京都観光 京都・葵祭の斎王代決定

京都・葵祭の斎王代決定

2014年04月14日

140414_01

2014年5月15日に行われる葵祭のヒロイン・斎王代にが決定しました。

選ばれたのは京菓子製造会社の「老松」社長の長女だということです。

十二単衣をを身に纏い、葵祭を華やかに彩る斎王代。

美しいヒロインの姿をぜひ見に行きたいですね。

ちなみに十二単衣というのは俗称で、もともとの正式名称は五衣唐衣装というそうです。

重さは20kgほどにもなるそうで、初夏の気候では暑く重くのしかかってくるでしょうね。

斎王代の苦労を思います。

葵祭は京都御苑を出発し、下鴨神社を通り、上賀茂神社に到着します。

 

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140414000122

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyotonikanpai.com/news/2014/04/14/%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e8%91%b5%e7%a5%ad%e3%81%ae%e6%96%8e%e7%8e%8b%e4%bb%a3%e6%b1%ba%e5%ae%9a/trackback/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事


TOPへ

最近チェックしたページ

check

地図で探す

map
×

カレンダーで探す

×

花暦はこちら