京都観光 保津川のラフティング一部再開 亀岡、親子連れら歓声

保津川のラフティング一部再開 亀岡、親子連れら歓声

2013年09月22日

2013年9月22日、保津川遊船企業組合(京都府亀岡市保津町)は台風18号の影響で中止していたラフティングを一部再開しました。

再開したのは、同市内3キロを下るコース。

早速親子連れなどが乗りに来られ、歓声を上げていました。

トロッコ保津峡駅まで11キロ、嵐山まで16キロのコースは中止が続いています。

保津川下りは約1週間後の再開を目指し復旧を急いでいます。

同組合のラフティングは昨年6月に始まったばかりなんですが、夏場の利用者は月約千人に上っています。

嵐山に行くと、ラフティングで川を下ってきた観光客が本当にたくさん増えてきたというのは実感しておりました。

観光組合や遊船組合、地元の皆さんは頑張って復旧に取り組んでおられます。

早く保津峡の風光明媚な景色を楽しみながらラフティング、保津川下り、したいですね。

そのときを楽しみに待ちたいと思います。

 

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130922000070

関連記事


最近チェックしたページ

check

TOPへ