不動堂村屯所跡(新選組最後の洛中屋敷跡) 京都観光

不動堂村屯所跡(新選組最後の洛中屋敷跡)

不動堂村屯所跡(新選組最後の洛中屋敷跡)

 

 

基本データ

名前
不動堂村屯所跡(新選組最後の洛中屋敷跡)
(ふどうどうむらとんしょあと(しんせんぐみさいごのらくちゅうやしきあと))
エリア
京都駅
ジャンル

新撰組

建立・設立
17世紀中頃の建造(懸魚裏面に「安永(1772-1778年)」年号の墨守)
1862年(文久2年)、江戸幕府が14代将軍・徳川家茂の上洛に際し、将軍警護のため浪士を募集
1863年(文久3年)2月、200名余の浪士たちが「浪士組」として一団を結成し将軍に先がけて上洛
同3月、壬生村の八木邸や前川邸などを屯所として新選組の前身である「壬生浪士組」を結成、京都守護職の会津藩主・松平容保より不逞浪士の取り締まりと市中警備を任される
同年8月、いわゆる「八月十八日の政変」の警備で活躍し「新選組」の隊名を拝命
1864年(元治元年)、「池田屋事件」および「禁門の変」に参加し活躍
1865年(慶応元年)、西本願寺の太鼓楼に屯所を移転
1867年(慶応3年)6月15日、屯所を西本願寺から不動堂村に移転
1868年(慶応4年)、旧幕府軍の一員として戊辰戦争に参加するが鳥羽伏見の戦いで新政府軍に敗北したのをきっかけに解散
2003年(平成15年)6月、リーガロイヤルホテル京都の入口の右手前に「不動堂村屯所跡」の石碑が建立される
2009年(平成21年)、ハトヤ瑞鳳閣前にも「新選組最後の洛中屋敷跡」の石碑が建立される
アクセス
  • JR「京都」駅下車 西へ徒歩約7分
  • 京都市営バス「下京区総合庁舎前」(9・16・19・28・33・42・75・78・205・206・208号系統)下車 西へ徒歩約5分
  • 名神高速道路「京都南IC」より国道1号線沿いに約10分
駐車場
ホテル駐車場121台(ホテル利用客は無料)
拝観料
なし
お休み
特になし
拝観時間
見学自由
住所
■不動堂村屯所跡
〒600-8237
京都府京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1(リーガロイヤルホテル京都前)
■新選組最後の洛中屋敷跡
〒600-8234
京都府京都市下京区西洞院通塩小路下る西側南不動堂町802(ハトヤ瑞鳳閣前)
電話
-
FAX
-
公式サイト
新選組洛中最後の屋敷跡 京都市

地図

みどころ (Point in Check)

施設案内

 

境内

  • NO IMAGE
     

     

周辺

  • NO IMAGE
     

     

主な年間行事・カレンダー

年中行事

 
 

 

月並行事

 
 

 

花ごよみ

 
 

 

ギャラリー

口コミ


TOPへ

access-rank