福王子神社 京都観光

福王子神社

福王子神社

 

 

福王子神社とは?(基本データ)

名前
福王子神社(ふくおうじじんじゃ)
エリア
衣笠・御室・花園・太秦
ジャンル

寺社 名水 七草粥

建立・設立
創建年不詳(平安時代)
1644年(寛永21年)、再興
祭神
福王子大明神 斑子皇后(ふくおうじだいみょうじん なかここうごう)
※第59代宇多天皇の生母
ご利益
子宝・安産・子育て、家庭円満・身体壮健
例祭
10月第3日曜(10月第3日曜)
神紋・社紋
十六紋菊
アクセス
  • 京福電鉄(嵐電)北野線「宇多野」駅下車 北へ徒歩約4分(200m)
  • 京都市営バス「福王子」(8・特8・10・26・59号系統)下車すぐ
  • JRバス高雄・京北線「福王子」下車すぐ
駐車場
なし
拝観料
境内自由・無料
※説明付参拝は要予約
お休み
-
拝観時間
-
住所
〒616-8208
京都府京都市右京区宇多野福王子町58
電話
075-463-0937
FAX
075-463-0951
公式サイト
福王子神社祭神班子皇后北一町 京都市

福王子神社の地図

福王子神社のみどころ (Point in Check)

京都市右京区宇多野、世界遺産の金閣寺から龍安寺、そして仁和寺と続く「きぬかけの路(観光道路)」の終点にあたり、国道162号線(周山街道)と交差する「福王子」の交差点前に鎮座する神社。

「御室桜」で有名な真言宗御室派総本山の仁和寺(にんなじ)の開基である第59代・宇多天皇の生母である斑子女王(はんし)を祭神として祀り、現在でも仁和寺の守護神として非常に深い関係にあると同時に、また近隣の旧6か村の氏神・産土神としても崇敬されている神社です。

この点、班子女王は第58代・光孝天皇の皇后で、当初は皇后ではありませんでしたが、息子が天皇に即位したため後に皇太后とされました。
光孝天皇は現在の御室大内山の麓に、国家の安泰と仏法の興隆を願って寺院の建立を発願し伽藍の造営に着手しますが、その完成を見る前に亡くなってしまい、その遺志を継いだ第59代・宇多天皇が母・班子女王とともに造営したのが現在の「仁和寺」です。

そして900年(昌泰3年)に68歳で亡くなった班子女王は頭陀寺に葬られましたが、その陵墓が付近にあったことから、この地に班子女王を奉祀する神社が造営されたと伝えられています。
社伝によるとその前身は「深川神社」といい、平安中期の延喜式にもその名前が見られるといいます。

平安時代から鎌倉初期にかけとりわけ歴代の仁和寺法親王から厚い御崇敬を受け、仁和寺の鎮守神として奉られてきましたが、1468年(応仁2年)、「応仁の乱」によって御室仁和寺の全ての堂塔伽藍とともに焼失。
その後再興されたのは江戸初期に入ってからで、1644年(寛永21年)に第3代将軍・徳川家光の寄進により、仁和寺法主・覚深法親王が仁和寺の五重塔や仁王門などの堂塔伽藍の再建整備と同時に社殿を造営、その際に「福王子神社」と改められました。

ちなみに「福王子」の社名の由来は、班子女王が光孝天皇との間に4男4女といわれる多くの皇子皇女をもうけた事に由来するといい、一帯の地名としても跡をとどめています。

家光および覚深法親王によって再建された現在の本殿は一間社春日造、屋根は珍しい木賊(とくさ)葺で、再建当時の社殿一式がそのまま保存されている貴重なものとして、1973年(昭和48年)3月に拝殿・鳥居・棟札および石燈籠2基とともに国の重要文化財に指定されており、その後2002年(平成14年)には本殿の丹塗りの修復も行われています。

その他に、本殿の左にある境内末社・夫荒社(ふこうしゃ)は平安時代には洛北や丹波の氷室から毎年夏に宮中御所へ氷を献上する慣わしがあり、その運搬の際に命を落とした役夫の霊を「夫荒神」として祀り、安全を祈願し建てられたといい、一説には前身の「深川」あるいは「福王子」の名前の由来とする説もあるといいます。

行事としては毎年10月の第3日曜に開催される「秋季大祭」が有名。
神輿の巡行コースは、午前8時半に福王子神社を出発→鳴滝→山越→太秦→常盤→御室→仁和寺→福王子神社に16時に到着するコースとなっています。

神輿が氏子達により威勢よく練られる14時半頃の仁和寺山門前や、15時半頃の福王子交差点は大勢の人で賑わいますが、中でも仁和寺山門の石段を神輿が上り下りする様は圧巻です。
神輿は仁和寺の山門を通り、勅使門から宸殿前に進み、奉幣を受ける「奉幣の儀」も往時のままに行われています。

他に1月7日に「七草粥」が振舞われることでも知られています。

福王子神社の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    石鳥居

    福王子交差点の歩道から階段を上がって入ることになる
    狛犬

  • NO IMAGE
    社号標

     

  • NO IMAGE
    石標

    「福王子神社祭神斑子皇后北一町」および「重要文化財福王子神社」の2つの石標が建つ

  • NO IMAGE
    記念碑

     

  • NO IMAGE
    社務所

     

  • NO IMAGE
    拝殿

    本殿や石鳥居と並んで重要文化財指定

  • NO IMAGE
    本殿

    一間社春日造
    現在も往時の姿がそのまま保存されている貴重な建造物で、造営当時の棟札が神殿より発見されたことから国の重要文化財に指定された
    瑞垣の神門より参拝を行う

  • NO IMAGE
    絵馬掛

     

  • NO IMAGE
    さざれ石

     

  • NO IMAGE
    夫荒社(ふこうしゃ)

    本殿の左に祀られている境内末社で松尾大明神ならびに夫荒神を祀る
    平安時代には毎年夏になると洛北や当社の北方6kmに集落のある丹波の氷室から宮中御所へ氷を献上する慣わしがあったが、912年(延喜12年)、その運搬の際に先を急ぐあまり疲労のために命を落とした役夫の霊を「夫荒神」として祀り、安全を祈願したという
    ちなみにこの夫荒社が「福王子(ふくおうじ)」の地名の由来ともいわれている

  • NO IMAGE
    手水舎

     

  • NO IMAGE
    神輿蔵

     

  • NO IMAGE
    西口

     

  • NO IMAGE
    案内板

    福王子交差点沿いにあり、年中行事一覧などが掲示されている

関連

周辺

福王子神社の主な年間行事・カレンダー

年中行事

1/1
元旦祭

 

1/7
七草粥

 

2/3
節分祭

 

6/30
夏越大祓

 

10/11~10/18前後
秋期大祭

10月第3日曜に神輿巡行
御神輿の巡行コースは、午前8時半福王子神社を出発→鳴滝→山越→太秦→常盤→御室→仁和寺→福王子神社に16時到着
御神輿が仁和寺の山門を通り、勅使門から宸殿前に進み式典が行われる
御神輿が氏子達により威勢よく練られる山門前(14:30頃)や福王子交差点(15:30頃)は大勢の人が詰めかける
特に仁和寺山門の石段を御神輿が上り下りする様は圧巻

11/18
お火焚祭

 

12/31
大祓

 

福王子神社のギャラリー

福王子神社の口コミ


TOPへ

access-rank