要法寺 京都観光

要法寺

要法寺

 

 

要法寺とは?(基本データ)

名前
要法寺(ようぼうじ)
エリア
岡崎・吉田・鹿ケ谷
ジャンル

寺社 日蓮宗京都十六本山

建立・設立
1308年(延慶元年)
創始者
[開山] 日尊(にっそん)
宗派
日蓮本宗 大本山
山号
多宝富士山(たほうふじさん)
本尊
十界曼荼羅
寺紋
 
札所等
日蓮宗京都八本山・日蓮宗京都十六本山
アクセス
  • 京都市営地下鉄東西線「東山」駅下車 1番出口より徒歩約5分(400m)
  • 京阪本線・鴨東線「三条」駅下車 徒歩約10分
  • 京都市営バス「東山三条(地下鉄東山駅)」(5・12・31・46・201・202・203・206・洛100・臨号系統)下車 徒歩約3分
  • 京都市営バス「東山仁王門」(31・46・201・202・203・206号系統)下車 徒歩約5分
  • 京都バス「東山三条」(18系統ほか)下車 徒歩約3分
  • 京阪バス「東山三条」(17・19・56・56A系統ほか)下車 徒歩約3分
  • 名神高速道路「京都東IC」より三条通を西へ約25分
駐車場
10台
拝観料
境内自由・無料
御朱印300円
お休み
無休(本堂等の参拝は土日、12/29~1/3を除く)
拝観時間
9:00~17:00
住所
〒606-8362
京都府京都市左京区新高倉通孫橋上ル法皇寺町448
電話
075-771-3390
FAX
075-771-5914
公式サイト
日蓮本宗 本山要法寺

要法寺の地図

要法寺のみどころ (Point in Check)

京都市左京区新高倉通孫橋上る法皇寺町、東山三条の交差点の北西、三条通の一筋北にある日蓮宗寺院で日蓮本宗の大本山。
日蓮宗京都十六本山の一つで、山号は多宝富士山(たほうふじさん)と号し、本尊は十界大曼荼羅。

鎌倉時代、宗祖・日蓮の教えを受け継ぐ日尊(にちぞん 1265-1345)が、前人未踏であった西国弘通を志し1300年(正安2年)秋から全国の布教活動を開始し、その拠点として1308年(延慶元年)に京都に法華堂を建立したのがはじまり。

その後、日尊は1315年(正和4年)(1312年(正和元年)とも、1339年(延元4年/暦応2年)とも)に京都六角油小路(ろっかくあぶらこうじ)に「上行院(じょうぎょういん)」を建立。
その一方で貞和年間(1345~50)、日尊の弟子・日大が冷泉西洞院(現在の堀川二条)に法華堂を建て、後に「住本寺(じゅうほんじ)」と称しています。

室町後期の1536年(天文5年)に起きた比叡山延暦寺の宗徒が宗教問答をきっかけに京都の日蓮宗寺院21か寺を襲撃・破却した有名な「天文法華の乱(てんぶんほっけのらん)」の際には両寺も他の日蓮宗寺院同様に京都を追われて堺(現在の大阪府堺市)へと難を逃れますが、1542年(天文11年)に朝廷により日蓮宗の京都への帰還が許されると、1550年(天文19年)に日辰により上行院と住本寺を合併する形で五条坊門(現在の堀川綾小路)に寺院を再興し、現在の寺名である「要法寺」と号し、日蓮宗二十一本山のうちの再建された「法華宗十五本山」の一つとなりました。

その後安土桃山時代の1583年(天正11年)に豊臣秀吉の京都の都市改造計画に伴う寺町形成によって京極二条東(現在の寺町二条)に移転した後、江戸中期の1708年(宝永5年)に「宝永の大火(ほうえいのたいか)」で類焼し東山三条の現在地に再建。この後、1759年(宝暦9年)の「宝暦の大火」でも再び焼失し、現在の建物の多くはこの大火の後に再建されたものです。

明治期に入り1899年(明治32年)に日蓮大聖人の正統を受け継ぐという意味から「本門宗」と公称するようになりますが、1941年(昭和16年)に政府の思想統一により日蓮宗との合同を強制されますが、戦後の1950年(昭和25年)に「日蓮本宗」として独立し現在に至っています。日蓮本宗では宗祖・日蓮(にちれん)、2祖・日興(にっこう)、3祖・日目(にちもく)、そして、要法寺の開基となった日尊を第4代としています。

市街地にありながら1万3500平方メートルもの広い敷地を有し、多くの歴史ある建造物が残されているとともに境内塔頭寺院も8院を数え、また日蓮大聖人御真筆御本尊をはじめ、多くの貴重な古文書や寺宝などを収蔵していて、中でも15世・日性が銅活字によって経典を開板した版本類は「要法寺版」と呼ばれ、日本の印刷史上においても重要なものとして知られています。

また江戸中期の1718年(享保3年)には多くの松が植えられ、その美観から「松の寺」と通称され親しまれたといいますが、現代に入り都市公害のため枯死するものが増えたことから1996年(平成8年)に発足した「本山要法寺緑を守る会」によって清涼池の周囲に松の木やツツジが補植され、景観の維持が図られているといいます。

現在はとりわけ本堂前にある清涼池にカルガモが生息していることで有名で、毎年初夏の6月頃に親子で連れだって川端通を渡り700m離れた鴨川へと引っ越す姿はマスコミにもよく取り上げられ、その愛らしい姿で人気を集めています。

要法寺の施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
    寺号標

    三条通沿いに立つ

  • NO IMAGE
    参道

    寺号標から表門へ続く

  • NO IMAGE
    表門(山門)

    三条通の一筋北の通りに南面して建つ
    1724年(享保9年)に伏見城から旧聚楽門を移築したものと伝わる
    通常は通行できない

  • NO IMAGE
    西門(通用門)

    1857年(安政4年)のもので伏見城の遺構とも伝わる高麗門
    1996年(平成8年)に修理復元

  • NO IMAGE
    開山堂

    本堂の西
    1830年(天保元年)の再建で開山・日尊の御影像を祀る
    当時は新堂と呼ばれていたという

  • NO IMAGE
    清涼池

    本堂前の池
    カルガモの子育てと一家そろっての鴨川への引越しが、毎年春の恒例行事に

  • NO IMAGE
    救済橋

    本堂前の清涼池に架かる石造りの橋
    1778年(安永7年)の建造

  • NO IMAGE
    鐘楼堂

    本堂の南東、清涼池の横
    1737年(元文2年)の建造

  • NO IMAGE
    本堂

    1770(明和7年)に完成し1774年(安永3年)に落成
    本尊と日蓮大聖人の尊像を安置
    1989年(平成元年)に大修復工事が完了

  • NO IMAGE
    回廊

    本堂右手から玄関棟の方へと続いている

  • NO IMAGE
    大棟鬼

    玄関棟の入口前右手に置かれた大きな鬼瓦

  • NO IMAGE
    玄関棟

    本堂の東
    旧建物が老朽化が著しく修復に耐えがたい状態であったことから1996年(平成8年)に新築完成
    庫裏(寺務所)、対面所、大書院と棟続きになっていて、その奥に客殿がある
    各種の儀式が執り行われる

  • NO IMAGE
    客殿

    1780年(安永9年)に建造された旧建物が1960年(昭和35年)に焼失した後、1996年(平成8年)に開山日尊上人第六五〇遠忌記念事業により新たに建てられたもの

  • NO IMAGE
    薬医門

    書院の門
    1779年(安政8年)の完成

  • NO IMAGE
    庭園

    大書院と客殿の間に造成

  • NO IMAGE
    宝蔵

    境内の東
    客殿のそば

  • NO IMAGE
    経蔵

    境内の西

  • NO IMAGE
    妙種院

    境内南側の塔頭が東から西へ4つ並ぶ

  • NO IMAGE
    真如院

     

  • NO IMAGE
    本地院

     

  • NO IMAGE
    本行院

    表門の右側

  • NO IMAGE
    顕寿院

    境内北側の塔頭が東から西へ

  • NO IMAGE
    実成院

     

  • NO IMAGE
    法性院

     

  • NO IMAGE
    信行院

     

  • NO IMAGE
    墓所

    境内の北東

周辺

  • NO IMAGE
    東山三条交差点

     

要法寺の主な年間行事・カレンダー

年中行事

2/16
宗祖日蓮聖人誕生会

 

4/28
立教開宗会

 

5/8
御開山会

 

6月頃
カルガモ親子の引っ越し

 

10/13
宗祖御会式

 

12/31
除夜の鐘

参拝者が自由に撞くことができる

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
皐月(サツキ)

清涼池の周辺に多く植えられている

要法寺のギャラリー

要法寺の口コミ


TOPへ

access-rank