池大雅美術館 京都観光

池大雅美術館

池大雅美術館

江戸時代の文人画家・池大雅の作品を収蔵・展示する

鈴虫寺から苔寺に向かう途中にある私設の美術館。1959年に開館し江戸時代の文人画家・池大雅の絵画や書籍、関連資料など約100点を収蔵。 池大雅は京都で生まれ「神童」と呼ばれるなど幼少期から書を学び、独特の画風で新境地を開き多くの名作を残した文人画の大家。妻の玉瀾も画家

基本データ

名前
池大雅美術館(いけのたいがびじゅつかん)
エリア
松尾・桂・西京極
ジャンル

博物館・美術館・資料館

建立・設立
1959年(昭和34年)12月
アクセス
  • 阪急嵐山線「松尾」駅下車 西南へ徒歩約12分
  • 阪急嵐山線「上桂」駅下車 西へ徒歩約12分
  • 京都市営バス「苔寺道」(29号系統) 下車 西へ徒歩約7分
  • 京都バス「苔寺・すず虫寺」(63・73・73快・83系統)下車すぐ
駐車場
なし
拝観料
大人 500円(団体400円)
高校・大学 400円(団体300円)
小・中学生 250円(団体150円)
※団体割引は20名以上(要予約)
お休み
毎週水曜日(祝日の場合翌日)
年末年始
※2012年12月より休館
拝観時間
10:00~16:30(受付16:00まで)
住所
〒615-8287
京都府京都市西京区松尾万石町57
電話
075-381-2832
FAX
-
公式サイト
-

地図

みどころ (Point in Check)

施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
     

     

周辺

  • NO IMAGE
     

     

主な年間行事・カレンダー

年中行事

 
 

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
 

 

ギャラリー

口コミ


TOPへ

access-rank