京都観光 熊谷直実ゆかりの「鎧掛けの松」

熊谷直実ゆかりの「鎧掛けの松」

2014年03月25日

140325_01

熊谷直実が一の谷の戦いで平敦盛を討ち、世の無常を感じて金戒光明寺の法然を訪ねた際、そこに植えられていた松に鎧を掛けたと伝えられています。

2014年3月25日、そのゆかりの松の3代目が植樹されることになり、植樹式が行われました。

2代目のように枝が張るまで150年もの歳月が必要だそうです。

平安時代からもはや3代目となった松。

悠久の歴史を感じさせますね~。

 

熊谷直実といえば、法然上人の弟子となった後、長岡京・西山に粟生光明寺を建てたことでも知られますね。

粟生光明寺は秋には見事な紅葉で知られます。

世の無常を感じた方ゆえにこのように美しい寺となったのかも・・・ね。

 

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140325000165

 

 

 

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyotonikanpai.com/news/2014/03/25/%e7%86%8a%e8%b0%b7%e7%9b%b4%e5%ae%9f%e3%82%86%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%80%8c%e9%8e%a7%e6%8e%9b%e3%81%91%e3%81%ae%e6%9d%be%e3%80%8d/trackback/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事


TOPへ

最近チェックしたページ

check

地図で探す

map
×

カレンダーで探す

×

花暦はこちら