祇園白川 巽橋 京都観光

祇園白川 巽橋

詳細地図

閉じる

祇園白川 巽橋

祇園でもっとも京都らしい風情の感じられる場所

祇園北側を流れる白川に架かる橋と西へ伸びる通り一帯は石畳に京町家が軒を連ね時間により舞妓さんの姿も見えるこれぞ京都という雰囲気の場所。 テレビや雑誌で頻繁に登場し記念撮影の定番。桜の名所でライトアップも美しい。 6月には生き物への感謝を込め約2千匹の稚魚を白川に放流する放生会も

祇園白川 巽橋とは?(基本データ)

名前
祇園白川 巽橋(ぎおんしらかわ たつみばし)
エリア
祇園・東山
ジャンル

雪柳 紫陽花 放生会

建立・設立
1976年(昭和51年)、切り通し・白川南通・新橋通の周辺一帯が伝統的建造物群保存地区に指定される(祇園新橋伝統的建造物群保存地区)
1986年(昭和61年)、祇園放生会が開始
1990年(平成2年)、祇園白川宵桜ライトアップが京都市の事業として開始(平成18年より地元・町内会・商店街の主導に)
アクセス
  • 京阪本線「祇園四条」駅下車 徒歩約3分
  • 阪急京都線「河原町」駅下車 徒歩約5分
  • 京阪本線・鴨東線「三条」駅下車 徒歩約5分
  • 京都市営地下鉄東西線「三条京阪」駅下車 徒歩約5分
  • 京都市営バス「四条京阪前」(12・31・46・80・急100・201・203・207・臨号系統ほか)下車 徒歩約3分
  • 京都バス「四条京阪前」(16・21・23・41・43・63・64・65系統)下車 徒歩約3分
  • 京阪バス「四条京阪」(83・84・85・86・87・88系統ほか)下車 徒歩約3分
駐車場
京都市鴨東駐車場
└普通車131台 30分毎200円(2:00~7:00は60分毎200円)
24時間
TEL:075-551-2034
京都市円山駐車場
├普通車134台 30分毎250円
└自動二輪 30分毎100円
24時間
TEL:075-541-6371
拝観料
無料
お休み
無休
├祇園白川宵桜ライトアップは3月末~4月上旬
└祇園放生会は6月第1日曜日
拝観時間
終日見学自由
├祇園白川宵桜ライトアップは18:00~22:00
└祇園放生会は11:00~12:30頃(稚魚の放流は12:20頃)
住所
〒605-0085
京都府京都市東山区末吉町大和大路通四条上る
├祇園白川宵桜ライトアップは白河南通川端通~辰巳神社前までの約220m
└祇園放生会は白川巽橋
電話
075-222-3586(建設局緑地管理課)
090-8520-1484(祇園白川ライトアップ実行委員会)
075-701-5181(赤山禅院内 祇園放生会実行委員会)
FAX
-
公式サイト
伝統的建造物群保存地区 京都市情報館
祇園白川宵桜ライトアップ

祇園白川 巽橋の地図

祇園白川 巽橋のみどころ (Point in Check)

京都を代表する繁華街「祇園」は、鴨川に架かる四条大橋の東側、東大路通に面した八坂神社の西楼門までの四条通を中心とした南北一帯を指します。
ちなみに「祇園」という地名は八坂神社の旧称である祇園社(祇園感神院)に由来しています。

このうち南側は元々は建仁寺の境内でしたが現在は縮小され、現在は建仁寺の境内の北側に祇園甲部の歌舞練場があるほか、花見小路通を中心としたエリアに数多くのお茶屋が軒を連ね、祇園甲部の花街が形成されています。(祇園甲部のお茶屋は元々は四条通沿いにあったが、市電開通に伴い南側に移転した)

一方北側のエリアは現在は祇園花街のお茶屋のみならず現代風のスナックやバーなどが混在するエリアですが、平安神宮の方から鴨川に向けて流れている白川と縄手通の交差する東側、白川の北側に沿って伸びる白川南通や、一筋北の新橋通沿いには石畳と町屋の歴史的な街並みが多く残されており「祇園新橋重要伝統的建造物群保存地区」として景観の保全が図られています。

中でも白川南通と新橋通の交差する位置にある白川に架かる巽橋、およびその畔に立つ辰巳大明神の周辺は、舞妓さんが行き交う華やかな雰囲気と京都らしい風情が味わえるスポットして観光客にもとりわけ人気の高いエリアで、「祇園白川(ぎおんしらかわ)」とも呼ばれています。

八坂神社の門前町として形成され、芸能と深く結びついて発展

八坂神社の門前町として形成

祇園の中心的存在である祇園社(祇園感神院)(現在の八坂神社)は、社伝によるとその創建は飛鳥時代の656年(斉明天皇2年)ですが、本格的な発展を遂げたのは平安中期以降のこと。

西側に門前町として形成され、鎌倉時代から参拝人目当ての茶屋が数多くでき、さながら市街地のごとく賑わっていましたが、室町時代に入ると1467年(応仁元年)に勃発した「応仁の乱」で門前町の原形はことごとく焼失してしまいます。

江戸時代に芝居小屋およびその芸能と結びつき隆盛

祇園が再生されたのは江戸時代に入ってからで、元和年間(1615-24)に京都所司代・板倉勝重によって、四条河原に七つの芝居小屋を作るのが許可され、歌舞伎や人形浄瑠璃の芝居小屋が立ち並び大いに賑わいました。
(ちなみに今も残っている「南座」はその内の一つで「南の芝居」と称していたが、明治中期に南座と改名)

寛永年間(1624-44)には四条河原に軒を連ねた芝居小屋が次第に常設化し、それとともに茶屋や旅籠も増加。

更に1670年(寛文10年)に鴨川改修工事によって両岸に堤防が築かれると、鴨川東岸の大和大路沿いに祇園社の参拝客や芝居客相手の茶屋町が作られるようになります。

1732年(享保17年)、幕府より正式な茶屋営業の許可が下りると、大和大路東側の白川沿いの元吉町、橋本町、林下町、末吉町、清本町、富永町は「祇園内六町」と呼ばれ茶屋町として発展。
現在の祇園新橋は、このうちの元吉町にあたります。

その後も芝居小屋およびその芸能と深く結びつき、一大文化を築いて発展。
江戸末期から明治初期にかけて最盛期を迎え、江戸末期には500軒もの茶屋が祇園にひしめいていたといいます。

戦後の乱開発と「新橋地区」の景観保全

戦後祇園一帯は歓楽街として乱開発が進み、数多くの茶屋がビルに取って代わられましたが、「祇園新橋」の人々はかつての茶屋の町並みを守り続け、洗練された質の高い茶屋様式の町家が今も整然と立ち並び、昔ながらの風情をたたえています。

その華やかながらも品の良いたたずまいの町並みは、江戸末期から明治時代において隆盛を極めた、茶屋町としての祇園の姿を今に留めるものとして極めて貴重な存在であり、1976年(昭和51年)、新橋通を中心とした東西約160m、南北約100mの範囲が「祇園新橋伝統的建造物群保存地区」として初めて景観保全地区にも指定されました。

選定範囲は、新橋通りとその南を流れる白川沿い、東西約160m、南北約100mの範囲で面積は1.4haとそれほど大きくはありませんが、伝統的建造物の比率は7割と非常に高いレベルを保っています。

洗練された質の高い茶屋様式の町家が今も整然と立ち並ぶ

祇園では幕末の(1865年)に大火が起きており、現在見られる祇園新橋の町並みはその直後の江戸末期から明治時代にかけて再建されたものです。

新橋通(北側)

北側の新橋通に面した区画は、紅殻格子が美しい京町家が通りの両側に整然と軒を連ねる伝統的なたたずまいが見られます。

茶屋様式の建築様式、および軒の高さがほぼ同じで、洗練された統一感のある美しい町並みが残されています。

白川南通(南側)

一方、南側の白川に面した区画は、元々は白川の両岸に茶屋が建ち並んでいましたが、第二次世界大戦中に延焼を防ぐため建物を壊し空き地を設ける建物疎開が行われ、北側にあったお茶屋が取り壊されて姿を消し、川沿いに白川南通が設けられました。

そして現在は南側に簾のかかった川端座敷が続き、白川を挟んで石畳の道と河畔には柳と桜並木が絶妙な調和をみせ、風情のある美しい街並みが形成されています。

一年中観光客の姿の絶えることはありませんが、特に春には桜の名所として高い人気を集めるエリアです。

祇園白川 巽橋の施設案内

 

白川南通・白川沿い

  • NO IMAGE
    巽橋(たつみばし)

    新橋通と白川南通の交差する地点にある白川に架かる小さな橋だが、京都を代表する花街・祇園で重要伝統建築物地区の象徴であり、外国人観光客も多く訪れる一番人気のスポットとなっている
    祇園の四条通より北側に位置し、切り通しと呼ばれる路地を抜けた先、新橋通と白川南通の合流点近くを流れる白川に架かる
    それぞれの通りに整然と石畳が敷かれ、同じ高さに揃った町家の風景が望める場所
    祇園の中でも華やかな雰囲気、情緒を感じさせてくれる場所として観光客の姿も多い
    橋のすぐ向かいには、祇園の芸舞妓が芸事の上達を願って訪れる辰巳大明神が鎮座し、祇園の町の人々にとっても大切な場所となっている
    「祇園でもっとも絵になる場所」としても有名で、観光客の記念撮影スポットとしてはもちろん、映画やテレビドラマの撮影などでも頻繁に使われている
    橋の周辺付近には飲食店なども多く、街の明かりが灯る夕景・夜景も美しい
    毎年6月上旬には2,000匹もの稚魚が白川に放流される「祇園放生会(ほうじょうえ)」が開催される

  • NO IMAGE
    辰巳大明神(辰巳神社)

    白川南通と新橋通の交差する、巽橋のすぐ向かい、新橋通の入口に鎮座する小さな社
    京都御所より辰巳の方向(南東)にあることからそう呼ばれ、元々は辰巳の方角を守る社だったが、芸舞妓をはじめ祇園の芸能に携わる人たちが芸事の上達を祈って多く訪れるようになり、いつしか芸能上達を祈願する神社として認知されるように
    現在は向かいの巽橋とともに祇園新橋のシンボルとして、芸舞妓はもちろん祇園の人々や訪れる観光客に親しまれている
    早朝や深夜、お参りをする芸舞妓の姿を見かけることも
    ちなみに辰巳神社の祭神は狸だが、これはすぐ横の巽橋に住んでいた狸が、橋を渡る人を化かしては白川の中を歩かせていたといい、困った祇園の人々が、この狸を祀る祠(ほこら)を立てたところいたずらが収まったと伝わる所から

  • NO IMAGE
    切り通し

    四条通から北へ、祇園巽橋まで続く細い路地で、巽橋とともに祇園情緒を満喫できるスポットとして有名
    大正時代に建てられた数奇屋風アレンジの町屋が立ち並び、新橋通や白川沿いに連なる茶屋とはまた違った情緒を味わえる

  • NO IMAGE
    白川

    比叡山近くから流れ出た湧水が平安神宮付近で琵琶湖疏水と合流
    その後再び分岐し祇園を西から東へと横断し鴨川へと流れ出る

  • NO IMAGE
    火除け地蔵

     

  • NO IMAGE
    かにかくに碑

    1955年(昭和30年)、祇園をこよなく愛した歌人・吉井勇の70才の古希を祝って作家・谷崎潤一郎らに数名よって建立された石碑
    歌碑には吉井勇の詠んだ「かにかくに 祇園はこひし寝(ぬ)るときも 枕のしたを水のながるる」の歌が刻まれている
    この歌は祇園の思いを詠んだもので、石川啄木らと編集を担当した「スバル」にて他の祇園を詠んだ歌とともに発表されたもの
    毎年11月8日に開催される「かにかくに祭」は吉井勇を偲んで祇園甲部の舞妓も参加して行われる
    白川南通は第二次世界大戦中に延焼を防ぐため建物を壊し空き地を設ける建物疎開が行われた際に作られた通りだが、それまでは白川の北側にもお茶屋があった
    石碑が建てられ付近には第二次世界大戦の頃までは「お多佳」という有名な女将のいた「大友」(だいとも)というお茶屋があり、夏目漱石、谷崎潤一郎といった有名作家や画家が多く訪れていたという
    「大友にお多佳さんあり」と言われたのは、多佳が小説好きで、俳句や書画を心得、また三味線の名人だでもあったため、文人たちにこよなく愛されていたから

新橋通

  • NO IMAGE
     

     

関連

  • NO IMAGE
    祇園甲部歌舞練場(都をどり)

    一帯は祇園甲部の花街となっており、数多くのお茶屋があるほか、芸事の上達を願って祇園の芸舞妓が辰巳大明神を訪れる姿を目にすることもできるという。

祇園白川 巽橋の主な年間行事・カレンダー

年中行事

3月下~4月上頃
祇園白川宵桜ライトアップ

桜の見頃の時期に開催され、桜の咲く白川南通沿いのライトアップや新橋通の花灯路のほか、舞妓さんの撮影会も行われる。
20年の歴史を有しているが、近年の外国人観光客の急増に伴い、2017年(平成29年)は安全対策の問題上実施されず。

6月第1日曜
祇園放生会(ぎおんほうじょうえ)

「放生会」は、仏教の根本思想である「不殺生」、すなわち生命の尊重・慈悲の精神から、魚・鳥獣などの生き物を放流する行事をいい、人間はこの世の生き物のお陰で自身が生きながらえている、そのことに感謝し生き物の霊を弔うのが大きな目的
赤山禅院内の「祇園放生会実行委員会」により1985年(昭和60年)より毎年、祇園白川の巽橋・辰巳大明神付近で開催され、時間は11:00~13:00頃
生き物への感謝の意を込めて、比叡山の大阿闍梨(あじゃり)による放生会の法要の後、12:30頃に読経の中で祇園甲部の舞妓2名も参加して巽橋の上から約2,000匹の稚魚を白川に放流する
香煎茶の無料接待や奉納演奏、法話、比叡山の大阿闍梨による奉修なども

11/8
かにかくに祭(かにかくにさい)

祇園をこよなく愛したという大正・昭和期の歌人・吉井勇(1886-1960)を偲んで祇園白川(白川南通)の川沿いに建つ「かにかくにの碑」の前にて行われる
「祇園白川」は白川と川に沿って続く白川南通一帯を指し、白川に架かる巽橋や向かいの辰巳大明神、そこから石畳の道沿いに続く柳の並木と町家が多く立ち並ぶ情景などが、京都らしさを感じられる場所として「祇園新橋重要伝統的建造物群保存地区」にも指定され、また春は桜の名所としても有名な場所
また吉井勇は元鹿児島藩士で伯爵の吉井友実(よしいともざね)の孫として東京に生まれ、明星派の歌人として活躍し、1909年(明治42年)に森鴎外らが中心に創刊した文芸雑誌「スバル」の編集にあたったほか、劇作家として数多くの作品も残している
晩年の1938年(昭和13年)に京都へ移住し、以後は祇園に足しげく通ったといい、祇園甲部の春のをどり「都をどり」の歌詞も手掛けていることでも有名
石碑に刻まれている「かにかくに 祇園はこいし 寝るときも 枕の下を 水のながるる」の歌は1910年(明治43年)に詠まれ、当時の白川河岸の情景を歌ったもので、歌集「酒ほがひ」に収められている
当時の白川には両岸に茶屋が建ち並んでいたといい、その中に夏目漱石ら当時の文人墨客たちと幅広い交流があった女将・磯田多佳の「大友(だいとも)」もあったが、戦時中の空爆対策により大友を含めた北側の家々は強制撤去されてしまったという
歌碑は吉井勇の70歳、古希の祝いとして1955年(昭和30年)11月8日に谷崎潤一郎や湯川秀樹などの彼の友人たちが発起人となって大友の跡地に建立されたもの
毎年その11月8日に合わせ11:00と14:00の2度開催、歌碑の前で祇園甲部の舞妓・芸妓ら4名による白菊の献花が行われた後、舞妓の接待によるお茶会が開催される
見学できるのは石碑前で行われる献花のみで、わずか10~15分ほどの行事だが、マスコミや大勢のカメラマンたちが大勢詰めかける

花ごよみ

3月下~4月上
桜(サクラ)

白川南通と新橋通の交差する巽橋と辰巳大明神の付近から白川に沿って続く白川南通は桜の並木道で、大和大路通を渡って川端通まで続いている
白川沿いに続くお茶屋の街並みと石畳との調和も素晴らしく、桜の名所として親しまれている
早咲きの枝垂桜からシメイヨシノまで3月下旬から4月上中旬まで非常に趣のある景色に
ライトアップも行われ、光に照らし出された桜が夜の祇園ならではの幽玄の世界へと誘う
川端通に面する側にある赤い番傘の東屋の付近は上空を桜が覆い桜のトンネルが楽しめる
その他にもかにかくに碑の周辺、巽橋や辰巳大明神の周辺が特に素晴らしい

4月
雪柳(ユキヤナギ)

桜の名所としても有名で、雪柳とのコラボも楽しめる

6月上~7月中 
紫陽花(アジサイ)

巽橋から石畳の道を白川に沿って西へ進み、大和橋付近にかけて色鮮やかな西洋アジサイのほかガクアジサイなどが咲いている

祇園白川 巽橋のギャラリー

祇園白川 巽橋の口コミ


TOPへ

access-rank