住吉大伴神社 京都観光

住吉大伴神社

住吉大伴神社

 

 

住吉大伴神社とは?(基本データ)

名前
住吉大伴神社(すみよしおおともじんじゃ)
エリア
衣笠・御室・花園・太秦
ジャンル

寺社 鳳輦・神輿

建立・設立
平安京遷都に伴い大伴氏が大和国より氏神・天押日命を移し「伴氏神社」として創建
平安末期には徳大寺家により住吉神を祀る「住吉神社(すみよしじんじゃ)」に改称
1942年(昭和17年)に大伴祖神を再び祀るべきとして天忍日命(あまのおしひのみこと)と道臣命(みちのおみのみこと)を合祀し「住吉大伴神社(すみよしおおともじんじゃ)」と改める
祭神
大伴祖神
├天押日命(あまのおしひのみこと)
└道臣命(みちのおみのみこと)
住吉三神
├底筒男命(そこつつおのみこと)
├中筒男命(なかつつおのみこと)
└表筒男命(うわつつおのみこと)
ご利益
 
例祭
10/16(例祭)
他に神幸祭(10月第3日曜日)などが知られる
神紋・社紋
葉付十六裏菊
アクセス
  • 京福電鉄(嵐電)北野線「龍安寺」駅下車 北へ徒歩約5分
  • 京福電鉄(嵐電)北野線「妙心寺」駅下車 北へ徒歩約5分
  • 京都市営バス「塔ノ下町」(59号系統)下車 徒歩約2分
  • 京都市営バス「竜安寺前」(59号系統)下車 徒歩約2分
駐車場
 
拝観料
無料
お休み
無休
拝観時間
境内自由
住所
〒616-8006
京都府京都市右京区龍安寺住吉町1
電話
075-462-4498
FAX
-
公式サイト
住吉大伴神社

住吉大伴神社の地図

住吉大伴神社のみどころ (Point in Check)

京都府京都市右京区龍安寺、衣笠山などに続く住吉山の山麓、世界遺産・龍安寺から仁和寺へと向かう観光道路「きぬかけの路」の途中南側にある神社。

詳しい創建の経緯は不明ですが、一説によると古代より有力な豪族であった大伴氏が平安京遷都に伴って大和国から京の都に移った際、大伴氏の氏神・天押日命(あまのおしひのみこと)を移して祀ったのがはじまり。

「続日本後紀」には834年(承和元年)正月に「葛野郡上林郷地方一町を伴宿祢等に賜り氏神を祀るところとする」とあるのが当社のはじまりと考えられ、この点、823年(弘仁14年)に大伴親王が即位し第53代・淳和天皇となったことから、大伴氏はその諱を避け伴氏に改称していたため、神社も「伴氏神社」とされたといいます。
そしてこの伴氏神社は平安中期の927年(延喜5年)にまとめられた当時「官社」に指定されていた全国の神社一覧「延喜式神名帳」においても、山城国葛野郡上林郷の項にその名が式内社として記されています。

大伴氏は天孫降臨の時に瓊々杵尊の先導を行ったとされる天忍日命の子孫とされる天神系氏族で、武門の家として物部氏と共に皇居を警衛し禍乱を鎮圧するなどして功を立て、万葉歌人として知られる大伴安麻呂(おおとものやすまろ ?-714)、大伴旅人(おおとものたびと 665-731)、大伴家持(おおとものやかもち 718-85)などがその名を知られています。

しかし866年(貞観6年)に「応天門の変」で伴大納言と呼ばれ権勢を振るった伴善男(とものよしお 809-68)が放火の罪を着せられて失脚し伊豆に流されると、大伴氏は没落の一途をたどり、その後神社のあった地は左大臣・藤原実能(徳大寺実能)などを輩出した徳大寺家の領地となり、平安末期には徳大寺家により和歌の神として住吉神を祀る「住吉神社(すみよしじんじゃ)」が創建され、龍安寺・谷口地区の氏神として崇敬を集めたといいます。

そしてこの住吉神社は江戸中期の江戸幕府による最初の官撰地誌である並河永らにより編纂された「山城志」にてかつての伴氏神社に比定されていて、これを受けて昭和期に入ると再び大伴祖神を祀るべきという意見が強まったことから、1942年(昭和17年)8月21日に天忍日命と道臣命(みちのおみのみこと)が合祀されるとともに、社名も「住吉大伴神社(すみよしおおともじんじゃ)」と改められ現在に至っています。

現在の本殿は昭和初期のものですが住吉造で建てられているのが珍しく、その他にも境内社として小松尾神社(斎明神社を併祀)と十禅師社が祀られているほか、境内には「区民誇りの木」に選ばれているヒノキとスギの巨木があることでも有名です。

普段は静かな境内ですが、毎年10月の第3日曜日に開催される「神幸祭」では神輿・稚児・子供獅子・子供みこしが氏子区域を練り歩き大いに賑わうほか、宵宮および神幸祭当日には住吉大伴神社太鼓連による奉納太鼓も披露されます。

住吉大伴神社の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    社号標

    きぬかけの路沿いにあり、この右側にある小道を南へ進むと神社正面の鳥居の前に出る

  • NO IMAGE
    小道

    北側のきぬかけの道と境内南側とをつなぐ

  • NO IMAGE
    社号標

    境内南側の鳥居右手前

  • NO IMAGE
    石鳥居

    境内南側

  • NO IMAGE
    参道

    正面に本殿

  • NO IMAGE
    スギ

    境内ほぼ中央
    高さ18m、幹周2.8mで区民誇りの木に選定

  • NO IMAGE
    社務所

    本殿左手

  • NO IMAGE
    手水舎

    本殿手前左

  • NO IMAGE
    拝殿

     

  • NO IMAGE
    本殿

     

  • NO IMAGE
    本殿左の道

    本殿裏手へ出る

  • NO IMAGE
    ヒノキ

    本殿の背後にそびえるようにして立つ
    高さ20m、幹周2.8m

  • NO IMAGE
    小松尾神社

    本殿の右側(東側)にある境内末社
    斎明神社と小松尾神社を併せ祀る

  • NO IMAGE
    十禅師社

    社殿の左側(西側)

  • NO IMAGE
    北鳥居

    境内北側、きぬかけの路沿いにあり、境内裏手に出る

  • NO IMAGE
    大伴家持の「海行かば」の碑

     

周辺

住吉大伴神社の主な年間行事・カレンダー

年中行事

10/16
例祭

 

10月第3日曜日
神幸祭(秋祭り)

前日の宵宮では住吉大伴神社太鼓連による太鼓の奉納(神幸祭当日も太鼓の奉納あり)
神幸祭当日は神輿・稚児・子供獅子・子供みこしなどが竜安寺地区・谷口地区の両地区を巡行、途中妙心寺北門前などを練り歩く

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
 

 

住吉大伴神社のギャラリー

住吉大伴神社の口コミ


TOPへ

access-rank