妙心寺 退蔵院 京都観光

妙心寺 退蔵院

詳細地図

閉じる

妙心寺 退蔵院

 

 

妙心寺 退蔵院とは?(基本データ)

名前
妙心寺 退蔵院(みょうしんじ たいぞういん)
エリア
衣笠・御室・花園・太秦
ジャンル

寺社 茶室 国宝絵画 史跡 名勝 紅葉 桔梗 杜鵑草

建立・設立
1404年(応永11年)
創始者
[開基] 波多野重通(越前福井の豪族)
[開山] 妙心寺3世・無因禅師
宗派
臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺塔頭
山号
 
本尊
妙心寺3世・無因禅師(開山)
寺紋
 
アクセス
  • JR嵯峨野線(山陰本線)「花園」駅下車 北東へ進み南門経由で徒歩約7分
  • 京福電鉄(嵐電)北野線「妙心寺」駅下車 北門経由で徒歩約10分
  • 京都市営バス「妙心寺前」(91・93号系統)下車 南門まで徒歩約3分
  • 京都市営バス「妙心寺北門前」(10・26号系統)下車 北門経由で徒歩約7分
  • 京都バス「妙心寺前」(61・62・63・64・65系統)下車 南門経由徒歩約5分
  • JRバス高雄・京北線「妙心寺北門」下車 北門経由で徒歩約7分
  • 名神高速道路「京都南IC」より約40分
  • 名神高速道路「京都東IC」より約40分
駐車場
10台(無料) 花園会館駐車場利用(9:00~17:00)
├バス10台分 2000円/台
└自家用車30台分 無料
拝観料
大人(高校生以上) 500円(団体450円)
中学・小人 300円(団体270円)
※団体割引は30名以上
お休み
無休
拝観時間
9:00~17:00
※特別拝観期間は時間延長
住所
〒616-8035
京都府京都市右京区花園妙心寺町35
電話
075-463-2855
FAX
075-463-2575
公式サイト
退蔵院 京都 妙心寺
妙心寺 退蔵院 Twitter
妙心寺退蔵院 Facebook
妙心寺退蔵院 Instagram

妙心寺 退蔵院の地図

妙心寺 退蔵院のみどころ (Point in Check)

京都市右京区花園妙心寺町の妙心寺山内にある臨済宗妙心寺派の寺院で、妙心寺派大本山である妙心寺の塔頭寺院。
40あまりある妙心寺の塔頭寺院のうち、通年拝観が可能な数少ない寺院の一つです。

所蔵する如拙筆「瓢鮎図」が国宝に指定されているほか、2つの庭園で有名で、このうち枯山水の方丈庭園は「元信の庭」と呼ばれ江戸時代、狩野元信作と伝わり禅寺の雰囲気が色濃く、またもう一方の「余香苑」は昭和の名園で桜をはじめとする四季折々の草花が美しいことで知られています。

室町時代の1404年(応永11年)、越前福井の豪族・波多野重通が妙心寺3世の無因禅師を開山として創建。
最初は妙心寺の外に所在していましたが、のちに場所を妙心寺山内に移し、さらに山内での移転を経て16世紀に現在地に境内が定まりました。

現在の方丈(本堂)は慶長年間(1596~1615年)の建立で、開山の祖・無因宗因を祀り、室内の正面中央に桟唐戸を設置せず仏間の背面に長五畳の眼蔵をつくるなど古式を伝える様式となっています。

そして方丈(本堂)前の方丈庭園「元信の庭」は回遊式に観賞式を加味した枯山水の庭園で、室町時代の画家・狩野元信の作と伝わり、国の名勝・史跡に指定されている名園です。

そして何といっても有名なのが、足利義持の命で水墨画の祖といわれる相国寺僧・如拙が描いた「瓢鮎(ひょうねん)図」で、室町時代の名作として国宝にも指定されていますが、本物は現在は京都国立博物館に寄託されており、模本が展示されています。

瓢箪でなまずを押えるという禅の公案、すなわち試験問題を絵に表したものだといい、宮本武蔵がこの瓢鮎図を前に自問自答したという寺伝が残るなど、寺のシンボルにもなっており、山門の瓦や食事会場大休庵の窓など、境内のいたる所になまずや瓢箪をモチーフにしたデザインが施されているのを目にすることができます。

また現代に入り1965年(昭和40年)に完成した昭和の名園「余香苑(よこうえん)」は造園家・中根金作の手による800坪(2600平方m)の回遊式山水庭園で、紅枝垂れ桜や藤(フジ)、皐月(サツキ)、蓮(ハス)、金木犀(キンモクセイ)、楓(カエデ)など四季折々の草花が咲くほか、江戸時代の水琴窟があることでも知られています。

この他にも桜の名所としても有名で、とりわけ入口の門をくぐってすぐの紅枝垂桜が美しいほか、秋は瓢箪形の池の周辺を中心に紅葉が美しいことでも知られています。

ちなみに「退蔵院」の寺名に使われている「退」という文字はマイナスなイメージを感じさせる「後退」を意味しているのではなく、中国語で「陰徳を積む」という意味があるそうです。
つまり、隠れて良い行いをして、陰徳を人知れず「蔵」のように数多く積み重ねよという意味があり、「退蔵院」という名前にはそれを目指して修行をする場所という意味が込められています。

妙心寺 退蔵院の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    山門(薬医門)

     

  • NO IMAGE
    石標

     

  • NO IMAGE
    境内図

     

  • NO IMAGE
    庫裡

     

  • NO IMAGE
    拝観受付

     

  • NO IMAGE
    玄関

     

  • NO IMAGE
    聖観音像

     

  • NO IMAGE
    大玄関

     

  • NO IMAGE
    本堂(方丈)

     

  • NO IMAGE
    方丈南庭

     

  • NO IMAGE
    瓢鮎図

     

  • NO IMAGE
    手水鉢

     

  • NO IMAGE
    元信の庭

     

  • NO IMAGE
    大書院

     

  • NO IMAGE
    坪庭

     

  • NO IMAGE
    隠れ茶室囲いの席

     

  • NO IMAGE
    井戸

     

  • NO IMAGE
    手水鉢

     

  • NO IMAGE

     

  • NO IMAGE
    水子地蔵尊

     

  • NO IMAGE
    余香苑入口

     

  • NO IMAGE
    枝紅垂桜

     

  • NO IMAGE
    陰の庭

     

  • NO IMAGE
    陽の庭

     

  • NO IMAGE
    枝垂桜

     

  • NO IMAGE
    羅漢石

     

  • NO IMAGE
    四阿跳珠亭

     

  • NO IMAGE
    水琴窟

     

  • NO IMAGE
    売店

     

  • NO IMAGE
    茶席大休庵

     

  • NO IMAGE
    鹿おどし

     

  • NO IMAGE
    無余苑

     

  • NO IMAGE
    WC

     

  • NO IMAGE
    余香苑

     

  • NO IMAGE
    ひょうたん池

     

  • NO IMAGE
    龍王の滝

     

  • NO IMAGE
    休憩所

     

  • NO IMAGE
    藤棚

     

  • NO IMAGE
    通用門

     

関連

周辺

  • NO IMAGE
    南総門

     

  • NO IMAGE
    案内所

     

  • NO IMAGE
    三門

     

  • NO IMAGE
    慈雲院

     

  • NO IMAGE
    天授院

     

妙心寺 退蔵院の主な年間行事・カレンダー

年中行事

4月
春の特別拝観

 

7月中~下
蓮見の会

 

11月
秋の特別拝観(観楓会)

 

花ごよみ

 
桜(サクラ)

 

 
藤(フジ)

中根金作設計の昭和の名園「余香苑」のひょうたん池の前に藤棚

 
皐月(サツキ)

 

 
桔梗(キキョウ)

中根金作作庭の昭和の名園「余香苑」では睡蓮と桔梗、枯山水の「陽の庭」にも桔梗が咲く

 
蓮(ハス)

 

10月中~11月上
杜鵑草(ホトトギス)

中根金作作庭の昭和の名園「余香苑」の池の周りの散策路や枯山水の「陰陽の庭」にも

 
紅葉(こうよう)

 

妙心寺 退蔵院のギャラリー

妙心寺 退蔵院の口コミ


TOPへ

access-rank