寿延寺(洗い地蔵) 京都観光

寿延寺(洗い地蔵)

寿延寺(洗い地蔵)

 

 

寿延寺(洗い地蔵)とは?(基本データ)

名前
寿延寺(洗い地蔵)(じゅえんじ(あらいぢぞう))
エリア
祇園・東山
ジャンル

寺社 無病息災・眼病

建立・設立
1616年(元和2年)
創始者
[開山] 円乗院日柔
宗派
日蓮宗
山号
興福山
本尊
一塔両尊(釈迦如来・多宝如来)
寺紋
 
アクセス
  • 京阪本線「清水五条」駅下車 徒歩約5分
  • 京阪本線「祇園四条」駅下車 徒歩約10分
  • 阪急京都線「京都河原町」駅下車 徒歩約14分
  • 京都市営地下鉄東西線「三条京阪」駅下車 徒歩約23分
  • 京都市営バス「河原町松原」(4・17・80・205号系統)下車 徒歩約10分
  • 京都市営バス「四条京阪前」(12・31・46・80・急100・201・203・207・臨号系統ほか)下車 徒歩約10分
  • 京都バス「四条京阪前」(16・21・23・41・43・63・64・65系統)下車 徒歩約10分
  • 京阪バス「四条京阪」(83・84・85・86・87・88系統ほか)下車 徒歩約10分
駐車場
なし
拝観料
観光寺院ではないが参詣自由(無料)
お休み
無休
拝観時間
7:00~17:00
住所
〒605-0815
京都府京都市東山区大黒町通松原下る北御門町254
電話
075-561-7855
FAX
-
公式サイト
-

寿延寺(洗い地蔵)の地図

寿延寺(洗い地蔵)のみどころ (Point in Check)

京都市東山区大黒町通松原下ル北御門町、建仁寺の南東、大和大路通と松原通の交差点の南西を南北に走る大黒町通沿いにある日蓮宗寺院。
山号は興福山、本尊は一塔両尊(釈迦如来・多宝如来)。

江戸初期の1616年(元和2年)、日蓮宗の僧・円乗院日柔を開山として創建されたと伝わり、かつては千葉県鴨川市小湊にある大本山・誕生寺の末寺であったといいます。

本堂には中央に一塔両尊の釈迦如来・多宝如来および日蓮上人、脇には四大菩薩、持国天・増長天・広目天・多聞天の四天王、その他の諸尊、また向かって左には鬼子母尊神、右には大黒天を祀っています。
このうち右側に祀る「油涌大黒天(あぶらわきだいこくてん)」は伝教大師最澄作と伝わり、門前から南へと続く現在の「大黒町通」の名前のの由来にもなっているといいます。

そして一番の見どころとなっているのが、参道途中右手にある洗心殿で、祀られている石像は「浄行大菩薩」といい、釈迦が末法に遣わした四大菩薩の一人で風・火・水・地のうち水徳の仏様で、水徳の力で知らず知らずの間に傷つけたり汚してしまった心をきれいにし、また病気平癒や眼病に霊験あらたかだといいます。

水を仏にかけて体の悪い所をタワシで洗うとご利益があるとされ、通称「あらいぢぞう」と呼ばれて全国各地よりの参詣者が絶えないといい、とりわけ付近に祇園や宮川町といった花街や南座があることから芸舞妓や芸能人などの参拝も多く、芸妓が旦那の浮気封じのために祈願したともいわれています。

その他にも行事としては毎年6月1日にその浄行大菩薩にちなんで、境内にて病気平癒や所願成就を祈念する「浄行大菩薩大祭」が行われ、法要やお火焚き祭が厳修されます。

また平安時代、鴨川に架かる五条の橋(現在の松原橋)を東へ渡ったこの辺りには「十禅師の森」があり、森の中には明治維新前に廃されるまで日吉山王七社権現の一つである十禅師(じゅうぜんじ)を地主神として祀った十禅師社(じゅうぜんじのやしろ)があったといいます。

十禅師は国常立尊(くにのとこたちのみこと)から数えて第10の神にあたる瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)(天照大神の孫すなわち天孫として高天原から日向に降り、皇室の祖先になったとされている神)を、地蔵菩薩の権現(ごんげん)(仏や菩薩が人々を救うために神という仮の姿をもってこの世に現れたもの)とみて名づけられたものです。

そして謡曲「橋弁慶」によれば、武蔵坊弁慶は願い事があって北野の天神に丑の刻詣をし、17日の参籠の後、十禅師詣をしようとした所、その通り道にある五条の橋にて昨晩12、3の少年が出現し通行人を小太刀で斬って回ったとの話を耳にし、討ち取る決心をして橋に向かったものの、そこへ現れた牛若丸(後の源義経)に散々に打ち負かされ、その後、十禅師の森へと引っ立てられて主従の誓いを結ぶこととなったとされてます。

江戸時代に入りその十禅師の森の旧跡に創建されたのが当寺であり、境内の中庭には五条大橋旧跡の碑があるほか、近年になって境内参道の途中右手に十禅大明神を祀る社が復興されたといい、当時を偲ぶことができるようになりました。

寿延寺(洗い地蔵)の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    山門

    大和大路通と松原通の交差点すぐ西から南西へと伸びる大黒町通を南へ進んだ先に西面して建つ

  • NO IMAGE
    参道

    山門から本堂まで路地のような約40mのまっすぐの参道が続く

  • NO IMAGE
    大黒堂

    三門くぐってすぐ右手

  • NO IMAGE
    当山開基檀越顕彰碑

     

  • NO IMAGE
    十禅大明神

    十禅の森の旧跡地主様

  • NO IMAGE
    宗祖日蓮大上人御廟所

     

  • NO IMAGE
    洗心殿(洗い地蔵)

    浄行大菩薩、通称「あらいじぞう尊」を安置

  • NO IMAGE
    弁天堂(蛇形弁財天)

    洗心殿の左隣
    江の島弁財天の御分身である蛇形弁財天を祀る

  • NO IMAGE
    井戸

     

  • NO IMAGE
    本堂前中庭

     

  • NO IMAGE
    題目碑

    「南無妙法蓮華経 法界」と刻まれている

  • NO IMAGE
    妙見堂

    本堂右側
    開運北辰妙見菩薩を祀る

  • NO IMAGE
    本堂

    中央に一塔両尊(釈迦如来・多宝如来)のほか、脇に日蓮上人、脇には四大菩薩、持国天・増長天・広目天・多聞天の四天王、その他の諸尊を祀る
    向かって左側には鬼子母尊神、右側に大黒天を祀り、このうち右側に祀る「油涌大黒天(あぶらわきだいこくてん)」は伝教大師最澄作といわれ、門前を南北に走る大黒町通の由来

  • NO IMAGE
    寺務所

     

  • NO IMAGE
    玄関

     

関連

  • NO IMAGE
    大黒町通

    境内東側の門前を南北に通る
    本堂脇に祀られている伝教大師最澄作の「油涌大黒天(あぶらわき)」がその名の由来

周辺

寿延寺(洗い地蔵)の主な年間行事・カレンダー

年中行事

2/3
節分会大祭(節分星祭祈願読誦会)

 

6/1
浄行大菩薩大祭

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
 

 

寿延寺(洗い地蔵)のギャラリー

寿延寺(洗い地蔵)の口コミ

TOPへ

access-rank