穴太寺 京都観光

穴太寺

穴太寺

身代わり観音の伝説と布団で寝ているなで仏で有名な寺

天台宗。705年文武天皇勅命で創建の古刹。 西国観音霊場二十一番札所で聖観世音菩薩は身代わり観音の伝説で今昔物語集にも名が残る。 本堂脇陣の釈迦涅槃像は悪い所を撫でると病が治る撫で仏で布団を被り寝ている姿が珍しい。紅葉やサツキが美しい庭園は丹波名庭の一つ。1/3の福給会は300年続く伝統行事

穴太寺とは?(基本データ)

名前
穴太寺(あなおじ)
エリア
亀岡
ジャンル

寺社 紅葉 皐月 撫で仏 西国三十三所 神仏霊場会 多宝塔

建立・設立
伝・705年(慶雲2年)
創始者
[勅願] 文武天皇(もんむてんのう)
[開基] 大伴古麿(大伴古麻呂)(おおとものこまろ)
宗派
天台宗
山号
菩提山(ぼだいさん)
本尊
[本尊] 薬師如来(完全秘仏)
[札所本尊] 聖観世音菩薩
寺紋
 
札所等
西国三十三所巡礼 第21番
神仏霊場巡拝の道 第130番
アクセス
  • JR嵯峨野線(山陰本線)「亀岡」駅下車 京阪京都交通バスで「穴太口」まで約7分、「穴太寺前」まで約10分
  • 京阪京都交通バス「穴太口」(60系統)下車 徒歩約10分(20分に1本)
  • 京阪京都交通バス「穴太寺前」(循環59・34系統)下車すぐ(1時間に1本)
  • 京都縦貫自動車道「亀岡IC」より約5分
駐車場
南に民間駐車所100台(国道423号線から穴太寺への手前100m)
├乗用車 500円
├マイクロバス 1,200円
└大型車 2,000円
拝観料
入山無料
■本堂拝観・円応院庭園
└500円(団体400円)
■朱印
└300円
お休み
無休
拝観時間
8:00~17:00(拝観・納経)
住所
〒621-0029
京都府亀岡市曽我部町穴太東ノ辻46
電話
0771-24-0809/0771-22-0605
FAX
-
公式サイト
菩提山 穴太寺 西国三十三所巡礼の旅

穴太寺の地図

穴太寺のみどころ (Point in Check)

京都府亀岡市曽我部町穴太にある天台宗の寺院で、丹波でも屈指の古刹。
山号は菩提山(ぼだいさん)、本尊は薬師如来。
「西国三十三所(西国三十三カ所観音霊場)」の第21番札所で、札所本尊は聖観世音菩薩(しょうかんのん)。

古くは「穴穂寺」「穴生寺」とも表記され、「あなおおじ」「あのうじ」「あなおうじ」と読まれることも。

1450年(宝徳2年)成立の「穴太寺観音縁起」によれば、705年(慶雲2年)、文武天皇の勅願により左大弁・大伴古麻呂(大伴古磨)(おおとものこまろ)が本尊に薬師如来を奉安し建立されたといいます。
古麻呂はのちに遣唐副使として、鑑真(がんじん)一行を自分の船に乗せて、来日させた人物です。

そして西国三十三所の札所本尊でもある聖観音像の「身代わり観音」の伝説が「今昔物語集」に採り上げられており、平安末期には観音霊場としてよく知られていたと考えられています。

「身代わり観音」とは、
その昔、丹波国桑田郡曽我部郷の郡司をしていた宇治宮成が妻・妙智の勧めにより、都の仏師・感世に依頼して聖観世音菩薩像を造り、その褒美として仏師に自分の大切にしていた名馬を与えたが、馬が惜しくなり、家来に命じて大江山で待ち伏せして仏師を弓矢で射て殺そうとする。
ところが矢を射られたはずの仏師は無事に帰京しており、放った矢は代わりに聖観世音菩薩像の胸に突き刺さっていたといいます。
それを知った宮成は、観音菩薩の威力に感じ入るとともに、自らの行いを悔い、改心して仏門に入り、その観世音菩薩像を本尊として祀ったといい、以後「身代わり観音」の寺として知られるようになったという言い伝えです。

本堂に安置されている本尊の薬師如来は疫病退散に霊験があるとされる秘仏で、また同じく本堂に安置されている等身大・木造の釈迦如来涅槃像は、自分の病の場所と同じところを撫で、自分の体をなで返すと病気平癒のご利益があるとされ「なで仏」て親しまれています。

庭園も見どころの一つで、美しい池泉回遊式の庭園は室町末期のもので、丹波名庭の一つとして知られ、京都府の名勝に指定。
多宝塔の東部を借景に、江戸中期から末期にかけての手法がよく表現されており、夕陽の沈む西庭の景観も見事です。

そして初夏には皐月(サツキ)が庭園を彩り、秋には境内が紅葉の名所となります。

行事としては、毎年1月3日の「福給会(ふくたばえ)」が有名。
300年以上続く伝統行事で、本堂前の屋根の高さに設けられた舞台から3000枚の福札がまかれ、この中に3枚だけ赤い札が入っており、それを拾った人は1年の幸福を授かり長者になるといわれています。
また近年は1から35番までの当たりくじも準備されていて、多くの参拝者で賑わいます。

穴太寺の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    仁王門

    江戸中期再建、京都府登録文化財

  • NO IMAGE
    西国二十一番穴太寺の石標

     

  • NO IMAGE
    ムクノキ

     

  • NO IMAGE
    参道

     

  • NO IMAGE
    鐘楼

    京都府登録文化財

  • NO IMAGE
    手水舎

     

  • NO IMAGE
    天満宮

    鎮守堂、京都府登録文化財

  • NO IMAGE
    稲荷明神

    鎮守堂、京都府登録文化財

  • NO IMAGE
    多宝塔

    1804年の再建、京都府指定文化財

  • NO IMAGE
    平和塔

     

  • NO IMAGE
    三十三所観音堂

     

  • NO IMAGE
    本堂

    1735年の再建、京都府指定文化財
    内陣に鎌倉時代の作とされる木彫釈迦涅槃像が安置され、体の部分をさわると参拝者の病気がよくなると伝わる

  • NO IMAGE
    方丈表門

    京都府登録文化財

  • NO IMAGE
    受付

     

  • NO IMAGE
    円応院(方丈・庫裏)

    京都府登録文化財

  • NO IMAGE
    円応院庭園

    江戸中期作庭、京都府指定文化財名勝

  • NO IMAGE
    茶室

     

  • NO IMAGE
    渡り廊下

     

  • NO IMAGE
    納経所

     

  • NO IMAGE
    念仏堂

    京都府登録文化財

  • NO IMAGE
    地蔵堂

     

  • NO IMAGE
    宇治宮成の墓

     

  • NO IMAGE

     

  • NO IMAGE
    駐車場

    仁王門出た南

周辺

穴太寺の主な年間行事・カレンダー

年中行事

1/3
福給会(ふくたばえ/ふくたまえ)

 

2月節分
節分会・星祭

 

8/9
盂蘭盆精霊会

 

8/23
孟蘭盆大施餓鬼会

 

12/31
除夜の鐘

 

花ごよみ

 
皐月(サツキ)

 

 
彼岸花(ヒガンバナ)

 

 
紅葉(こうよう)

 

穴太寺のギャラリー

穴太寺の口コミ


TOPへ

access-rank