京都観光 神光院のきゅうり封じ

神光院のきゅうり封じ

2015年07月20日

DPP_4889北区の神光院では、土用の丑の日の今日20日と弘法大師の縁日にあたる明日21日にきゅうり封じが行われます。

きゅうりで体の悪い部分をさすって土に埋めると病が消滅するとされています。

昔から梅雨から夏にかけてのこの時期、人がよく亡くなったことからいろいろな厄除け行事が生まれたとされていますが、人々のすがるような気持ちがよくわかりますね。

そういえば、7月はきゅうりを食べないという風習もありますが、それはきゅうりが八坂神社のお祭の月に八坂神社の神紋によく似ているからということですよね。

7月はきゅうりを食べなかったり土に埋められたりと、旬の季節なのに食べる以外によく用いられるのが面白いですね。

 

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyotonikanpai.com/2015/07/20/%e7%a5%9e%e5%85%89%e9%99%a2%e3%81%ae%e3%81%8d%e3%82%85%e3%81%86%e3%82%8a%e5%b0%81%e3%81%98/trackback/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


TOPへ

最近チェックしたページ

check

地図で探す

map
×

カレンダーで探す

×

花暦はこちら