京都観光 仁和寺の御室桜、八重から一重に

仁和寺の御室桜、八重から一重に

2014年04月15日

140415_02

仁和寺のシンボルともいう御室桜はもともとは一重の花びらだったそうです。

でも交配を重ねて八重の華やかな花びらをつける御室桜に進化させていたそうなんですが、年月を重ね、その八重がもともとの一重に帰ってきているということです。

人工的に八重にしたものが一重に帰るというのはすごく不思議ですね。

残っていた一重の遺伝子が強かったのでしょうか。

それはそれで、それが御室桜なんだということになるでしょう。

八重も華やかですが、一重もかれんで素朴な桜ですよね。

 

http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20140415000014

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyotonikanpai.com/news/2014/04/15/%e4%bb%81%e5%92%8c%e5%af%ba%e3%81%ae%e5%be%a1%e5%ae%a4%e6%a1%9c%e3%80%81%e5%85%ab%e9%87%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e4%b8%80%e9%87%8d%e3%81%ab/trackback/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事


TOPへ

最近チェックしたページ

check

地図で探す

map
×

カレンダーで探す

×

花暦はこちら