妙伝寺(妙傳寺) 京都観光

妙伝寺(妙傳寺)

妙伝寺(妙傳寺)

 

 

妙伝寺(妙傳寺)とは?(基本データ)

名前
妙伝寺(妙傳寺)(みょうでんじ)
エリア
岡崎・吉田・鹿ケ谷
ジャンル

寺社 日蓮宗京都八本山

建立・設立
1477年(文明9年)
創始者
[開基] 妙善
[開山] 日意
[中興] 日恵
宗派
日蓮宗 本山(由緒寺院)
山号
法鏡山
本尊
三宝尊
寺紋
 
札所等
日蓮宗京都八本山
アクセス
  • 京都市営地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約5分
  • 京阪本線・鴨東線「三条」駅下車 徒歩約10分
  • 京都市営バス「東山二条・岡崎公園口」(31・32・201・202・203・206号系統)下車すぐ
  • 京都市営バス「東山仁王門」(31・46・201・202・203・206号系統)下車 徒歩約3分
  • 京都バス「東山三条」(18系統ほか)下車 徒歩約7分
  • 京阪バス「東山三条」(17・19・56・56A系統ほか)下車 徒歩約7分
  • JR「京都」駅より車・タクシーで約15分
  • 名神高速道路「京都東IC」より三条通を西へ約15分
  • 名神高速道路「京都南IC」より約25分
駐車場
本堂南側に駐車
※大型バスは駐車不可(一本南の仁王門通で待機可能)
拝観料
境内自由・無料
朱印300円
お休み
-
拝観時間
-
住所
〒606-8352
京都府京都市左京区東大路二条下ル北門前町481
電話
075-771-2088
FAX
075-771-6198
公式サイト
西身延 本山 妙傳寺
西身延 本山 妙傳寺 日蓮宗

妙伝寺(妙傳寺)の地図

妙伝寺(妙傳寺)のみどころ (Point in Check)

京都市左京区東大路二条下ル北門前町、交差点角に建つ日蓮上人像が印象的な岡崎の二条通と東山通との交差点に位置する日蓮宗の本山。
京都八本山の一つで「西身延」の通称で知られている寺院です。

室町時代の1477年(文明9年)、円教院日意が薬屋・妙善の帰依を受けて京都一条尻切屋町の地に創建したのがはじまり。

この点、創建にあたっては関西の信者が山梨の身延山まで参詣する不便を思い、師の日朝とはかって身延より宗祖・日蓮の御真骨を分骨奉安。同時に身延七面山に勧請されている七面天女と同木同体の霊体を安置しました。
そして日蓮の御遺骨と御真筆を祀ることから「西身延」と称され、関西以西の日蓮宗信者はこぞって参拝したと伝えられています。

1536年(天文5年)の有名な「天文法華の乱」では比叡山衆徒による焼き討ちで伽藍を焼失し一時堺に避難しますが、1541年(天文10年)に後奈良天皇による法華宗帰洛の綸旨を受けて京都に戻り、四条西洞院にて再興(第二の妙伝寺)。

更に1591年(天正19年)、妙伝寺第6世・慈眼院日恵の時代に、豊臣秀吉の京都都市改造計画により京極二条(寺町夷川)の地に移転(第三の妙伝寺)。
この時に一条家・四条家の菩提寺となるなど以前にも増して寺勢は興隆したことから、日恵は中興の祖と仰がれています。

更に第8世には有名な心性院日遠が猊座し、第14世・法性院日勇は学徳高く、後水尾天皇の中宮・東福門院より金紋袈裟を賜っているほか、山科に護国寺を開山し、山科檀林を開いたことでも知られる人物です。

その後、江戸中期の1708年(宝永5年)に「宝永の大火」により全山焼失していますが、第29世・住心院日義によって現在の東山二条の地に再興(第四の妙伝寺)。
現在の本堂は第35世・了遠院日勤の代に浄財を勧募して建立されたものです。

妙伝寺(妙傳寺)の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    山門

    境内の西側、東大路通沿い

  • NO IMAGE
    日蓮上人御分骨之道場の石標

    山門手前左

  • NO IMAGE
    石標

    山門手前左、日蓮上人御分骨之道場の石標の裏側にある
    「七卿落ち」で知られる四条隆謌(しじょうたかうた)の墓があることを示す

  • NO IMAGE
    本堂

    第35世・了遠院日勤の代の1764年(宝暦14年)に建立
    堂内には御本尊のほか、錐揉みの祖師像、七面大明神、開山・日意上人像を安置

  • NO IMAGE
    御真骨堂

    本殿左手(北側)にある、宗祖・日蓮大聖人の御真骨を奉安する廟堂
    その他にも一条家、四条家の位牌をはじめ、徳川家や寺院開創以来の外護檀信徒の位牌も祀る

  • NO IMAGE
    片岡仁左衛門碑

    山門の横、本堂の前に建つ第11代片岡仁左衛門の碑
    東京の池上本門寺とともに松嶋屋・片岡仁左衛門家の菩提寺であることから

  • NO IMAGE
    日蓮大聖人像

    「東山二条」の交差点に向かって建つ

  • NO IMAGE
    客殿

    本堂の裏(東側)
    醍醐寺三宝院から移築したもので、年末恒例の「顔見世興行」で掲げられるまねきを書く「まねき書き」が行われる場所でもある

  • NO IMAGE
    浄行菩薩

    客殿の前

  • NO IMAGE
    寺務所

    玄関、朱印札所、総受付

  • NO IMAGE
    駐車場

    境内北側、二条通沿いに出入口

  • NO IMAGE
    妙傳寺墓地

    境内東側にあり、古い歴史を持つ墓地
    一条家・四条家の墓をはじめ、江戸時代の俳人・成田蒼きゅうや、片岡仁左衛門、「七卿落ち」で知られる澤宣嘉・四条隆謌の墓、近藤勇や中岡慎太郎の写真を撮影したことで知られる写真師・堀與兵衛などの墓もあるという

  • NO IMAGE
    玉樹院

    本堂右手(境内南側)に塔頭5院が並ぶうちの東から1番目

  • NO IMAGE
    本光院

    本堂右手(境内南側)に塔頭5院が並ぶうちの東から2番目

  • NO IMAGE
    龍岳院(龍嶽院)

    本堂右手(境内南側)に塔頭5院が並ぶうちの東から3番目

  • NO IMAGE
    円立院(圓立院)

    本堂右手(境内南側)に塔頭5院が並ぶうちの東から4番目

  • NO IMAGE
    妙釈院(妙釋院)

    本堂右手(境内南側)に塔頭5院が並ぶうちの東から5番目

周辺

妙伝寺(妙傳寺)の主な年間行事・カレンダー

年中行事

3月彼岸
春彼岸会

 

8月上
盂蘭盆会

 

9月彼岸
秋彼岸会

 

11月中
まねき書き

京都の南座で毎年年末の恒例となっている「吉例顔見世興行」のに出演する役者の名前を書く
初代・片岡仁左衛門のお墓がある縁で当院にて行われているという

11/13
御会式

 

12/31
除夜の鐘

 

月並行事

毎月19日
七面大明神例祭

 

花ごよみ

 
桜(サクラ)

 

妙伝寺(妙傳寺)のギャラリー

妙伝寺(妙傳寺)の口コミ


TOPへ

access-rank