京都仙洞御所・大宮御所 京都観光

京都仙洞御所・大宮御所

京都仙洞御所・大宮御所

天皇陛下や皇太子の京都滞在時の宿泊施設として使用

京都御苑の東南。仙洞御所は江戸初期に皇位を退いた後水尾上皇の御所として江戸幕府が造営。1854年焼失後は再建されず庭園・茶室が残る。 隣接する大宮御所は徳川秀忠の娘で後水尾院中宮・東福門院の御所として造営。現在の建物は孝明天皇時の再建で天皇・皇太子の京都滞在時の宿泊に利用される

京都仙洞御所・大宮御所とは?(基本データ)

名前
京都仙洞御所・大宮御所(きょうとせんとうごしょ・おおみやごしょ)
エリア
京都御所
ジャンル

邸宅・屋敷・別荘 庭園 茶室

建立・設立
1627年(寛永4年)、江戸幕府が皇位を退く後水尾天皇(のち上皇)の御所として「仙洞御所」を、徳川秀忠の娘で後水尾院中宮・東福門院和子の御所として「大宮御所」の造営に着手、1630年(寛永7年)に完成
1854年(安政元年)、仙洞御所が焼失し以後御殿は再建されず
1867年(慶応三年)、仙洞御所の敷地と庭園が大宮御所に組み入れられ、皇室の京都における邸宅として整備
アクセス
駐車場
■中立売西駐車場
├バス20台 3時間1300円(以降1時間毎200円)
└自家用車250台 3時間500円(以降1時間毎100円)
7:40~19:30(出場は24時間可)
■清和院東駐車場
└自家用車80台 3時間500円(以降1時間毎100円)
8:40~20:00(20:00以降閉鎖)
拝観料
無料
お休み
月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12/28~1/4)
行事等が行われる日
拝観時間
11:00~、13:30~(拝観所要約1時間、事前予約制)
住所
〒602-0881
京都府京都市上京区京都御苑3 京都御苑内
電話
075-211-1215(宮内庁京都事務所参観係)
FAX
-
公式サイト
京都仙洞御所 宮内庁参観案内
宮内庁オンライン参観受付システム
京都大宮御所・京都仙洞御所 宮内庁
京都仙洞御所 公益財団法人菊葉文化協会

京都仙洞御所・大宮御所の地図

京都仙洞御所・大宮御所のみどころ (Point in Check)

京都市上京区京都御苑内、京都御苑の東南の築地塀に囲まれた約9万平方メートルの敷地にある院御所および庭園。

「仙洞御所」とは退位した天皇、すなわち上皇(太上天皇・院とも)のための御所で、この点「仙洞」とは元々は不老長寿の仙人の住居を意味するものですが、仙人が理想的な人間像かつ俗世を離れて深山に隠遁する所から、転じて譲位した天皇の御所の呼称として使われるようになったといいます。

平安内裏の本宮に対する予備の別宮を「後院(ごいん)」といい、平安初期の第54代・仁明天皇(にんみょうてんのう 808-50)以降、天皇は譲位すると内裏(だいり)を出て別の御所に移るのが通例となり、後院はその上皇の御所に充てられていたといいますが、平安中期以降は里内裏を院の御所とすることが多くなり、また院政期には上皇の活動も活発化したこともあって各所に仙洞御所が設けられたといいます。

現在の京都御所に隣接する位置に定まったのは江戸初期の1627年(寛永4年)、第108代・後水尾天皇(ごみずのおてんのう 1596-1680)が皇位を退き上皇となる際に江戸幕府が造営に着手し、1630年(寛永7年)に完成したのがそのはじまりで、崩御される1680年(延宝8年)まで御所で過ごしたといい、その後、第112代・霊元上皇(れいげんじょうこう 1654-1732)、第114代・中御門上皇(なかみかどじょうこう 1702-37)、第115代・桜町上皇(さくらまちじょうこう 1720-50)・最後の女性天皇として知られる第117代・後桜町上皇(ごさくらまちじょうこう 1740-1813)、そして第119代・光格上皇(こうかくじょうこう 1771-1840)の5人の上皇が同じ場所を御所としたといいます。

幾度か火災と再建が繰り返された後、江戸後期の1854年(安政元年)に発生した火災によって主要な建物は焼失して以降は、仙洞に住むべき上皇が不在だったこともあり再建されず、現在は庭園および醒花亭と又新亭の2つの茶室が残されていて、往時の面影をとどめています。

そして近年、2019年(令和元年)の天皇の代替わりにあたって、第125代・平成天皇および皇后が新上皇・上皇后として居住される皇居の御所を「吹上仙洞御所」、第126代の新天皇・皇后が居住される東宮御所を「赤坂御所」と改称されることとなり、これに合わせて京都の仙洞御所も5月1日付で「京都仙洞御所」と改められています。

一方、仙洞御所の北側に隣接する「大宮御所」の方は、後水尾院の中宮である東福門院(とうふくもんいん 1607-78)(徳川秀忠の娘・徳川和子)の御所として建てられた後、皇太后などの女院御所として使われましたが、仙洞御所と同様に再三の火災で焼失し、現在の建物は幕末の1867年(慶応3年)に第121代・孝明天皇の皇后である英照皇太后(えいしょうこうたいごう 1835-97)の御所として建てられたものです。

そして明治時代に入り皇太后が東京へ移られた後は御常御殿のみを残すとともに、仙洞御所の敷地と庭園を大宮御所に組み入れるなどして皇室の京都における邸宅として整備され、現在は天皇陛下や皇太子殿下の京都滞在時や、国賓が入洛された時などの宿泊施設として利用されています。

この点、京都仙洞御所・大宮御所の管理は宮内庁の京都事務所が行っており、事前予約にて一般参観が可能ですが、空きがあれば当日でも参観が可能となっていて、ガイドの説明を聞きながら建物や庭園を見学をすることができます。

このうち仙洞御所の庭園は江戸初期の1636年(寛永13年)に世界遺産・二条城の二の丸庭園なども手がけた幕府の作事奉行・小堀遠州(こぼりえんしゅう 1579-1647)によって作庭された後、約30年後の1664年(寛文4年)に後水尾上皇が手を加えたものといわれていて、北池と南池の2つの池を中心とした回遊式庭園となっていて庭園を巡りながら、春の桜や藤やツツジ、秋の紅葉など、四季折々の変化に富んだ景色を楽しむことができます。

ちなみに江戸中期の1747年(廷享4年)には桜町上皇が歌人・冷泉為村(れいぜいためむら 1712-74)に命じて「仙洞十景」を選ばせており、当時の仙洞十景は「寿山の早苗」「古池の山吹」「茅葺の時雨」「神祠の夜燈」「滝殿の紅葉」「釣殿の飛螢」「鑑水の夕照」「悠然台の月」「醒花亭の桜」「止々斎の雪」とされていました。

京都仙洞御所・大宮御所の施設案内

 

仙洞・大宮御所

  • NO IMAGE
    北門(参拝者出入口)

     

  • NO IMAGE
    参観者休所

     

  • NO IMAGE
    大宮御所 表門(正門)

     

  • NO IMAGE
    御車寄

    大宮御所の玄関で、現在も天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下が入洛された際に使用されている

  • NO IMAGE
    大宮御所 御常御殿(おつねごてん)

    大正年間に内部を洋風に改められ、周りにはガラス戸がはめられている

  • NO IMAGE
    南庭

    御殿前の白の梅のほか松や竹も植えられていて「松竹梅の庭」とも呼ばれる

  • NO IMAGE
    御庭口

     

  • NO IMAGE
    北池

    紅葉谷の掘割を境にした北側の苑池
    造営当初は女院御所の庭であったという

  • NO IMAGE
    北池の舟着

     

  • NO IMAGE
    阿古瀬淵と六枚橋

    紀貫之の幼名「阿古久曽」に由来

  • NO IMAGE
    紀氏遺蹟の石碑

    阿古瀬淵の北の小高い丘の上に立つ紀貫之の邸宅跡を示す石碑

  • NO IMAGE
    鎮守の社(鎮守社)

    苑路の左手(北側)の小高い丘にあり、朱色の垣が見える
    伊勢神宮をはじめ上賀茂神社・下鴨神社、石清水八幡や春日神社の神々が祀られている
    仙洞十景の一つ「神祠の夜灯」はこの鎮守社の灯火

  • NO IMAGE
    御田社

     

  • NO IMAGE
    東橋(土橋)

     

  • NO IMAGE
    鷺鳥の石橋(石橋)

     

  • NO IMAGE
    雌滝

     

  • NO IMAGE
    山ノ神

     

  • NO IMAGE
    鷺の森

     

  • NO IMAGE
    もみじ橋(紅葉橋)

     

  • NO IMAGE
    紅葉山

     

  • NO IMAGE
    蘇鉄山

     

  • NO IMAGE
    南池

    紅葉谷の掘割を境にした南側の苑池

  • NO IMAGE
    雄滝と草紙洗の石

    小野小町と大伴黒主のエピソード

  • NO IMAGE
    出島と土佐橋

     

  • NO IMAGE
    八ツ橋と藤棚

     

  • NO IMAGE
    雪見灯籠

    八ツ橋を渡った所

  • NO IMAGE
    中島(鷺島)

     

  • NO IMAGE
    反橋

     

  • NO IMAGE
    葭島

     

  • NO IMAGE
    悠然台

     

  • NO IMAGE
    醒花亭(せいかてい)

    名前の由来は唐の詩人・李白の詩「夜来月下臥醒花影」からで茶室には詩が飾られている
    庭園の一番南側にあり庭園全体を見渡すことができる
    現在しない止々斎・鑑水亭とともに回遊式庭園における三店の一つであった

  • NO IMAGE
    栄螺山

     

  • NO IMAGE
    御冷し(おひやし)

    氷室跡とも伝わる

  • NO IMAGE
    柿本社

    万葉歌人として有名な柿本人麻呂を祀る
    人麻呂=火止まる=火伏せのご利益

  • NO IMAGE
    仙洞御所御殿跡

     

  • NO IMAGE
    仙洞御所正門

     

  • NO IMAGE
    洲浜

    11万1千個ほどの楕円形の平たい石が敷きつめてあり、小田原藩主・大久保忠真が領民に集めさせ光格天皇に献上したもの
    石1個につき米1升の約束で運ばせたという伝承があり「一升石」の別名を持つ

  • NO IMAGE
    桜の馬場

    州浜に沿ってまっすぐ伸びる道

  • NO IMAGE
    又新亭の外腰掛

     

  • NO IMAGE
    又新亭中門

     

  • NO IMAGE
    又新亭(ゆうしんてい)

    1884年(明治17年)に近衛家から献上された茶室
    茅葺きとこけら葺きの屋根に大きな吉野窓(丸窓)を持つ

周辺

関連

京都仙洞御所・大宮御所の主な年間行事・カレンダー

年中行事

 
 

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
梅(ウメ)

大宮御殿前に紅白の梅

 
桜(サクラ)

 

 
藤(フジ)

八ツ橋

 
霧島躑躅(キリシマツツジ)

 

 
躑躅(ツツジ)

 

 
百日紅(サルスベリ)

 

 
紅葉(こうよう)

紅葉山やもみじ橋(紅葉橋)を中心に

京都仙洞御所・大宮御所のギャラリー

京都仙洞御所・大宮御所の口コミ


TOPへ

access-rank