恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵) 京都観光

恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)

恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)

 

 

恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)とは?(基本データ)

名前
恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)(こいづかじょうぜんじ(とばじぞう))
エリア
鳥羽・竹田・淀
ジャンル

寺社 六地蔵めぐり 六斎念仏

建立・設立
1182年(寿永元年)
創始者
文覚(遠藤盛遠)
宗派
浄土宗西山禅林寺派
山号
恵光山
本尊
阿弥陀如来立像
寺紋
左卍
札所等
六地蔵めぐり第2番(鳥羽街道・鳥羽地蔵)
アクセス
  • 近鉄京都線「上鳥羽口」駅下車 西へ徒歩20~25分
  • 京都市営地下鉄烏丸線「竹田」駅下車 徒歩約20分
  • 近鉄京都線「竹田」駅下車 徒歩約20分
  • 京都市営バス「地蔵前」(18号系統)下車すぐ
  • 京都市営バス「鳥羽大橋北詰」(19号系統)下車 徒歩約5分
  • 名神高速道路「京都南IC」より約4分
駐車場
マイクロバス1台
自家用車10台分
拝観料
境内自由・無料
朱印(六地蔵めぐり)は要予約
お休み
無休
拝観時間
9:00~17:00
住所
〒601-8136
京都府京都市南区上鳥羽岩ノ本町93(ニトリ裏)
電話
075-691-3831
FAX
075-691-3843
公式サイト
上鳥羽六斎念仏

恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)の地図

恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)のみどころ (Point in Check)

京都市南区上鳥羽岩ノ本町、名神高速道路「京都南IC」の近くにある浄土宗西山禅林寺派の総本山・永観堂の末寺。
「鳥羽街道(千本通)」に面し、「京の六地蔵めぐり」の一つ「鳥羽地蔵」として信仰されています。山号は恵光山(えこうさん)、本尊は阿弥陀如来立像。

この点、江戸中期の火災により寺伝資料を失っており、寺の歴史は不明な点が多いようですが、寺伝によれば平安末期の1182年(寿永元年)に文覚(もんがく 1139-1203)が袈裟御前(けさごぜん)の菩提を弔うために創建したと伝えられています。

文覚といえば全国各地を廻って荒行し、後に高雄・神護寺の中興の祖にもなった高僧。
「源平盛衰記」によれば、鳥羽離宮の北面の武士であった遠藤盛遠は、渡辺佐兵衛門尉源渡(みなもとわたる)の妻・袈裟御前に横恋慕し、彼と縁を切ることを迫ったところ、袈裟御前は操を守るため一計を案じ、夫を殺してくれと盛遠に持ちかけ、自らが夫の身代りとなり盛遠に殺されてしまいます。
その事実を知り自らの罪を恥じた盛遠は出家して文覚上人となり、誤って殺してしまった袈裟御前の菩提を弔うために当寺を建立したといわれています。

ちなみに正式名は「恵光山浄禅寺」ですが、境内入口に1647年(正保4年)にこの地(山城国長岡藩)の藩主・永井日向守直清が林羅山に撰文させ建立したという袈裟御前の貞女を顕彰した「恋塚碑」が建つほか、袈裟御前の首塚といわれる五輪石塔の「恋塚」があることから「恋塚浄禅寺」の名で知られています。

「本堂」は江戸後期の天保年間(1830-44)に再建されたもので、平安末期に作られたと伝わる本尊・阿弥陀如来立像を安置するほか、袈裟御前の木像も祀られています。

また「観音堂」に安置されている十一面観音立像(十一面観世音菩薩)は平安中期9~10世紀の作とされ、京都市指定文化財に指定されています。

そして「地蔵堂」に安置する彩色された地蔵菩薩立像は、平安初期の役人で歌人としても知られる小野篁(おののたかむら)が一度息絶えて冥土へ行き、そこで生身の地蔵尊を拝して蘇った後、そのことに感謝して一木から6体の地蔵を刻んだうちの1体と伝えられています。

この点、6体の地蔵は当初は小幡の里(現在の大善寺=伏見地蔵)に祀られていましたが、平安末期の1157年(保元2年)に後白河天皇が平清盛に命じて、京都に疫病が侵入しないよう祈願させ、京都周辺の交通の要所で都の出入口となる街道口の6ヶ所に一体ずつ分けて地蔵を安置させました。
奈良街道の入口にあたる大善寺(伏見地蔵)をはじめ上善寺(鞍馬口地蔵)、徳林庵(山科地蔵)、源光寺(常盤地蔵)、地蔵寺(桂地蔵)とともに、鳥羽街道の入口にあたるこの地にも分祀されたもので、俗に「鳥羽地蔵」と呼ばれています。

現在は毎年8月22・23日に行われている「京都六地蔵めぐり」の札所の一つとされ、当日は無病息災や家内安全などを祈願する多くの参拝者で賑わいます。

「六地蔵めぐり」では各寺に異なる6色の御幡(お札)が用意されており、このお札を6枚集めて持ち帰り玄関に吊るすと、一年の厄病退散、家内安全の護符となるといわれています。
さらに初盆には水塔婆供養をし、3年間巡拝すれば六道の苦を免れることができるとも伝えられています。

この他の見どころとしては、境内には千本通からよく見える樹高13.5mあるの楠(クスノキ)があり、京都市指定保存樹に指定されています。

恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    山門

     

  • NO IMAGE
    南無延命地蔵大菩薩の石標

    山門手前左

  • NO IMAGE
    百日紅

    山門手前左
    ちょうど「六地蔵めぐり」の時期に咲いている

  • NO IMAGE
    社号標と駒札

    山門手前右

  • NO IMAGE
    石碑

    山門手前右

  • NO IMAGE
    授与所

    山門入って左

  • NO IMAGE
    観音堂

    授与所の右隣
    堂内に安置されている十一面観音立像は市指定文化財

  • NO IMAGE
    クスノキ

    山門入って右
    京都市の保存樹に指定

  • NO IMAGE
    手水舎

    クスノキの奥隣

  • NO IMAGE
    地蔵堂

    他の六地蔵めぐりの堂と同様に六角堂
    六地蔵の一つである地蔵菩薩立像(鳥羽地蔵)を祀る

  • NO IMAGE
    石仏群

    水子地蔵など

  • NO IMAGE
    本堂

    本尊・阿弥陀如来像および袈裟御前像を安置
    通常は「六地蔵めぐり」の時のみ拝観が可能

  • NO IMAGE
    お手洗

     

  • NO IMAGE
    五輪塔(恋塚)

    袈裟御前の首塚と伝えられる

  • NO IMAGE
    重修恋塚碑

    1647年(正保4年)に林羅山の撰文により造立

  • NO IMAGE

     

  • NO IMAGE
    千本通(鳥羽街道)

     

  • NO IMAGE
    参拝者駐車場

     

  • NO IMAGE
    地蔵前バス停

     

  • NO IMAGE
    地蔵前バス停

     

周辺

  • NO IMAGE
    井六園

     

  • NO IMAGE
    国道1号線(京阪国道)

     

  • NO IMAGE
    ニトリ京都南インター店

     

  • NO IMAGE
    赤池交差点

    遠藤盛遠が袈裟御前の首を斬った後、この地にあった池で太刀の血を洗うと水が鮮血で赤く染まったことからこう呼ばれるようになったという

  • NO IMAGE
    京都南インター

     

  • NO IMAGE
    地下鉄・近鉄竹田駅

     

  • NO IMAGE
    旧千本交差点

     

関連

恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)の主な年間行事・カレンダー

年中行事

8/22・8/23
六地蔵めぐり(地蔵盆)

 

8/22
上鳥羽六斎念仏

8/22の19:30より上鳥羽鉦講中による六斎念仏奉納、20:00より上鳥羽六斎ジュニアによる四ツ太鼓他の奉納も

花ごよみ

 
百日紅(サルスベリ)

山門左

 
山茶花(サザンカ)

 

恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)のギャラリー

恋塚浄禅寺(鳥羽地蔵)の口コミ


TOPへ

access-rank