本能寺址 京都観光

本能寺址

本能寺址

「本能寺の変」発生当時に本能寺があった場所

歴史上の大事件「本能寺の変」の際に寺があった場所。現在は寺町御池にあるが信長京都滞在時の常宿だった当時は四条西洞院一帯に東西150m南北300mの広大な寺地を有し城郭造りで周囲に堀や土塁も築かれていた。 堀川高校北の福祉施設(旧本能小学校)付近が寺の中心で油小路通蛸薬師に石碑が立つ

本能寺址とは?(基本データ)

名前
本能寺址(ほんのうじあと)
エリア
二条城
ジャンル

石碑

建立・設立
1582年(天正10年)「本能寺の変」が起きる
1915年(大正4年)11月、京都市教育会により「此附近 本能寺址」の石碑建立
1994年(平成6年)、本能寺により「本能寺跡」の石碑建立
アクセス
  • 阪急京都線「大宮」駅下車 下車徒歩約10分
  • 京福電鉄(嵐電)嵐山本線「四条大宮」駅下車 下車徒歩約10分
  • 阪急京都線「烏丸」駅下車 下車徒歩約10分
  • 京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅下車 下車徒歩約10分
  • 京都市営バス「四条西洞院」(3・8・11・12・13・特13・臨13・26・29・32・46・50・55・91・201・203・207号系統)下車 徒歩約4分
駐車場
-
拝観料
なし
お休み
特になし
拝観時間
いつでも可
住所
〒604-8244
京都府京都市中京区小川通蛸薬師上る元本能寺町
電話
-
FAX
-
公式サイト
本能寺跡 京都市
此附近 本能寺址 京都市

本能寺址の地図

本能寺址のみどころ (Point in Check)

京都市中京区小川通蛸薬師元本能寺町にある「本能寺の変」で有名な本能寺の寺院跡。

「本能寺」は1415年(応永22年)、日隆が京都の豪商・山本宗句(小袖屋宗句)を教化し、その援助により「本応寺」として創建されたのがはじまり。

そして1433年(永享5年)に足利尊氏の弟・直義の息子である如意王丸の寄進により、寺地を六角大宮に移転し、寺名も現在の「本能寺」と改めました。

ちなみに名前の由来は本応寺が「本門八品相応能弘之寺」、本能寺が「大日本国平城像門再興本迹勝劣本門八品能弘之大霊場」より3文字を抜粋したものだといいます。

その後「応仁の乱」による兵火や1536年(天文5年)の比叡山延暦寺の僧兵による日蓮宗21か寺の襲撃事件「天文法華の乱」による焼失を経て、本能寺8世・日承の代に四条西洞院に大伽藍が中興されます。

この点、本能寺は早くから伝来の地・種子島に布教していたことから、戦国大名との関係も深く、天下統一を目指していた織田信長も日承に帰依し、寺を上洛中の宿所としました。

しかし1582年(天正10年)、明智光秀による有名な「本能寺の変」が発生し、信長の自害とともに堂宇も灰燼に帰します。

1591年(天正19年)、信長の後を継いで天下統一を果たした豊臣秀吉の都市改造計画の一環で、現在の寺町御池下るへ移転し再建。

その後も1788年(天明8年)の「天明の大火」や、1864年(元治元年)の「禁門の変(蛤御門の変)」に伴う「どんどん焼け」での焼失を経験し、合計4度の移転と、7度の火災による再建と復興を繰り返して現在に至ります。

ちなみに現在の寺名は「能」の文字のつくりを「匕」が2つではなく「去」としていますが、これは何度も火災に遭っていることから「匕(火)」の文字を嫌い、「火が去る」という意味も込めて「去」の字を使っているのだといいます。

一方「本能寺の変」が起こった当時の本能寺は、周りに堀や土塁が築かれた城郭作りを有する、京都でも随一の大寺院であったといわれていますが、詳しい場所も含めて詳細についてはっきり判っていませんでしたが、元本能寺町や本能寺町の町名などから当初は旧京都市立本能小学校付近を中心に東西150m、南北300mと推定されていました。

1992年(平成4年)に本能小学校は廃校となり、跡地には堀川高校の本能学舎や本能特別養護老人ホーム「本能」が建設され、また1994年(平成6年)には油小路通蛸薬師下る東側、本能特別養護老人ホーム前に本能寺の手により「本能寺跡」の石碑が新たに建てられています。

しかしその後京都市埋蔵文化財研究所の手で2002年と2007年の二度にわたって発掘調査が行われると、跡地をめぐる議論について大きな進展が見られることとなります。

まず2003年(平成15年)6月2日、本能小学校の跡地で戦国末期の「惣構(そうがまえ)」跡が確認されます。
この点、同時期の「洛中洛外図」には惣構のすぐ北側に本能寺が描かれていることから、とすれば本能寺は惣構が見つかった本能小学校よりも北になければならないことになります。

そしてそれを裏付けるように2007年(平成19年)の夏から冬にかけ、マンション建設に伴って3回行われた発掘調査で、本能小学校よりも北側にて織田信長の定宿だった当時のものと思われる遺構が次々と発見されます。

具体的には
・西洞院蛸薬師付近で本能寺の南東隅と思われる堀が発見され、
・六角通と蛸薬師通の間の西洞院通の西側のちょうど中央あたりにて堀や石垣、そして堀の埋土から仏教宝具の輪宝を頭に戴いた鬼瓦や本能寺の「能」の異体字の銘をもつ軒丸瓦などの遺物が大量に出土し、
・また北は六角、南は蛸薬師、西は油小路、東は西洞院に囲まれた範囲の中央やや北西寄りの場所では、建物の礎石を据えるための跡や「能 」の異体字の銘をもつ軒丸瓦、そして炎を受けて赤く変色した瓦や焼けた壁土などが出土されました。

よってこれらの発掘調査の結果、旧本能寺は蛸薬師通を南限に、蛸薬師通を挟んで、石碑の立つ旧本能小学校よりも北の区画にあったことがほぼ確実となっています。

更に本能寺の敷地については、1町分とする「1町説」のほか、更に南北に細長く広がった2町分とする「2町説」もあり、2町説が正しいとしれば敷地の北限は六角通ではなく三条通とも考えられました。

ところが2016年(平成28年)8月から3か月間、マンション建設に伴って六角通の北隣の1町に該当する場所が発掘調査されることとなりましたが、その結果は旧本能寺と思われる建物の存在を裏付けるような跡は出ず、逆に当時の土器を含む耕作土や水だめ用とみられる長径2m前後の穴が2カ所出土するなどし、検討した結果「本能寺の変」の当時は畑だったことが判明するに至ったのです。

この結果、旧本能寺の敷地の範囲は京都市中京区小川通蛸薬師上るの「元本能寺町」を中心とした1町(120m四方)の範囲、詳しくは北は六角小路(六角通)、南は四条坊門小路(蛸薬師通)、東は西洞院大路(西洞院通)、西は油小路(油小路通)に囲まれた 約120m四方にあったことがほぼ確実となりました(ちなみに敷地のちょうど中央を南北に貫通する「小川通」は秀吉の京都改造計画時代に作られた通りで、信長の時代にはなかった通り)。

本能寺址の施設案内

 

本能寺址

  • NO IMAGE
    本能寺跡の石碑

    油小路通蛸薬師下る東側の本能特別養護老人ホーム前
    1994年(平成6年)に本能寺により建立
    現在寺域と推定されている区画の南西角のやや南

  • NO IMAGE
    サルスベリ

    石碑のすぐそば

  • NO IMAGE
    「此附近 本能寺址」の石標

    蛸薬師通小川西南角
    現在寺域の南端と推定されている蛸薬師通のちょうど中央、小川通との交差点角
    1915年(大正4年)11月に京都市教育委員会により建立
    門前にあたると考えられる場所

周辺

  • NO IMAGE
    京都市本能特別養護老人ホーム

    旧本能小学校の跡地の北側に建てられた
    現在寺域の南端と推定されている蛸薬師通を挟んで南側

  • NO IMAGE
    京都市立堀川高等学校本能学舎

    旧本能小学校の跡地の南側に建てられた
    現在寺域の南端と推定されている蛸薬師通を挟んで南側

  • NO IMAGE
    本能小学校跡の碑

    本能寺跡の石碑のすぐ南、堀川高等学校本能学舎前
    現在寺域の南端と推定されている蛸薬師通を挟んで南側
    1873年(明治6年)からこの地に校舎が建てられていたが、1993年(平成5年)に明倫小学校との統合により閉校

  • NO IMAGE
    信長茶寮

    アミューズメント観光施設
    寺域内東端の西洞院通沿いにオープンしたが2017年(平成29年)8月31日に閉館

  • NO IMAGE
    本能公園

    現在寺域と推定されている区画の北端である六角通を挟んで北側にある公園
    人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版映画「迷宮の十字路」でメインとなった架空の寺「山能寺」の所在地となった場所
    春は桜がきれい

  • NO IMAGE
    堀川高校

     

関連

  • NO IMAGE
    本能寺

    京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町
    寺町御池交差点の寺町商店街入口を入ってすぐ左手に門を構える

  • NO IMAGE
    京都市考古資料館

    2013年(平成25年)の発掘調査にて出土した瓦などが2014年(平成26年)の特別展示「京都の戦国時代~応仁の乱から本能寺の変まで」にて公開された

本能寺址の主な年間行事・カレンダー

年中行事

 
 

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
桜(サクラ)

寺域推定区域北隣の本能公園にて

 
百日紅(サルスベリ)

本能寺跡の石碑のそばにて

本能寺址のギャラリー

本能寺址の口コミ


TOPへ

access-rank