平岡八幡宮 京都観光

平岡八幡宮

詳細地図

閉じる

平岡八幡宮

 

 

平岡八幡宮とは?(基本データ)

名前
平岡八幡宮(ひらおかはちまんぐう)
エリア
三尾(高雄・槙尾・栂尾)
ジャンル

寺社 紅葉 椿 八幡宮 初詣 節分祭

建立・設立
809年(大同4年)12月10日、神護寺の鎮守として空海が大分県の宇佐八幡宮から勧請
1407年(応永14年)の焼失後、足利義満が社殿を再建
創始者
[開基] 伝・弘法大師空海
[再建] 足利義満
祭神
応神天皇(誉田別命(ほむたわけのみこと))
ご利益
勝運・出世
例祭
10月上旬の日曜(例祭)
神紋・社紋
左三つ巴
アクセス
  • 京都市営バス「平岡八幡前」(8号系統)下車 徒歩約3分
  • JRバス高雄・京北線「平岡八幡」下車 徒歩約3分
駐車場
バス2台分 無料
自家用車20台分 無料
拝観料
境内自由
■神殿・花の天井のみ有料
└中学生以上800円(団体600円)(宮司のお話と大福茶付)
※団体は20名以上(要予約)
お休み
原則無休
■春と秋に「花の天井特別拝観」あり
├3月6日~5月17日
└9月11日~11月30日
拝観時間
10:00~16:00(受付15:30まで)
住所
〒616-8271
京都府京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町23
電話
075-871-2084
FAX
075-871-2084
公式サイト
-

平岡八幡宮の地図

平岡八幡宮のみどころ (Point in Check)

京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町、福王子の交差点から国道162号線(周山街道)を北の高雄方面へ約2kmあまり進んだ先にある応神天皇を祭神とする八幡宮の一社。
「梅ヶ畑八幡宮(うめがはたはちまんぐう)」とも呼ばれ、神護寺の守護神であるとともに梅ヶ畑一帯の産土神としても信仰されている神社です。

創建は平安初期の809年(大同4年)、弘法大師空海が高雄山神護寺の鎮守社として、大分県の宇佐八幡宮から勧請したのがはじまりで、弘法大師自ら描いた僧形八幡神像を御神体とする山城国最古の八幡宮です。

平安末期に一時期荒廃するも、神護寺を復興した文覚によって1190年(建久元年)に再興され、その後、室町時代の1407年(応永14年)11月8日の火災により焼失した際には、室町幕府第3代将軍・足利義満によって直ちに社殿が再建されました。
ちなみに足利家では義満のほか、室町幕府を創建した初代・足利尊氏や、8代・義政の子・義持らが、しばしば参詣や紅葉狩りに、この地を訪れたと伝えられています。

現在の本殿は江戸末期の1826年(文政9年)に仁孝天皇の命を受けて社殿が修復された時のもので、大工は上嵯峨の宗兵衛と室町の中川常右衛門藤原忠寛。京都市内に現存する数少ない切妻造本殿の一つで、平成12年に京都市の有形文化財に指定されています。

またこれと時を同じくして1827年(文政10年)には、画工・綾戸鐘次郎藤原之信により本殿内陣の天井に44枚の極彩色の花の絵(花卉図)が描かれ、「花の天井」として有名で、毎年春と秋の年2回公開され、春の花の天井公開時には椿、秋の公開時には高雄の紅葉とともに楽しむことができます。

祭神として応神天皇(誉田別命(ほむたわけのみこと))を祀ることから、勝運や出世の神として崇められています。

また境内は高雄もみじの参道と椿でも有名で、とりわけ椿は樹齢300年を超える紅椿や、白椿伝説の樹齢200年白椿など、約200種300本の多種多様な椿を観賞できることで知られ、「椿の小径」を中心に紅葉の終わり頃から3月いっぱいまで楽しむことができます。

行事としては毎年10月に開催される例祭では「剣鉾差し」のほか、江戸時代から途切れることなく続く神事で、京都市無形民俗文化財にも登録されている「三役相撲」が行われることで有名。
地元の子供たちが大人と相撲を取り、神の加護を受けた子供が必ず勝ち名乗りを受けるのがユニークで、マスコミや報道でもよく採り上げられています。

この他に狂言や歌舞伎などの曲目「靭猿(うつぼざる)」の舞台背景となったことから芸能の神様としても知られ、「水戸黄門」など数々の時代劇が当社で撮影されるなど芸能にもゆかりのある神社です。

平岡八幡宮の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    石鳥居

     

  • NO IMAGE
    石標

     

  • NO IMAGE
    参道

     

  • NO IMAGE
    後鳥羽天皇深縁之地碑

     

  • NO IMAGE
    椿の小径出入口

     

  • NO IMAGE
    椿の小径

     

  • NO IMAGE
    椿の小径出入口

     

  • NO IMAGE
    社務所入口

     

  • NO IMAGE
    WC

     

  • NO IMAGE
    社務所

     

  • NO IMAGE
    若宮社

     

  • NO IMAGE
    手水舎

     

  • NO IMAGE
    土俵

     

  • NO IMAGE
    御神木ツブラシイ

     

  • NO IMAGE
    地主社

     

  • NO IMAGE
    参拝者専用駐車場

     

  • NO IMAGE
    石鳥居

     

  • NO IMAGE
    授与所

     

  • NO IMAGE
    舞殿

     

  • NO IMAGE
    花みくじ

     

  • NO IMAGE
    本殿

     

  • NO IMAGE
    花の天井

     

  • NO IMAGE
    宝蔵

     

  • NO IMAGE
    歌舞伎靱猿

     

  • NO IMAGE
    為朝の試し石(鈴鹿野風呂句碑)

     

  • NO IMAGE
    武内社

     

  • NO IMAGE
    安産・子宝の樹

     

  • NO IMAGE
    絵馬奉納所

     

  • NO IMAGE
    山の神石(さざれ石)

     

  • NO IMAGE
    やぶ椿

     

  • NO IMAGE
    貴布祢社

     

  • NO IMAGE
    忠魂碑

     

関連

周辺

  • NO IMAGE
    平岡八幡

     

  • NO IMAGE
    平岡八幡バス停

     

  • NO IMAGE
    国道162号(周山街道)

     

平岡八幡宮の主な年間行事・カレンダー

年中行事

1/1
歳旦祭

 

1/15
左義長祭

 

2/3
節分祭

夕方より開催される
17時より「節分祭」、18時より名前と年齢を書いた形代(かたしろ)や古神札を焼き厄除招福を祈願する神事の「星祭」
笹酒・甘酒の無料接待および厄除札、福豆、長寿飴などの授与も

3月上~5月中
花の天井特別拝観

 

6/30
水無月大祓

 

9月中~11月下
花の天井特別拝観

 

10月上旬の日曜
例祭

三役相撲

花ごよみ

 
椿(ツバキ)

本殿へ向かう参道の左に多数の椿が植えられ「椿の小道」を形成している、白玉椿が有名
椿の絵柄の絵馬や椿の土鈴を授与、「椿を愛でる会」も開催

 
桜(サクラ)

 

 
紅葉(こうよう)

 

平岡八幡宮のギャラリー

平岡八幡宮の口コミ


TOPへ

access-rank