乃木神社 京都観光

乃木神社

乃木神社

日露戦争で活躍、勝利に貢献した乃木希典将軍を祀る

日露戦争を勝利に導き明治天皇崩御後に殉死した乃木希典を祀る。 樹齢3千年の台湾檜造の神門に愛馬壽号・璞号の像、資料館に旅順攻撃の司令部を移築した記念館、少年期の長府旧邸、巡洋艦吾妻の主錨のほか、勝水に勝ま栗の祠、絵馬など勝運祈願グッズ、境内の山城えびす神社には狛犬に代わり大鯛も

基本データ

名前
乃木神社(のぎじんじゃ)
エリア
伏見・桃山
ジャンル

寺社 名水 伏見名水 必勝祈願 伏見五福 珍しい狛犬

建立・設立
1894~1895年(明治27~28年)、日清戦争で第1旅団長(少尉)として旅順を陥落させる
1895年、第2師団長(中将)として台湾征討、第3代台湾総督に就任(1898年まで)
1899年、第11師団の初代師団長(中将)に就任
1904~1905年(明治37~38年)、日露戦争の第3軍司令官(大将)として旅順要塞を攻略し203高地を占領
1912年(大正元年)9月13日、明治天皇大葬の日に自宅で割腹し殉死
1916年(大正5年)9月、京都に創建
創始者
村野山人(鹿児島出身の実業家)
アクセス
  • 京阪本線「伏見桃山」駅下車 東へ徒歩約20分、車・タクシーで約3分
  • 近鉄京都線「桃山御陵前」駅下車 東へ徒歩約15分、車・タクシーで約3分
  • JR奈良線「桃山」駅下車 東へ徒歩約10分
  • 京都市営バス「御香宮前」(南8号系統)下車 東へ徒歩約13分
  • 近鉄バス「桃山」(9・10系統)下車 東へ徒歩約13分
  • 名神高速道路「京都南IC」より約10分
駐車場
バス5台分 無料(要事前連絡)
自家用車10台分 無料
拝観料
■宝物館
├中学生以上 100円
├小人 50円
└7歳以下無料
お休み
無休
拝観時間
8:00~17:00
住所
〒612-8028
京都府京都市伏見区桃山町板倉周防32-2
電話
075-601-5472
FAX
075-601-5472
公式サイト
京都・乃木神社
御祭神関連箇所 東京乃木坂・乃木神社

地図

みどころ (Point in Check)

施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
     

     

周辺

  • NO IMAGE
     

     

主な年間行事・カレンダー

年中行事

 
 

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
 

 

ギャラリー

口コミ

日露戦争を勝利に導いた乃木希典将軍を祀る。 明治天皇没後に夫妻で殉死した後1916年に将軍の人となりと日本人の心を後世に伝えんと鉄道会社の取締役を歴任した実業家村野山人が資財を投じ明治天皇の桃山御陵のすぐ南側に創建。 神門 樹齢3千年の台湾檜1幹で造られた 乃木の愛馬でロシアの将軍ステッセルから贈られた白馬・壽号とその子・璞号の銅像が社頭を守る 境内には将軍の書画、武具など遺品数100点を保存する宝物館。 日露戦争の際旅順攻撃の司令部に使用した中国の民家を移築した記念館 日露戦争で活躍した巡洋艦”吾妻”の主錨をモニュメントにした旧海軍将兵慰霊碑 少年時代の長府旧邸などがある。 境内には四季折々の草花、桃山御陵の林を背景に小鳥のさえずり、歴史探訪やハイキングを楽しむ人も多い 全てに勝ちま栗の祠のご神体は栗色の栗石で病気平癒、勝運にご利益がある、勝水や絵馬など勝ま栗にちなんだ勝運祈願グッズも揃う 一角にある山城えびす神社は七福神の中で唯一日本の神様である蛭子皇子(えびす様)を祀り狛犬に代わって大鯛が据えられている


TOPへ

access-rank