京都観光 松尾大社でヤマブキが見頃に

松尾大社でヤマブキが見頃に

2014年04月16日

140416-01

松尾大社は本当に古くからある神社で、その昔、秦氏が桂川を治水し農業を発展させ、お酒の醸造も始めました。

酒造は秦氏得意技とされています。

その秦氏が幹部神職を勤めてきたのが松尾大社です。

松尾大社の中には小川が流れそのわきにはヤマブキ(山吹)が多数あります。

ヤマブキに境内が覆われるといっても過言ではないほどです。

その黄色いかれんな花に覆われた松尾大社はまた格別の趣がありますよ。

満開は4月20日頃なんだそうで、5月5日まで山吹まつりが開催されています。

 

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140416000015

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyotonikanpai.com/news/2014/04/16/%e6%9d%be%e5%b0%be%e5%a4%a7%e7%a4%be%e3%81%a7%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%96%e3%82%ad%e3%81%8c%e8%a6%8b%e9%a0%83%e3%81%ab/trackback/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事


TOPへ

最近チェックしたページ

check

地図で探す

map
×

カレンダーで探す

×

花暦はこちら