京都観光 浄瑠璃寺庭園、12世紀前半の洲浜 木津川、本堂完成時期確定か

浄瑠璃寺庭園、12世紀前半の洲浜 木津川、本堂完成時期確定か

2013年09月4日

130904_022013年9月4日、国の特別名勝・史跡の浄瑠璃寺(木津川市加茂町)庭園を調査中の木津川市教育委員会は池の西側から、12世紀前半の造成工事跡や同時期に整備された石敷きの洲(す)浜が見つかったと発表しました。

浄瑠璃寺の庭園は、中央の池を挟んで西に本堂、東に三重塔があり、阿弥陀如来を配する西を極楽浄土に見立てた浄土式庭園です。

縁あって行者祭りに参加したときに、古くから伝わる秘仏を拝見させていただき、感動したことを思い出します。

京都市内から離れているために応仁の乱の戦火から逃れ、建立当時の建物や仏像がそのまま残っています。

貴重な文化財がおさめられ大自然の緑に囲まれた心穏やかになるお寺です。

また行きたいな~。

 

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20130904000166

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyotonikanpai.com/news/2013/09/04/%e6%b5%84%e7%91%a0%e7%92%83%e5%af%ba%e5%ba%ad%e5%9c%92%e3%80%81%ef%bc%91%ef%bc%92%e4%b8%96%e7%b4%80%e5%89%8d%e5%8d%8a%e3%81%ae%e6%b4%b2%e6%b5%9c%e3%80%80%e6%9c%a8%e6%b4%a5%e5%b7%9d%e3%80%81%e6%9c%ac/trackback/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事


TOPへ

最近チェックしたページ

check

地図で探す

map
×

カレンダーで探す

×

花暦はこちら