京都観光 建仁寺両足院「半夏生の庭園特別公開」

建仁寺両足院「半夏生の庭園特別公開」

2015年06月13日

DPP_11206平成27年6月12日、建仁寺の塔頭・両足院で「半夏生(はんげしょう)の庭園特別公開」が始まりました。

半夏生とはドクダミ科の植物で、暦の半夏生の頃になると葉が白くなります。

花は真ん中にチョロチョロとついています。

この葉の白さが梅雨空の下で夏の予感を感じさせるのです。

この庭を愛でながら、抹茶と両足院の印がついた茶菓子もいただくこともできますよ。

見頃は来週末になるだろうということです。

この記事へのトラックバックURL

https://www.kyotonikanpai.com/2015/06/13/%e5%bb%ba%e4%bb%81%e5%af%ba%e4%b8%a1%e8%b6%b3%e9%99%a2%e3%80%8c%e5%8d%8a%e5%a4%8f%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%ba%ad%e5%9c%92%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%80%8d/trackback/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


TOPへ

最近チェックしたページ

check

地図で探す

map
×

カレンダーで探す

×

花暦はこちら