ローム本社 京都観光

ローム本社

ローム本社

京都に本社を置く半導体で有名な電子部品メーカー

西大路五条やや西、五条通沿いに本社を置く電子部品メーカー。 半導体などの集積回路のほかトランジスタやダイオード、LED、抵抗器などを扱う。 毎年クリスマス前に本社構内や周辺のケヤキなどの街路樹に自社製品のLEDを取り入れたイルミネーションを点灯し名物となっている

ローム本社とは?(基本データ)

名前
ローム本社(ろーむほんしゃ)
エリア
松尾・桂・西京極
ジャンル

会社・企業 名木

建立・設立
1954年(昭和29年)、「東洋電具製作所」を創業
1958年(昭和33年)9月17日、「株式会社東洋電具製作所」を設立
1981年(昭和56年)、現社名の「ローム株式会社」に変更
創始者
[創業者] 佐藤研一郎
事業内容
半導体及び電子部品の開発・製造・販売
アクセス
  • 阪急京都線「西院」駅下車 徒歩約14分
  • 京福電鉄(嵐電)嵐山本線「西院」駅下車 徒歩約15分
  • 阪急京都線「西京極」駅下車 徒歩約15分
  • JR嵯峨野線(山陰本線)「丹波口」駅下車 徒歩約17分
  • 京都市営バス「西大路五条」(13・特13・臨13・27・32・43・73・75・80・202・快202・205・快205号系統)下車 徒歩約5分
  • 京都市営バス「中ノ橋五条」(27・32・73・80号系統)下車 徒歩約5分
  • 京都バス「西大路五条」(81・83系統)下車 徒歩約5分
  • 京都バス「中の橋五条」(81・83系統)下車 徒歩約5分
  • 阪急西院駅より京阪バス「イオンモール京都五条」(イオンモール線)下車 徒歩約5分
駐車場
-
拝観料
-
お休み
-
拝観時間
-
住所
〒615-8585
京都府京都市右京区西院溝崎町21
電話
075-311-2121
FAX
075-315-0172
公式サイト
ローム 半導体のROHM
ロームイルミネーション ローム株式会社
ローム株式会社 Twitter
ローム(ROHM) Facebook
ロームシアター京都
ロームシアター京都 Twitter
ロームシアター京都 Facebook
ロームイルミネーション ローム株式会社
ロームイルミネーション(公式) Instagram

ローム本社の地図

ローム本社のみどころ (Point in Check)

京都市右京区西院溝崎町、西大路五条の南西に本社を置く、半導体及び電子部品の開発・製造・販売を主力事業として行う総合電子部品メーカー。

1954年(昭和29年)、創業者である佐藤研一郎(さとうけんいちろう 1931- )が立命館大学の在学時に考案した「並行リード型固定抵抗器」という画期的な特許・実用新案の登録を皮切りに「東洋電具製作所」として創業。
炭素皮膜固定抵抗器の開発・販売を開始し、1958年(昭和33年)9月17日に京都にて「株式会社東洋電具製作所」として会社設立されました。

この点「抵抗器」とは電気を流れにくくする電子部品のことで、電流(流れる電気)の量を制限したり調整したりすることで、電子回路を適正に動作させる重要な役割を持つものですが、この頃一般的であったのは鉛筆の太さほどのもので、これを鉛筆の芯くらいの細さにまで小型化に成功したといいます。

そして現在の社名「ROHM(ローム)」は、元々はこの頃に浸透し始めた抵抗器(Resistor)の頭文字「R」に抵抗値の単位を表す「Ω(ohm)」を組み合せた「R.ohm(アール・オーム)」というブランド名でした。

当初は小さな電子部品メーカーとしてスタートしましたが、「いかなる逆境においても積極的に活路を見出す」ベンチャー精神と企業目的の冒頭でも謳われている「品質第一」のモノづくりを徹底することで成長を続け、抵抗器のトップメーカーとなった後は、1967年(昭和42年)にトランジスタやダイオードの分野に進出。

更に1969年(昭和44年)には新たなニーズ開拓を使命として、ICなどの半導体部門の研究・開発をスタートさせ、2年後の1971年(昭和46年)には日系企業として初めてアメリカ・シリコンバレーにICの開発拠点も開設しています。

そして着々と半導体のラインアップを増やすことで総合電子部品メーカーとなり、1981年(昭和56年)には社名を現在の「ROHM(ローム)株式会社」へと変更しています。

ロームの製品はそれ単体で商品として目にすることはないものが多いものの、現在も最先端機器から人々の生活に関わる身近な製品まで、様々な所で活躍しています。

また継続的に社会貢献としての文化支援活動を行っており、「京都・花灯路」では、社会貢献の一環として2012年3月の東山花灯路よりLEDを提供しているほか、「京都学生祭典」にも特別協賛しています。

2011年(平成23年)2月には50年にわたって京都の文化の殿堂として京都市民に親しまれてきた京都市左京区の「京都会館」のネーミングライツ(命名権)を契約期間50年、総額52億5000万円の契約内容で取得し、リニューアル工事を経た2016年(平成28年)より「ロームシアター京都」の名称の使用が開始され、今ではすっかりおなじみの名前となっています。

また毎年年末恒例のクリスマスイルミネーションでも知られていて、本社のある五条通と佐井通沿いのメタセコイア並木などの街路樹に電球や当社製品のLEDなども使用したイルミネーションが施され、人気のスポットになっています。

ローム本社の施設案内

 

本社

  • NO IMAGE
    五条通

     

  • NO IMAGE
    五条春日交差点

     

  • NO IMAGE
    歩道橋

    五条交差点西側

  • NO IMAGE
    ヤマモモの木

    五条春日交差点の南側両脇にあるシンボルツリー
    高さ約10mの2本の木を装飾

  • NO IMAGE
    メタセコイア並木

    佐井通(春日通)
    光のプロムナードの舞台

  • NO IMAGE
    交差点

    佐井通と中堂寺南通との交差点

  • NO IMAGE
    中堂寺南通

    西へ進むと本館や名倉公園

  • NO IMAGE
    本館前

     

  • NO IMAGE
    名倉公園

     

  • NO IMAGE
    芝生広場

    舞台公園横
    13.5mのLEDスクエアビジョンが設置される光のアンサンブル、ホリデーイベントの会場

  • NO IMAGE
    「THE BIRTHPLACE OF ROHM SINCE 1958」の石碑

    芝生広場
    ローム発祥の地を表す石碑

  • NO IMAGE
    厚生棟

     

関連

  • NO IMAGE
    ローム京都駅前ビル

    全館に自社製LED照明を導入

  • NO IMAGE
    ロームシアター京都

     

  • NO IMAGE
    ローム・スクエア

    ロームシアター京都の中庭

  • NO IMAGE
    京都大学ローム記念館 桂キャンパス

     

  • NO IMAGE
    ローム浜松

     

周辺

ローム本社の主な年間行事・カレンダー

年中行事

3月初~3月中
京都・東山花灯路(ひがしやまはなとうろ)

京都の夜の新たな風物詩となることを目指して、2003年(平成15年3月)から始められた「灯り」をテーマに始められたイベントで、北は青蓮院から知恩院、円山公園、八坂神社、高台寺を通り、二年坂や産寧坂を経て南は清水寺に至る約4.6kmの路地を行灯で照らす
その他にも公園や普段は夜間拝観は行っていない周辺の寺社などでもライトアップや様々な行事・イベントが開催される
ロームでは社会貢献の一環として2012年3月の東山花灯路よりにLEDを提供
[公式]

11月末~12月下
ロームイルミネーション

京都市内最大級、約80万球によるイルミネーションイベント
幻想的かつ温かみのある光がメタセコイア並木や本館前、厚生棟、本館前の名倉公園などを照らし出す
五条通の五条春日交差点のシンボルツリーの「ヤマモモの木」と、そこから続くメタセコイア並木の「光のプロムナード」が一番の見どころ
名倉公園横芝生広場ではスクエアLEDビジョンを使用した「光のサンサンブル」も実施されるほか、期間中の土日祝はアカペラコンサートやパフォーマンスショーなどの「ホリデーイベント」も開催される
[公式]

12月中
嵐山花灯路(あらしやまはなとうろ)

京都を代表する観光名所である嵯峨嵐山地区の歴史的景観や文化遺産などを生かして、約2500基の路地行灯や生け花の花で彩る「灯り」をテーマにした観光イベント
冬季の観光客を呼び込むべく、2005年(平成17年)12月より始められた新たな京都の冬の夜の風物詩
渡月橋周辺や竹林の小径などもライトアップされるほか、普段は夜間拝観されることのない寺社が特別拝観されるのも魅力
ロームでは社会貢献の一環として2012年3月の東山花灯路よりにLEDを提供
[公式]

月並行事

毎日
京の光暦(ひかりごよみ)

ローム京都駅前ビルにて
クリスマス期間は限定のライトアップ

花ごよみ

 
桜(サクラ)

五条春日交差点

 
紅葉(こうよう)

メタセコイア並木

ローム本社のギャラリー

ローム本社の口コミ


TOPへ

access-rank