東映太秦映画村 京都観光

東映太秦映画村

詳細地図

閉じる

東映太秦映画村

日本映画発祥の地・太秦にある映画のテーマパーク

東映京都撮影所の一部を一般公開した映画のテーマパーク。 時代劇の殺陣や登場人物への変身体験のほか俳優のトークショーや握手会、戦隊ものや仮面ライダーのキャラクターショーなどが楽しめる。 2011年にアニメミュージアムなどが追加されリニューアル

東映太秦映画村とは?(基本データ)

名前
東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)
エリア
衣笠・御室・花園・太秦
ジャンル

テーマパーク 衣装・着物着付体験

建立・設立
1975年(昭和50年)11月1日
2011年(平成23年)9月大規模リニューアル
アクセス

■正面口

  • 四条大宮駅から京福電鉄(嵐電)嵐山線「太秦広隆寺」駅下車 徒歩約5分
  • 京都駅からJR嵯峨野線(山陰本線)「花園」駅下車 徒歩約13分
  • 三条京阪駅から京都市営地下鉄東西線「太秦天神川」駅下車 徒歩約12分
  • 京都市営バス「太秦映画村道」(75・91・93号系統)下車 徒歩約5分
  • 京都市営バス「太秦広隆寺前」(11号系統)下車 徒歩約5分
  • 京都バス「太秦映画村前」(63・64・65系統)下車 徒歩約2分
  • 京都バス「太秦広隆寺前」(71・72・73系統)下車 徒歩約5分
  • 京都バス「常盤仲之町」(81・83系統)下車 徒歩約5分
  • 名神高速道路「京都南IC」より約40分
  • 名神高速道路「京都東IC」より約40分
    • ■撮影所口

      • 京福電鉄(嵐電)北野線「撮影所前」駅下車 徒歩約2分
      • 京都駅からJR嵯峨野線(山陰本線)「太秦」駅下車 徒歩約5分
      • 京都市営バス「太秦開町」(11号系統)下車 徒歩約1分
      • 京都バス「太秦開町」(71・72・73系統)下車 徒歩約1分
駐車場
700台
├普通乗用車1台1500円(終日)
└大型バス・マイクロバス1台3000円(3時間以内)
拝観料
■一般
├大人 2,200円(団体1,980円・障害1,100円)
├中・高校生 1,300円(団体1,170円・学校団体1,000円・障害600円)
└3歳以上の小人 1,100円(団体990円・学校団体800円・障害500円)
※団体割引は25名以上
■年間パスポート
├大人 6,000円
├中・高校生 3,500円
└小人 2,000円
お休み
1月中旬
※詳細日程は要問い合わせ
拝観時間
3~11月の平日 9:00~17:00
3~11月の土日祝 9:00~18:00
12~2月の平日 9:30~16:30
12~2月の土日祝 9:30~17:00
※8月は毎日18:00まで
※10月・11月は毎日17:00まで
※受付は終了60分前まで
※ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は時間延長あり
住所
〒616-8586
京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
電話
0570-06-4349(営業時間・料金等のご案内)
075-864-7788(イベントガイド)
075-864-7716(団体予約に関するお問い合せ)
FAX
-
公式サイト
東映太秦映画村
東映太秦映画村 Twitter
東映太秦映画村 Facebook
東映京都撮影所

東映太秦映画村の地図

東映太秦映画村のみどころ (Point in Check)

京都市右京区太秦東蜂ケ岡町にある、敷地総面積は53,000平方メートルを誇る映画を中心としたテーマパーク。

元々太秦の地は世界の映画の都・ハリウッドにちなんで「日本のハリウッド」と呼ばれてきた「日本映画発祥の地」「日本映画のふるさと」ともいえる映画の町でした。

誕生のきっかけは1960年代後半から時代劇を中心とした映画産業の斜陽化で、この地に「映画の灯りを守ろう」と1975年(昭和50年)11月1日、東映京都撮影所の一部を分離する形で開村・一般公開がはじまりました。

映画づくりの楽しさを広く知ってもらえるよう村内は5つのエリアに分かれ、時代劇やSF作品、映画やドラマなどで使われる、まるで大江戸へのタイムスリップしたかのようなオープンセットや撮影施設が盛りだくさん。
時代劇の世界や映画作りの舞台裏、映画の魅力を満喫することができるようになっています。

映画村の象徴とも言える二条城大手門がモデルの「東映城大手門」をはじめ、撮影時の設定によって三条大橋にもなるという「日本橋」や、役者の名前入りの色鮮やかな幟(のぼり)や招き看板、役者絵などが印象的な芝居小屋「中村座」、お化け屋敷入口になっている「関所」、「銭形平次の家」、おいらん道中も行われる「吉原遊郭」などの見所があります。

また変身スタジオ「時代劇扮装の館」では約30種にも及ぶ時代劇の登場人物への変身体験ができ、舞妓さんにお姫様、殿様に武士、町人に町娘、そして忍者などの姿で江戸の町並みを散策することもできます。更に予約すればの駕籠に乗ることも可能です。

アトラクション、イベントなども豊富で、殺陣ショー「ちゃんばら辻指南」や「激突!忍者ショー」などの時代劇イベントだけでなく、子どもたちに大人気の特撮ヒーロー「スーパー戦隊シリーズ」や「仮面ライダー」などのキャラクターショーもあり、老若男女を問わず楽しむことができます。

また体験型アトラクション「立体迷路忍者の砦」「からくり忍者屋敷」や殺陣講座、寺子屋おもしろ体験といった体験企画も人気。
季節限定のイベントも豊富で、夏に人気の「史上最恐のお化け屋敷」は、東映の映画演出や技術、そして俳優陣のリアルな演技で恐怖を体感できると評判です。

更に時代劇のオープンセットは実際の撮影も行われており、人気番組のロケ収録を実際に見学したり、迫力満点の立ち回りを間近に見ることもできるほか、俳優のトークショー・記念撮影会・握手会なども開催。撮影予定やイベントの開催日時は公式サイトで確認することができるようになっています。

1997年には「水戸黄門漫遊の館」などの展示施設やキッズ向けのアトラクションに加え、飲食なども楽しめる大型屋内エンタテインメント施設「パディオス」がオープン。

更に2011年(平成23年)9月には一大リニューアルが実施され、からくり忍者屋敷、東映アニメミュージアム、浮世絵美術館などの新施設がオープンするとともに、撮影所正面に新ゲート「撮影所口」が新設されJR太秦駅からのアクセスも改善。
更に徒歩2分の所に嵐電「撮影所前」駅もでき、一段と公共交通機関の利用がしやすくなりました。

開村時の初代マスコットキャラクター「かちん太」も再登板しますますパワーアップする映画村ですが、その他にも近年はアニメとのコラボやコスプレイベントの会場としても注目を集めています。

東映太秦映画村の施設案内

 

中央広場

  • NO IMAGE
    東映城大手門(団体入村口)

     

  • NO IMAGE
    中央広場

     

  • NO IMAGE
    枝垂桜

     

  • NO IMAGE
    忍び櫓

     

  • NO IMAGE
    忍者の綱渡り

     

  • NO IMAGE
    角櫓休憩所

     

  • NO IMAGE
    ユニバーサルルーム

     

  • NO IMAGE
    WC

     

  • NO IMAGE
    東映アニメミュージアム

     

  • NO IMAGE
    本丸御殿

     

  • NO IMAGE
    おもしろ学習館寺子屋

     

  • NO IMAGE
    映画の泉

     

  • NO IMAGE
    映画の女神像

     

  • NO IMAGE
    映画文化館京都太秦美空ひばり座

     

  • NO IMAGE
    花見茶屋(印籠アイス)

     

  • NO IMAGE
    江戸屋

     

  • NO IMAGE
    あかね屋(清水焼体験)

     

  • NO IMAGE
    水車小屋

     

時代劇オープンセット

  • NO IMAGE
    日本橋

     

  • NO IMAGE
    宿場町

     

  • NO IMAGE
    百姓家

     

  • NO IMAGE
    WC

     

  • NO IMAGE
    関所

     

  • NO IMAGE
    出入口

     

  • NO IMAGE
    女髪結い

     

  • NO IMAGE
    め組の家

     

  • NO IMAGE
    扮装写真館

     

  • NO IMAGE
    試衛館

     

  • NO IMAGE
    池田屋

     

  • NO IMAGE
    WC

     

  • NO IMAGE
    大店街

     

  • NO IMAGE
    一丁目

     

  • NO IMAGE
    二丁目

     

  • NO IMAGE
    三丁目

     

  • NO IMAGE
    江戸の町三丁目広場

     

  • NO IMAGE
    愛染横丁長屋

     

  • NO IMAGE
    屋根裏セット

     

  • NO IMAGE
    銭形平次の家

     

  • NO IMAGE
    吉原通り

     

  • NO IMAGE
    寺田屋

     

  • NO IMAGE
    太秦トリックアートの館

     

  • NO IMAGE
    柳湯(風呂屋)

     

  • NO IMAGE
    芝居小屋中村座

     

  • NO IMAGE
    特撮プール

     

  • NO IMAGE
    港町

     

  • NO IMAGE
    長屋門(新選組屯所)

     

  • NO IMAGE
    白壁通り

     

  • NO IMAGE
    うどん開化亭

     

  • NO IMAGE
    明治通り

     

  • NO IMAGE
    派出所

     

  • NO IMAGE
    チンチン電車

     

  • NO IMAGE
    明治駅

     

  • NO IMAGE
    ラーメン喜らく

     

  • NO IMAGE
    可否茶館

     

パディオス・スタジオマーケット

  • NO IMAGE
    個人入村口(正面口)

     

  • NO IMAGE
    パディオス

     

  • NO IMAGE
    スターズカフェチャンバラ

     

  • NO IMAGE
    水戸黄門漫遊の館

     

  • NO IMAGE
    イベントスペース

     

  • NO IMAGE
    出入口

     

  • NO IMAGE
    スタジオマーケット

     

  • NO IMAGE
    時代劇扮装の館

     

  • NO IMAGE
    菜の花

     

  • NO IMAGE
    WC

     

  • NO IMAGE
    出口

     

アトラクション広場

  • NO IMAGE
    出入口

     

  • NO IMAGE
    アトラクション広場

     

  • NO IMAGE
    WC

     

  • NO IMAGE
    史上最恐のお化け屋敷

     

  • NO IMAGE
    御利益大明神

     

  • NO IMAGE
    漫遊苑

     

  • NO IMAGE
    ちゃんばら横丁

     

  • NO IMAGE
    おのみやす

     

  • NO IMAGE
    新選組ショップ

     

  • NO IMAGE
    おふく

     

  • NO IMAGE
    ロケーションスタジオ

     

  • NO IMAGE
    忍屋(手裏剣道場)

     

  • NO IMAGE
    忍者カフェ

     

  • NO IMAGE
    からくり忍者屋敷

     

  • NO IMAGE
    忍者修行道場・忍者衣装貸出処

     

  • NO IMAGE
    おもしろ迷路館

     

撮影所口・東映京都撮影所

  • NO IMAGE
    出入口

     

  • NO IMAGE
    シネマショーウィンドウ

     

  • NO IMAGE
    東映京都撮影所

     

  • NO IMAGE
    個人入村口・出口(撮影所口)

     

  • NO IMAGE
    道標

     

関連

  • NO IMAGE
     

     

周辺

東映太秦映画村の主な年間行事・カレンダー

年中行事

3月上または中
東映太秦映画村わくわく親子シネマツアー

関西東急会主催のキッズ向け体験学習イベントで、ツアーガイドをKBSラジオパーソナリティが務める
実際に映画などに出演している俳優の説明付きのオープンセット見学や普段は見ることのできない東映京都撮影所の施設見学などの貴重な体験ができる
イベント終了後は映画村内を自由散策できる
親子100名(1組4名まで)、10:00~13:30頃(受付9:30)

3月下の土曜~4月上の日曜の16日間
映画村さくらまつり

映画村の春の恒例イベント
中央広場のしだれ桜を中心に村内には桜のフォトスポットがたくさん
お花見気分を盛り上げる縁日や催し物も開催され、桜とグルメを楽しむことができる
京都の食材を使用したグルメコーナー「京都めし」
新選組が白壁通りにて大立ち回りを演じる「チャンバラ桜の陣」(土日のみ)
桜が舞い散る中、艶やかな吉原絢爛絵巻を再現したパレード「桜おいらん道中」(日曜のみ)

4月中~5月上の日祝
おいらん道中

艶やかな江戸吉原の絢爛絵巻を再現したパレード
映画やテレビに出演している東映女優が演じる美しい「花魁」が芝居小屋中村座~吉原通りまで市中お練りを行う
12:15からと14:15の1日2回、所要時間は約15分

7月中~9月上
映画村ひえひえ王国

大人も子供もびしょ濡れになって大騒ぎできる、夏を涼しく遊べる新イベントが満載の映画村の夏の恒例イベント
身長3mの巨大忍者との水かけ合戦に水鉄砲を持って参加する「水かけまつり」
村内をランダムに歩き回る忍者がゲリラ的に出没する「水かけ忍者隊あらわる!」
時代劇に迷い込んだような「史上最恐のお化け屋敷」
おもしろ学習館寺子屋「江戸流涼しい夏」
さかなクンのデジタル深海水族館など、涼しい室内アトラクションも豊富
キャラクターまつりも同時開催

8月上~中の土日およびお盆休み期間
映画村ナイターまつり

毎年恒例の夏の期間限定イベントで、8月上旬~中旬の土日祝を中心に開催
華やかなLEDイルミネーションで時代劇オープンセットが幻想的にライトアップされ、普段は見ることができない夜の映画村を楽しむことができる
イルミネーションは年によって異なるテーマで、2016年は「願い事」で光の海神社が設けられた
縁日広場のほか各種アトラクションも21:00までナイター営業が行われる

11月第2日曜
嵐山もみじ祭(あらしやまもみじまつり)

嵐山・渡月橋上流の大堰川一帯で開催される、小倉山の紅葉の美しさを讃えると同時に、嵐山一帯を守護する嵐山蔵王権現に感謝するお祭り
紅葉シーズンの始まりを前に、小倉百人一首にも歌われている名勝・嵐山の小倉山の紅葉(もみじ)の美しさを讃え、紅葉に感謝するとともに、一帯の史跡や嵐山にゆかりの深い文化・芸能を紹介する目的で、1947年(昭和22年)に嵯峨風土研究会が中心として始められた
天龍寺船、野宮船・車折芸能神社船など嵯峨嵐山の社寺にちなんだ船のほか、東映太秦映画村船や箏曲小督船、今様歌舞船、能舞台船など色とりどりの十数隻の芸能船が大堰川に次々と浮かべられ、船上にて舞楽・今様・能・狂言など伝統芸能を奉納、平安朝の貴族が行った優雅な船遊びが再現される
河原では島原太夫による道中や野点茶会、国の重要無形民俗文化財にも指定されている嵯峨大念仏狂言の奉納など、数々のイベントも開催

舟遊びは10:30分からと13:00からで、主に北側の岸に向かって披露される
島原太夫によるお点前披露は13:00~14:00
島原太夫の道中は14:30から
茶席などは有料、ほかは無料で見学できる
主催は嵐山保勝会
雨天中止

11月第2土日
太秦上洛まつり

太秦地域の映像産業の振興と地域の活性化を目的とする東映株式会社京都撮影所、株式会社東映京都スタジオ、立命館大学、株式会社コスパ、京都府の共同事業
戦国ブーム直前の2007年3月に開催した「太秦戦国まつり」を皮切りとして続くファン参加型の歴史系イベント
2013年には新撰組結成150年周年をきっかけに、対象を戦国から幕末まで拡大し、2015年からは「太秦上洛まつり」としてあらゆる歴史好きの方々に楽しんでもらえるイベントに
一番の目玉はコスプレ衣装専門店「コスパティオ」の主催・協力するコスプレイベント「COS-PATIO」と映画村がコラボした「COS-PATIO in 太秦上洛まつり」で、映画村のリアルなセットでコスプレが体験できることからマンガやゲーム、アニメなどのファンからも注目を集めている
様々なフォトポイントも設置されるほか、東映の俳優による市中見廻組などのスペシャルイベントも

12/23~1/8の土日祝と年末年始
イルミネーション・ファンタジー「光の華まつり」

映画村の江戸の町並みを15万ドットの光ファイバーの粒と約10万球のLED電球で彩る幻想的なイルミネーションイベント
光の海に浮かぶ「光のドームトンネル」やしだれ桜の周囲の竹をかたどったイルミネーション、水上に輝く光の華などの和の粋な演出を特徴とする
光ファイバーを織り込んだ特殊な衣装を身に着けた花魁(おいらん)が艶やかに練り歩く「おいらん煌(ひかり)道中」が一番の目玉
光る剣や衣装を身に着けて記念撮影ができるコーナーも
2015年から開催され2016年が2回目、ライトアップは日没~20:00

不定期開催のイベント

不定期
キャラクターまつり

テレビで人気の東映アニメキャラクターのイベントが楽しめる
ちゃんばら王国や忍者王国などと同時開催されることも

不定期
太秦江戸酒場

江戸時代にタイムトラベルしたような風情あふれる舞台の中で、京都の伝統芸能を心ゆくまで楽しみつつ、日本酒や京都の老舗の食事に舌鼓を打つ、大人のための宴
京都の有名な酒蔵が参加し、様々な趣向を凝らした酒処や老舗料亭が数多く参加する食事処のほか、京都を代表するアーティストや伝統工芸職人らによる、数々のワークショップやアートの実演を間近で体験できる文化人・職人処も設けられている

入場料金は1日5000円
飲食物は別途有料で当日会場にて専用金券「太秦小判」3000円(600円×5枚綴り)を買い求める
きき酒専用のおちょこ小判3枚1800円相当を購入すると、酒蔵の酒が飲み放題
19:00~21:30

2014年の秋に初開催
第2回「太秦江戸酒場~新緑の陣~」2015/5/30・5/31
第3回は琳派400年を記念し「太秦江戸酒場~琳派の秋~」2015/10/31・11/1
第4回「幕末・夏祭り」2016/8/27・8/28

月並行事

毎日
ちゃんばら辻指南

時代劇でお馴染みのチャンバラを面白おかしく指南
迫力の剣殺陣を見学した後、チャンバラ体験コーナーでアクション俳優さながらに殺陣を体験できる
江戸の町の三丁目広場または白壁通りにて、10:45・12:00・13:30・14:45の1日4回で所要時間は約15分
「さくらまつり」期間中の土日は「チャンバラ桜の陣」に変更

毎日
大江戸大道芸

時代劇でもお馴染みの大道芸「がまの油売り」や「南京玉すだれ」が愉快な口上に乗せて披露される
芝居小屋中村座にて10:00・12:30・14:30・16:10の1日4回(GWは19:15の回が追加される日も)、所要時間は約15分

毎日
おもしろ学習館 寺子屋

東映の役者扮する塾長が、江戸時代の生活を撮影の小道具を使って面白おかしく解説
中央広場の本丸御殿にて10:15・11:30・12:45・14:15・15:45の1日5回、所要時間は約15分
体験学習等の貸切で見学できない場合あり

毎日
おもしろ散策ツアー

時代劇の扮装をした東映の俳優が、撮影の裏話を交えて面白おかしくオープンセットなどの村内を案内してくれる
11:00・12:50・14:00・15:30の1日4回でパディオス1階で集合、所要時間は約20分

毎日
シネマスタジオ・ライブ

時代劇定番のシーンはどうやって撮影されているのかなど、スタジオ撮影のワンシーンを通して映画撮影の裏側をおもしろおかしく再現
ロケーションスタジオにて10:30・11:45・12:45・14:00・15:45の1日5回(GWは17:30の回が追加される日も)、所要時間は約15分

3月中~7月上の土日祝
あおぞら忍者教室

ニンジャ先生がちびっ子に忍術を教える体験型イベントで、忍者走りや忍者刀アクションにチャレンジできる
アトラクション広場ほかで開催され、所要時間は約15分

3/1~翌年の2/22
伊賀流手裏剣打ハイスコア選手権

伊賀流手裏剣打ちにチャレンジしてハイスコアを目指すアトラクション
本格手裏剣5投の合計で競い、各季節ごとに優秀者を決定し、賞状と記念品を贈呈
更に年間グランドチャンピオンには伊賀上野観光協会より伊賀特産品が進呈される

アトラクション広場「手裏剣道場」にて開催
参加資格は13歳以上
ランキングを随時映画村サイトにて発表

花ごよみ

3月下~4月上
桜(サクラ)

中央広場のしだれ桜を中心に村内には桜のフォトスポットが数多い

東映太秦映画村のギャラリー


TOPへ

access-rank