浄住寺 京都観光

浄住寺

浄住寺

 

 

浄住寺とは?(基本データ)

名前
浄住寺(じょうじゅうじ)
エリア
松尾・桂・西京極
ジャンル

寺社 紅葉

正式名
葉室山淨住寺
建立・設立
810年(大同5年/弘仁元年)、天台宗寺院「常住寺」として創建
1261年(弘長元年)、真言律宗寺院「浄住寺」として中興
1687年(貞享4年)、黄檗宗寺院として再建
創始者
[勅願] 嵯峨天皇
[開山] 慈覚大師円仁
[中興] 葉室定嗣
[中興開山] 叡尊
[再興] 葉室頼孝
[再興開山] 鉄牛道機
宗派
黄檗宗長松派
山号
葉室山(はむろさん)
本尊
釈迦牟尼仏坐像
寺紋
割菱(四つ菱)(葉室菱(はむろびし))
札所等
京都洛西観音霊場 第30番札所
アクセス
  • 阪急嵐山線「松尾大社」駅下車 西南へ徒歩約15分
  • 阪急嵐山線「上桂」駅下車 西へ徒歩10~15分
  • 京都市営バス「松尾大利町」(29・69号系統) 下車 徒歩約7分
  • 京都バス「苔寺・すず虫寺」(63・73・73快・83系統)下車 徒歩約5分
駐車場
12台
拝観料
境内自由・無料(本堂・方丈は通常非公開)
■座禅体験(毎月第2・4日曜日)
└体験料1,000円(前日までに要予約)
■秋の特別公開(11月中~12月上)
└大人600円 小人300円
お休み
 
拝観時間
4~11月 9:00~17:00
12月~3月 9:00~16:30
秋の特別公開 9:00~16:00(受付終了)
住所
〒615-8276
京都府京都市西京区山田開町9
電話
075-381-6029
FAX
075-381-6029
公式サイト
葉室山浄住寺 Facebook
和の素敵 京都浄住寺が発信する素敵な和のメディア
浄住寺 京都を彩る建物や庭園 京都市文化市民局
座禅会情報 臨黄ネット

浄住寺の地図

浄住寺のみどころ (Point in Check)

京都市西京区山田開町、世界遺産・苔寺(西芳寺)や鈴虫寺(華厳寺)、地蔵院(竹の寺)などにほど近い位置にある黄檗宗の寺院。
山号は葉室山で、本尊は釈迦牟尼仏坐像。

寺伝によれば、平安初期の810年(大同5年/弘仁元年)に第52代・嵯峨天皇(さがてんのう 786-842)の勅願により、慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん 794-864)が天台宗寺院「常住寺」として開創したのがはじまり。

その後、鎌倉中期の1261年(弘長元年)に藤原北家勧修寺派の公卿・葉室定嗣(はむろさだつぐ 1208-72)が奈良西大寺の叡尊(えいそん 1201-90)を開山に迎えて中興し、真言律宗の寺院「浄住寺」と改められました。
以後は葉室家の菩提寺として栄え、正慶2年(1323年)の絵図では本堂・鐘楼・舎利殿などの多くの堂宇が立ち並ぶ様子が描かれているといいます。

鎌倉末期の1333年(元弘3年/正慶2年)4月、六波羅探題軍と千種忠顕(ちくさただあき ?-1336)率いる後醍醐天皇軍が交戦した際に全焼し、その後も「応仁の乱(1467~77)」など度重なる兵火に遭って荒廃し、1567年(永禄10年)には全焼しますが、江戸中期の1687年(貞享4年)に葉室頼孝(はむろよりたか ?-1709)が萬福寺の木庵の高弟・鉄牛道機(てつぎゅうどうき 1628-1700)を開山として再興し、以後は黄檗宗の寺院となり現在に至っています(1689年(元禄2年)に葉室孝重による再興という説も)。

鉄牛禅師を祖とする萬福寺塔頭・長松院の長松派の筆頭寺院として黄檗宗では本山・萬福寺に次ぐ寺格を有し、境内は回廊でつながれた左右対称の伽藍や方丈庭園など、本山・萬福寺を意識した設計で整備されていて、中でも東西に伸びる参道の先に本堂、その後方中軸上に位牌堂、開山堂、寿塔が一列に並ぶ姿は京都市内では数少ない黄檗宗寺院の典型的な伽藍配置となっています。

現在の本堂は1697年(元禄10年)に再建されたもので、本尊・釈迦牟尼仏坐像および鉄牛が天竺仏を求め安置したという如意輪観音像、更に開山堂には鉄牛禅師像、観音堂には「京都洛西観音霊場」の第30番札所となっている聖観音像が安置されています。

また自然豊かな境内全域が京都市の文化財環境保全地域に指定されていて、近年まで完全非公開でしたが、2015年頃より公開される機会が増加し、秋の紅葉の見頃の時期には特別公開も開催されています。

その他にも仙台藩4代藩主・伊達綱村(だてつなむら 1659-1719)が幼少期を過ごした江戸の武家屋敷を移築したもので、有名な三大お家騒動の一つ「伊達騒動」の際に幼少の綱村を逃がすための「武者隠し」と呼ばれる仕掛けが残っている「方丈」や、方丈前の室町期の池泉式庭園、狩野永岳(かのうえいがく 1790-1867)筆の衝立「雲龍図(うんりゅうず)」などが見所となっています。

浄住寺の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    道標

    山田岐れ交差点

  • NO IMAGE
    門前入口

     

  • NO IMAGE
    山門

     

  • NO IMAGE
    参道石段

    東西に伸びる

  • NO IMAGE
    本堂兼禅堂

    京都市指定有形文化財

  • NO IMAGE
    位牌堂(祠堂)

    京都市指定有形文化財

  • NO IMAGE
    開山堂

    京都市指定有形文化財

  • NO IMAGE
    寿塔

    京都市指定有形文化財

  • NO IMAGE
    観音堂

    本堂左
    右から薬師如来像、聖観音像、大日如来像
    聖観音像は洛西三十三か所観音霊場の30番札所

  • NO IMAGE
    鎮守社

    観音堂の奥
    八幡大菩薩などを祀る

  • NO IMAGE
    渡り廊下

    本堂と方丈をつなぐ

  • NO IMAGE
    方丈

    本堂右・北側

  • NO IMAGE
    庭園

    本堂と方丈の間

  • NO IMAGE
    開山鉄牛道機遺掲の石碑

     

  • NO IMAGE
    庫裡

    本堂右・北側

  • NO IMAGE
    亀甲竹(キッコウチク)

    時代劇「水戸黄門」の杖にも使われたという

  • NO IMAGE
    四方竹(シホウチク)

    四角い形

周辺

浄住寺の主な年間行事・カレンダー

年中行事

 
 

 

月並行事

毎月第2土日
坐禅会

 

毎月第3木曜
三木会(さんもくかい)

 

花ごよみ

 
梅(ウメ)

 

 
睡蓮(スイレン)

 

 
萩(ハギ)

 

 
紅葉(こうよう)

 

浄住寺のギャラリー

浄住寺の口コミ


TOPへ

access-rank