谷性寺(光秀寺) 京都観光

谷性寺(光秀寺)

谷性寺(光秀寺)

明智光秀の首塚を祀るゆかりの寺、関西有数の桔梗の里

1582年本能寺の変を起こし山崎の戦いで秀吉に敗れた明智光秀が信仰した寺で光秀の首塚が祀られるなどゆかりが深いことから光秀寺の別名。 命日の6月14日には回向、亀岡光秀まつりでも追善供養が行われる。 夏には門前に明智の家紋でもある桔梗が咲き乱れ関西では数少ないききょうの里も開園、桔梗寺とも

谷性寺(光秀寺)とは?(基本データ)

名前
谷性寺(光秀寺)(こくしょうじ(みつひででら))
エリア
亀岡
ジャンル

寺社 桔梗 近畿楽寿観音三十三

建立・設立
創建年不詳
1582年(天正10年)6月、明智光秀は豊臣秀吉軍に山崎の戦いで敗れ、坂本城へ向かう途中山科・小栗栖で落ち武者狩りをしていた民衆に襲われ落命、側近の溝尾庄兵衛が光秀の首を隠しておき、後に光秀が生前信仰していた谷性寺に埋葬したとされる
1855年(安政2年)、「光秀公首塚」の石碑が光秀の怨念を鎮めるため建立される
2003年(平成15年)、約1万2千本の桔梗の苗を植え「ききょうの里」がスタート
宗派
真言宗大覚寺派
山号
清瀧山(せいりょうざん)
本尊
不動明王
寺紋
 
札所等
近畿楽寿観音三十三ヶ所 25番
アクセス
  • JR嵯峨野線(山陰本線)「亀岡」駅下車 京阪京都交通バスで「猪倉」まで約20分
  • 「亀岡駅前」より京阪京都交通バス「猪倉」(40系統)下車 徒歩約5分
  • 京都縦貫自動車道「亀岡IC」より車で約15分
駐車場
無料駐車場あり
拝観料
■ききょうの里
└中学生以上 500円(6月下旬の紫陽花プレオープン期間は300円)
お休み
ききょうの里開園中は無休
拝観時間
■ききょうの里(7月~8月上)
└9:00~17:00
住所
〒621-0241
京都府亀岡市宮前町猪倉土山39
電話
0771-26-2054
0771-26-3753(ききょうの里開園中のみ)
FAX
-
公式サイト
25番 谷性寺 近畿楽寿観音霊場
丹波かめおか光秀物語 ききょうの里
ききょうちゃんのブログ
亀岡ききょうの里 Facebook

谷性寺(光秀寺)の地図

谷性寺(光秀寺)のみどころ (Point in Check)

谷性寺(光秀寺)の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
     

     

周辺

  • NO IMAGE
     

     

谷性寺(光秀寺)の主な年間行事・カレンダー

年中行事

 
 

 

4/8
花まつり

 

5/3
亀岡光秀まつり 光秀公追善供養

9:20

 
 

 

6/14
光秀公忌

 

6月下~7月下
亀岡ききょうの里

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
桜(サクラ)

 

 
藤(フジ)

 

 
紫陽花(アジサイ)

 

6月下~8月初
桔梗(キキョウ)

桔梗を家紋としていた明智光秀の首塚があるゆかりの寺で「光秀寺」の別名
「桔梗寺」とも呼ばれ門前には観光桔梗園の「ききょうの里」、2003年に開園し、7000平方mの敷地に5万株、紫や白をはじめ珍しいピンク色や八重咲きの花も咲くほか、ユリやひまわり、ルドベキア、あじさいの花も楽しめる
2013年には騎乗の明智光秀像が移設されたほか、「ききょうの里灯り」のイベントの開催もスタート

谷性寺(光秀寺)のギャラリー

谷性寺(光秀寺)の口コミ


TOPへ

access-rank