安楽寺 京都観光

安楽寺

安楽寺

法然の弟子を弔うため創建、かぼちゃ供養で有名な寺

浄土宗。鎌倉初期に後鳥羽上皇の女御・松虫と鈴虫が法然の弟子住蓮・安楽の説法に感化され出家。 上皇の怒りを買い弟子2人は断罪(建永の法難)。寺は弟子2人の菩提を弔うため創建。 7/25に京野菜・鹿ヶ谷かぼちゃの炊出しをふるまう「かぼちゃ供養」で有名。

安楽寺とは?(基本データ)

名前
安楽寺(あんらくじ)
エリア
岡崎・吉田・鹿ケ谷
ジャンル

寺社 紅葉 皐月 かぼちゃ供養

建立・設立
1206(建永元年)年頃にあった法然の念仏道場「鹿ヶ谷草庵」に由来
天文年間(1532~55年)、現在地に本堂を再建
創始者
[開基] 住蓮、安楽
宗派
浄土宗系単立
山号
住蓮山
本尊
阿弥陀如来
寺紋
 
アクセス
  • 三条京阪駅から京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅下車 哲学の道経由で北へ徒歩約25分
  • 京都市営バス「上宮ノ前町」(32号系統)下車 徒歩約5分
  • 京都市営バス「法然院町」(32・急100号系統)下車 徒歩約6分
  • 京都市営バス「真如堂前」(5・32・93・203・204号系統)下車 徒歩約10分
  • 京都市営バス「錦林車庫前」(5・32・93・203・204・急100・急102号系統)下車 徒歩12~15分
駐車場
なし
拝観料
大人・高校生 500円
15歳(中学生)以下 無料
お休み
春・秋の特別公開日とカボチャ供養の日のみ拝観可
├4月上旬の土日(桜)
├5月上旬の土日祝(ツツジ)
├5月下旬・6月上旬の土日(サツキ)
├7月25日(鹿ケ谷かぼちゃ供養)
└11月~12月上旬の土日祝(紅葉) ※庭園・本堂・書院の拝観
※本堂で30分おきに約10分間、寺の由来やお木像の説明あり
※上記以外では団体参拝のみ予約(電話・ハガキ)にて可
拝観時間
9:30~16:30
住所
〒606-8422
京都府京都市鹿ケ谷御所ノ段町21
電話
075-771-5360
FAX
075-771-5360
公式サイト
京都住蓮山安楽寺
安楽寺 Twitter
安楽寺 くさの地蔵縁日 毎月2日 Facebook

安楽寺の地図

安楽寺のみどころ (Point in Check)

京都市左京区鹿ヶ谷(ししがたに)、東山三十六峰の一つである第14峰の善気山(ぜんきざん)の麓、法然院の南側、哲学の道から東に約200m、一本山側に入ったところに非公開寺院の立ち並ぶ通称「隠れ道」という小道があり、その道沿いにある浄土宗系単立の寺院。
山号は住蓮山(じゅうれんざん)、本尊は阿弥陀三尊像。

鎌倉初期、浄土宗の開祖・法然の弟子であった住蓮房(じゅうれんぼう)と安楽房(あんらくぼう)の2人の僧が、現在地より約1kmほど東のあたりに「鹿ケ谷草庵」という小さな庵を結んで念仏の布教活動の拠点としたのがはじまり。

2人の努力の甲斐もあり、草庵には信者が通ってくるようになりますが、その中には第82代・後鳥羽上皇の女官として仕え、大変可愛がられていた19歳の松虫姫と17歳の鈴虫姫もいました。

1206年(建永元年)12月、住蓮と安楽の説法に感銘を受けた2人は、後鳥羽上皇が紀州熊野に参拝の留守中に密かに出家し尼僧となりますが、そのことを知った後鳥羽上皇はこれに激怒。
翌1207年(建永2年)2月に住蓮および安楽を死罪にするとともに、法然は讃岐へ、親鸞は越後へと流刑となりました。

いわゆる「建永の法難」という事件で、この際には2人の姫も瀬戸内海に浮かぶ小島・生口島の光明防(現在の広島県)に移り住んで念仏三昧の余生を送り、松虫姫は35歳、鈴虫姫は45歳で往生を遂げたと伝えられています。

その後鹿ケ谷草庵は荒廃しますが、流罪地から無事に京都に戻った法然が、2人の菩提を弔うために草庵を復興するよう命じ「住蓮山安楽寺」と命名。室町後期の天文年間(1532-55)に現在地に本堂が再建されて今日に至っています。
ちなみに山号の住蓮山は住蓮坊の、寺号の安楽寺は安楽房の名に因んだものであり、また通称の「松虫鈴虫寺(まつむしすずむしでら)」は後鳥羽上皇に仕えた姉妹女御の名に因んだものです。

本堂には本尊阿弥陀三像を安置し、その傍に住蓮・安楽両上人、松虫・鈴虫両姫の座像、法然上人張子の像などが祀られています。
また境内には住蓮・安楽両上人の墓、および松虫・鈴虫両姫のそれぞれの供養塔もあるほか、安楽房や住蓮房、後鳥羽上皇の女官であった松虫・鈴虫に関連した寺宝も伝えられています。

通常非公開の寺院ですが、桜、躑躅、皐月などの春の花の時期と秋の紅葉の時期に合わせた期間と、「かぼちゃ供養」の日などに一般公開され、本堂や書院を拝観できるほか、書院から情趣豊かな庭園の景色を楽しむこともできます。

とりわけ7月25日の「鹿ヶ谷かぼちゃ供養」は土用の丑の季節に開催される京都の夏の風物詩として有名で、煮炊きしたかぼちゃが参拝者に振る舞われるほか、寺宝も公開されます。

境内にはこの他にくさの地蔵と呼ばれる皮膚病快癒にご利益のある地蔵尊があり、毎月2日は「くさの地蔵縁日」となっています。
2015年(平成27年)に地蔵堂が再建されて開眼供養が行われたことをきっかけに、150年ぶりに再開されたもので、とりわけ肌荒れに悩まされている方は、参拝がてら縁日を訪れるのもおすすめです。

また毎月25日には「京野菜朝市」も開催され、安楽寺山門前にてその時期採れた旬の京野菜が並び、多くの人で賑わいます。

安楽寺の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    門前

     

  • NO IMAGE
    浄土礼讃根元地の石標

     

  • NO IMAGE
    中沼葵園先生墓の石標

     

  • NO IMAGE
    石段

     

  • NO IMAGE
    山門

     

  • NO IMAGE
    拝観受付

     

  • NO IMAGE
    参道

     

  • NO IMAGE
    手水舎

     

  • NO IMAGE
    歌碑

     

  • NO IMAGE
    仏足石

     

  • NO IMAGE
    地蔵

     

  • NO IMAGE
    縁の碑

     

  • NO IMAGE
    本堂

     

  • NO IMAGE
    書院

     

  • NO IMAGE
    安楽寺庭園(あんらくじていえん)

     

  • NO IMAGE
    椛(客殿)

     

  • NO IMAGE
    地蔵堂

    くさの地蔵尊

  • NO IMAGE
    手水舎

     

  • NO IMAGE
    住連上人・安楽上人辞世の詠

     

  • NO IMAGE
    住蓮上人・安楽上人の墓(五輪石塔)

     

  • NO IMAGE

     

  • NO IMAGE
    松虫と鈴虫姉妹の五輪石塔

     

  • NO IMAGE
    中沼葵園夫妻の墓

     

関連

  • NO IMAGE
    桜谷町47

     

周辺

安楽寺の主な年間行事・カレンダー

年中行事

4月上旬の土日
春の公開(サクラ)

 

4/29 
鈴虫姫祥月命日和讃法要

11:00

5月上旬の土日祝
春の公開(ツツジ)

 

5月下旬・6月上旬の土日
春の公開(サツキ)

 

6月第1日曜
開山忌

安楽・住蓮の法要会
13:00

7/25
鹿ヶ谷かぼちゃ供養

 

11/18
松虫姫祥月命日和讃法要

11:00

11月~12月上旬の土日祝
秋の公開(紅葉)

 

月並行事

月1回日曜
松虫姫鈴虫姫和讃月例会

 

毎月2日
くさの地蔵縁日

 

花ごよみ

 
桜(サクラ)

 

 
躑躅(ツツジ)

 

 
皐月(サツキ)

 

 
紅葉(こうよう)

 

安楽寺のギャラリー

安楽寺の口コミ


TOPへ

access-rank