月読神社 京都観光

月読神社

月読神社

 

 

月読神社とは?(基本データ)

名前
月読神社(つきよみじんじゃ)
エリア
松尾・桂・西京極
ジャンル

寺社 名水 湿疹・疱瘡 安産・子授け

建立・設立
487年(第23代・顕宗天皇3年)
祭神
月読尊(つきよみのみこと)
└相殿 高皇産霊尊
ご利益
安産守護
学業成就(聖徳太子社)
航海安全(御舟社)
例祭
10/3
神紋・社紋
 
アクセス
  • 阪急嵐山線「松尾大社」駅下車 松尾大社正面の赤鳥居より南へ徒歩約10分
  • 京都市営バス「松尾大社前」(28・29号系統) 下車 徒歩約10分
  • 京都バス「松尾大社前」(63・73・73快・83系統)下車 徒歩約10分
駐車場
-
拝観料
境内自由・無料
お休み
-
拝観時間
-
住所
〒615-8296
京都府京都市西京区松室山添町15
電話
075-394-6263
FAX
-
公式サイト
安産祈願 京都 月読神社

月読神社の地図

月読神社のみどころ (Point in Check)

京都市西京区松室山添町、洛西の松尾大社から南へ4~500mほど進んだ児童公園の向かいにある神社。
古より安産の神様として信仰を集めている神社で、現在は松尾大社の境外摂社となっています。

この点、月読神社は「延喜式」では名神大社の一つに数えられる神社で、祭神である月読神は、もとは航海の大族である壱岐氏が壱岐島(長崎県)において航海・海上の神として祀られていたものです。

そして「日本書紀」によれば、阿閉臣事代(あべのおみことしろ)が朝鮮半島の任那へ派遣される途中に壱岐島に立ち寄った際、月読神(月讀尊)が出現し自分を祀れとの神託があったため、都に帰ってこれを天皇に奏上(社地を求められたとも)。
第23代・顕宗天皇の代の487年(顕宗天皇3年)に朝廷より山背国葛野郡歌荒樔田(うたあらすだ)に神領を賜って壱岐の月読神社の神を勧請し、壱岐県主・押見宿禰に奉斎させた、これが神社のはじまりとされています(ちなみに歌荒樔田の比定地は、上野村、桂里、有栖川流域説など諸説あり)。その後、押見宿禰の子孫は卜部氏を称し、代々神職を務めました。

文献上では701年(大宝元年)に「葛野郡月読神」ほか諸神の神稲を中臣氏に給するという記録が初見で、もとは大堰川(桂川)の川べりにありましたが水害に遭い、その後「日本文徳天皇実録」]によると、856年(斉衡3年)に水害の危険を避けるため、「松尾之南山」即ち松尾山南麓に遷座されたといい、以後現在まで当地に鎮座するとされています。

このほか「山城国風土記」逸文によると、月読尊が保食神のもとを訪れた際、その地にあった桂の木に憑りついたといい、「桂」の地名はこれに始まるという説話も記されています。

更に927年(延長5年)成立の「延喜式」神名帳では、山城国葛野郡に「葛野坐月読神社 名神大 月次新嘗」として、名神大社に列する(式内社)とともに月次祭・新嘗祭で幣帛に預かった旨が記載されているといいます。

上記のように歴史も古く、朝廷の奉幣が行われるなど高い格式を持つ独立の神社でしたが、その一方で松尾大社の勢力圏内にあることから古くからその影響下にあり、「松尾七社」の一社とされていました。
そして江戸時代には衰退し、明治維新後の、1877年(明治10年)3月21日に松尾大社の境外摂社に公式に定められて現在に至っています。

ちなみに月読神社の京都への勧請に際しては渡来系氏族、とりわけ秦氏の関わりがあったと考えられており(秦氏が渡来人たちの渡日ルートである韓半島→対馬→壱岐→九州の航海安全を祈るため、月読神の勧請に応えたと考えられる)、古代京都の祭祀や渡来文化の考証上重要な神社であるとして、境内は京都市指定の史跡に指定されています。

境内は、江戸時代に建てられた本殿、拝殿を中心に御船社、聖徳太子社などで構成されているほか、本殿の北には、神功皇后が腹を撫でて安産を祈願したと伝わる神功皇后ゆかりの「月延石(つきのべいし)(通称・安産石)」があることから、今日まで「安産守護のお社」として広く信仰を集めています。

この点「雍州府志」所載の伝説では、この石は元々は筑紫にあり、神功皇后が応神天皇を産む際にこの石で腹を撫でて安産した石で、これを舒明天皇の時代に月読尊の神託により天皇が伊岐公乙等を筑紫に遣わして求められ、月読神社に奉納したといいます。

そして、古くから妊娠した女性は「戌の日」に神社に参拝し安産祈願を行うのが習わしとされており、現在でも「戌の日」に安産の特別祈祷が行われ、祈祷の後には「安産祈願石」に名前を書き、月延石の前にお供えしてお参りをするという風習が残っており、月延石の前には多くの安産祈願石が積まれているのを目にすることができます。

この他にも春の「松尾祭」においては「松尾七社」の祭神が1基の唐櫃と6基の神輿にて氏子区域を巡幸しますが、その7社の先陣を飾る唐櫃が月読社のものとなっています。

ちなみに月読尊(ツクヨミ)といえば「古事記」「日本書紀」などの神話において天照大神(アマテラス)の弟神として知られていますが、月読神社の祭神はこれらの神話とは別の伝承で伝えられた月神であると考えられています。

「日本書紀」における月読神社の創建伝承では、高皇産霊(タカミムスビ)を祖とする「月神」は壱岐県主(いきのあがたぬし)に奉斎されたとあり、また「先代旧事本紀」では、「天月神命」の神名が壱岐県主祖と見えることから、祭神の神格は海人の壱岐氏(いきうじ)によって祀られた月神=海の干満を司る神と考えられています。

月読神社の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    鳥居

    朱塗りが印象的

  • NO IMAGE
    石段

     

  • NO IMAGE
    神門(山門)

     

  • NO IMAGE
    拝殿(祈祷殿)

     

  • NO IMAGE
    本殿

     

  • NO IMAGE
    穢解(かいわい)の水

    穢解(かいわい)の池
    自己の罪、穢れを除く

  • NO IMAGE
    願掛け陰陽石

     

  • NO IMAGE
    御舟社(御船社)

    本殿左にある松尾大社末社
    天鳥舟命(あめのとりふねのみこと)を祀り、海上交通安全・水難除にご利益

  • NO IMAGE
    社務所

     

  • NO IMAGE
    聖徳太子社

    本殿右
    月読尊を崇敬した聖徳太子(厩戸王)を祀り学問の神様として信仰を集める

  • NO IMAGE
    むすびの木

    縁結び・恋愛成就

  • NO IMAGE
    月延石(安産石)(つきのべのいし)

    子授け・安産

  • NO IMAGE
    押見宿祢霊社遺跡の石碑

     

関連

  • NO IMAGE
    松尾大社

     

  • NO IMAGE
    朱雀御旅所(松尾総神社)

    月読尊が祭神

周辺

月読神社の主な年間行事・カレンダー

年中行事

4月松尾大社神幸祭の前日
御船社祭

松尾祭では唐櫃巡行、七社あるうち6基の神輿の先頭を行く

4月20日以降最初の日曜
松尾大社 松尾祭 神幸祭(おいで)(まつのおまつり しんこうさい)

 

神幸祭より3週間後の日曜
松尾大社 松尾祭 還幸祭(おかえり)(まつのおまつり かんこうさい)

 

10/3
例祭

 

月並行事

毎月戌の日
戌の日安産祈願

特別祈祷

月読神社のギャラリー

月読神社の口コミ


TOPへ

access-rank