青谷梅林 京都観光

青谷梅林

青谷梅林

京都府一の生産量を誇る城陽市南部の丘陵に広がる梅林

城陽市南部丘陵に広がる府内最大の梅林。20haに特産品の城州白や白加賀、オタフクダルマなど総数約1万本。 鎌倉末期に後醍醐天皇の子宗良親王が詠んだ歌にも登場する梅の名所で、江戸期に淀藩の奨励で大いに植樹され1900年頃には景勝地として定着。1984年からは梅まつりも開催し販売やイベントで賑わう

基本データ

名前
青谷梅林(あおだにばいりん)
エリア
城陽
ジャンル

農園・田園

建立・設立
鎌倉末期に後醍醐天皇の皇子・宗良親王が「風かよふ 綴喜の里の 梅が香を 空にへだつる 中垣ぞなし」と詠んだほど古くから梅の名所
江戸時代には淀藩より梅樹栽培の奨励を受けて大いに植樹される
1900年(明治33年)、青谷梅林保勝会を設立し梅林の保護と宣伝に努め景勝地として定着
1984年(昭和59年)、より毎年2月下~3月中旬の見頃に合わせて「梅まつり」を開催
アクセス
  • JR奈良線「山城青谷」駅下車 北東へ徒歩約20分
  • 近鉄京都線「新田辺」駅下車 京阪宇治バスで「多賀口」まで約11分
  • 近鉄新田辺」より京阪宇治バス「多賀口」(60・62・62B・62C系統)下車 北へ徒歩約20分(「たつみ畑」に停車する国立病院線は休止)
  • 第二京阪自動車道「久御山南IC」より約25分
  • 京滋バイパス「巨椋IC」より国道24号経由で約20分
  • 京阪和自動車道「田辺西IC」より東へ約10分
駐車場
臨時駐車場140台(会場から7~8分、梅まつり期間中のみ)
├普通車 500円
├バス 1,000円
└バイク 100円
拝観料
入園無料
お休み
梅まつりの期間中無休
拝観時間
梅まつり期間のみの開園(2月下~3月下)
└売店営業時間 10:00~15:00
住所
〒610-0113
京都府城陽市中中ノ郷
電話
0774-56-4005(城陽市市役所農政課)
0774-52-5131(JA京都やましろ城陽支店)
0774-56-4029(城陽市観光協会)
0774-56-4019(城陽市商工観光課)
FAX
-
公式サイト
青谷梅林 城陽市観光協会
青谷梅林(城陽市) 四季の見どころ 花散歩 京都府

地図

みどころ (Point in Check)

施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
     

     

周辺

  • NO IMAGE
     

     

主な年間行事・カレンダー

年中行事

 
 

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
 

 

ギャラリー

口コミ


TOPへ

access-rank