(文明11年)に兵火に遭い、この時には室町幕府の援助などにより復興されますが、江戸時代の寛永8年(1631年)にも火災に遭い焼失しています。

本堂には鎌倉後期作の本尊・地蔵菩薩立像、および平安時代の不動明王立像を安置し、ともに国の重文に指定。
このうち地蔵菩薩像は高さ1.9m、金箔、極彩色の衣を身にまとった美しい姿で、その胎内には聖徳太子の念持仏の尊影が納められたといわれています。

この他に境内には十二支守本尊像が祀られており、自分の干支の像を見つけてお参りする参拝者も多くみかけます。

また境内の本堂の前にある「宇治橋断碑」は宇治橋が「大化2年(646年)」に元興寺の僧・道登によって架橋されたと記録しており、宇治橋創建の経緯・由来を記した貴重な資料であり、「日本三古碑」にも数えられるなど日本現存最古の石碑の一つと考えられ、重要文化財にも指定されています。

境内は緑豊かで四季折々の花に彩られ、躑躅、酔芙蓉、銀杏などを目当てに訪れる人も多く、とりわけに9月中~10月上旬には酔芙蓉が美しい花を咲かせることで知られています。
また「宇治市銘木百選」にも選ばれている銀杏(イチョウ)は樹齢250年と推定される古木であるほか、紅葉も美しく無料で見物することができます。

行事としては橋寺にちなんで「箸供養」が8月4日に行われることで有名です。

放生院(橋寺)の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    山門

     

  • NO IMAGE
    寺号標

     

  • NO IMAGE
    案内板

    宇治市が設置

  • NO IMAGE
    石段

     

  • NO IMAGE
    慈愛 動物慰霊の碑

    石段上がった広いスペースの右

  • NO IMAGE
    イチョウ

    樹齢推定250年で「宇治市銘木百選」に選定

  • NO IMAGE
    小祠

     

  • NO IMAGE
    橋かけ観音

     

  • NO IMAGE
    地蔵群

     

  • NO IMAGE
    地蔵

     

  • NO IMAGE
    水子子育地蔵菩薩

     

  • NO IMAGE
    宝篋印塔

     

  • NO IMAGE
    石碑

    陸軍…?

  • NO IMAGE
    十二支守本尊

    千手観世音菩薩(子)、虚空蔵菩薩(丑寅)、文殊菩薩(卯)、普賢菩薩(辰巳)、勢至菩薩(午)、大日如来(未申)、不動明王(酉)、阿弥陀如来(戌亥)

  • NO IMAGE
    染井吉野

     

  • NO IMAGE
    枝垂桜

     

  • NO IMAGE
    十三重石塔

     

  • NO IMAGE
    菊桜

     

  • NO IMAGE
    本堂

    釈迦如来、阿弥陀如来、地蔵菩薩、不動明王、弁財天を安置

  • NO IMAGE
    受付

     

  • NO IMAGE
    玄関

     

  • NO IMAGE
    摩尼車

     

  • NO IMAGE
    五輪塔

     

  • NO IMAGE
    歌碑

     

  • NO IMAGE
    宇治橋断碑

     

  • NO IMAGE
    橋寺の石標

     

関連

  • NO IMAGE
    宇治橋

     

  • NO IMAGE
    宇治川

     

  • NO IMAGE
    浮島十三重石塔 宇治川の中州塔ノ島

     

周辺

放生院(橋寺)の主な年間行事・カレンダー

年中行事

2月節分
節分星祭り

 

 
四国八十八ヶ所お砂踏み(春)

 

 
花まつり

 

5/1~7/31、9/1~11/30
宇治橋断碑見学

 

8/4
箸供養

10:00~
日頃から使用してきた箸に感謝し供養する
法要および住職の説法の後「ハシ文化研究会」の講演なども

 
地蔵盆

 

 
四国八十八ヶ所お砂踏み(秋)

 

月並行事

毎月4・14・24日
水子供養

 

花ごよみ

 
桜(サクラ)

 

 
紫陽花(アジサイ)

 

9月初~中
酔芙蓉(スイフヨウ)

朝に白い花を咲かせた後、午後にはピンク、更に夕方には赤くなり、翌朝には萎む一日花として知られる

 
紅葉(こうよう)

 

 
銀杏(イチョウ)

 

放生院(橋寺)のギャラリー

放生院(橋寺)の口コミ


TOPへ

access-rank